オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

生駒市で築30年経過の和瓦屋根の無料点検にお伺いしました


生駒市にお住いのお客様より、和瓦屋根のご相談のお電話をいただきました。

築30年ほど経過しており、地震台風などの自然災害がご心配との事で、
聞き取り調査の後、無料点検をさせていただきました。

早速屋根の上に登ってみました

和瓦工事前写真
初見の和瓦屋根の様子です。
築30年経過していることもあり、瓦が汚れているのがはっきりわかります。

雨水の跡や、隣に生えている木から葉っぱが落ちてきています


和瓦工事前写真
和瓦屋根の特徴としては、
勾配(傾斜角度)がきついことです。
こちらの写真で角度が急なことがお分かりいただけると思います。
和瓦工事前写真
なぜかといいますと、建築基準法で最低勾配が定められているからです。
ですので、現場調査中も転落や滑落に注意しながら行いましょう。

軒先部や袖部の状態です

和瓦工事前写真
こちらは屋根の袖部の様子ですが、
雨樋も老朽化しているのが、見てとれます。
雨樋というのは、屋根上から雨水を地面に落としてくれる通り道みたいなものです。

和瓦工事前写真
雨樋があることによって、
屋根からの直接的な雨水で外壁を汚してしまうこともなく、屋根から落下する雨音の騒音防止になったりします。
ですが、雨水が触れている時間が長いので、雨樋も当然に経年劣化します。
定期的なメンテナンスが必要です。

瓦以外部分もこの通り

和瓦工事前写真
和瓦屋根の特徴の二つ目は、
瓦自体が重いことです。

和瓦の重さは約45kg/㎡もあります。
それに比べてスレート屋根の重さは約24kg/㎡で
約2倍も重さが変わってしまいます。
和瓦工事前写真
建物の上部が重いということは、
建物の重心が高くなりますので、地震が発生した際に、
横揺れの振動が大きくなります。
ですので、建物の重心を下に持って行くように出来るだけ
屋根材は軽いものが望ましいことになります。
和瓦工事前写真
以上の診断結果により、やはり自然災害のご不安が大きいとの事だったので、
築30年が経過していることも併せて、工事をご決断されました。

次回のブログで瓦を撤去していきましょう

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

防水紙と瓦桟木設置

奈良市で築38年の瓦屋根は台風の影響で経年劣化した屋根を直撃、瓦は剥がれ破損、下屋根は倒壊しました。前回は、下屋根の下地作りで垂木と野地板の張り直しを行いました。今回は、防水紙を張り瓦桟木を設置して瓦を葺き土で固定していきます。では工事の様...........

瓦の撤去後垂木の修理

奈良市で築35年の瓦屋根のお住まいが台風の被害に遭いました。経年劣化と台風の威力が重なり、瓦が耐えられなかったのが原因です。前回は、大屋根部分の棟瓦の取り直しと平瓦の補修工事を行いました。今回は、下屋根部分の解体撤去後、垂木や野地板を施工し...........

大阪市内の瓦屋根の現調写真

こんにちは!街の屋根やさん奈良店です。大阪市内に住む友人から、訪問販売の屋根業者が来て屋根工事を勧められているが信用できないので点検してほしいとの相談を受けて、無料点検に伺いました。前回のブログでは、屋根の無料点検のご紹介をしました。街の屋...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884