葛城市で工務店からの依頼で葺き替え工事の途中から引き継ぎました


奈良県葛城市で取引のある工務店さんが手がけていた工事を途中から引き継ぐことになりました。
屋根の葺き替え工事でしたが、台風以降問い合わせが増加し、人出が足りなくなったそうです。
他の工務店からの依頼というのは、珍しい案件ですが、困った時はお互いさま!といつも通り、丁寧に工事をさせていただきます。

工事を始めます

防水紙(ルーフィング)を貼っていきます

ルーフィング貼りつけ
防水紙(ルーフィング)を貼っていきます。
このお宅の屋根は複合型で多数の棟があります。
今回使用した防水紙(ルーフィング)はタディスセルフアーマーというものです。
合成繊維不織布を使用した粘着層付きルーフィングで、強度・釘穴シール性・寸法安定性・耐久性に優れています。

谷樋を設置します

谷樋設置
谷樋を設置します。

谷樋とは2方向の屋根がぶつかる部分に取り付けられたもので「谷板金」と呼ばれる場合もあります。

谷樋設置
谷樋はみなさんが思い浮かべる樋とは違い、屋根に上らないと見えません。

特に、屋根を伝う雨水が谷樋に集中するため、経年劣化で穴があいたりする場合もあります。
雨の力、あなどれません。
谷樋設置
もしも、谷樋に穴が空いてしまった場合でも、室内への雨漏りを防ぐために、谷樋の下の防水紙(ルーフィング)は重ね貼りをするなど、予防策を講じることを怠ってはいけません。

Tルーフを貼っていきます

Tルーフ施工
防水紙(ルーフィング)を貼ったら、その上に屋根材を敷いていきます。
今回使用するのはTルーフクラシックです。

Tルーフ施工
Tルーフはガルバリウム鋼板です。
とてもそんな風には見えませんね。
他のガルバリウム鋼板は表面を塗料により表面処理されていますが、Tルーフは天然石チップにより表面処理されています。
Tルーフ施工
Tルーフクラシックは金属屋根なのに、瓦形状をしています。
ですから、瓦屋根が似合う日本家屋などにも使用することができます。
Tルーフ施工
Tルーフはガルバリウム鋼板なので、軽量で耐震対策に適しています。
また、天然石チップを表面に吹き付けているため、遮音性にも優れています。

今回のブログはここまでです。
次回は、棟板金を設置する作業から始めます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下屋根ガルテクト設置後

奈良県生駒市で築30年が経過するお宅で、屋根の老朽化により、スレート屋根からスーパーガルテクトにカバー工法することになりました。前回は、下屋根部分のガルテクト設置の様子をご紹介しました。今回ブログでは大屋根部分のガルテクト設置完了の様子をご...........

屋根現場確認の様子

奈良市で築40年以上が経つ、土葺き和瓦屋根のお客様より無料点検のご依頼をいただきました。お電話をしてこられたのが奥様で、リフォームの飛び込み営業の業者が来たことがきっかけになったそうです。飛び込み業者の話は半分で聞いていたのですが、やはり気...........

野地板を張った下屋根

奈良市で老朽化による破損で、風に飛ばされてしまった波板の下屋根を補修させていただくことになりました。問題となっています波板部分を剥がしてみますと、下地の状態も傷みが進んでいました。このまま波板を張ったとしても、大きく不安が残ることをお伝えさ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884