奈良市で雨漏りによるセメント瓦からスレート瓦へ葺き替え工事



奈良市で台風被害による雨漏りで困っていらっしゃるお客様より、ご連絡いただきました。
築30年が経過するお住まいですが、経年劣化も手伝って台風被害で瓦がめくれてしまったという状況です。

繋がっている違う種類の瓦が葺かれている屋根を、この度の葺き替え工事で同じ瓦屋根にするという工事です。

よろしくお願いいたします。

色も形も違う瓦が葺かれています

現場調査屋根
工事に入らせていただく前の様子です。

手前がオレンジのセメント瓦、奥が茶色のセメント瓦です。

屋根の高さレベルが若干違いますので、均一にするのは困難が予想されるところですが、お客様の強いご要望により、何とか一つの屋根にしていきたいと思います。

雨樋を固定する金具を取り付けます

雨どい固定金具付け
防水紙を張り終えましたら、雨樋を固定するための金具を取り付けていきます。

軒先の先端部分の作業になります。
安全性を高めるために、腰を引いて作業していきます。
雨どい固定金具付け
軒先で施工しなければいけない作業は、何年たっても慣れなないですね。ビビりながらの作業になります!

精神的な部分において、物怖じせずに行う者よりも、物怖じしながら作業する者の方が、事故を起こす確率は圧倒的に低いそうです。

安全第一ですからね!

これから算木を設置します

防水紙張り
屋根の上に算木を用意しています。

この算木は瓦桟とも呼ばれ、瓦を引っかける為に取り付けます。
引っかけ桟葺き工法と言われるもので、瓦桟に瓦を引っかけてビス止めしていく工法のことを言います。

見比べてください

防水紙張り
ルーフィングを張り終えたところです。
この状態ではまだ瓦を葺いていくことはできません。

瓦の種類によっては瓦桟を使わない時もありますが、基本的には引っかけ桟葺き工法で瓦を葺いていきます。
防水紙張り
算木を固定しているところです。

横一直線に設置していくことで、瓦を綺麗に横並びで固定することができます。

もちろん瓦の大きさに合わせて、しっかり寸法も出しています。

瓦を葺いていく準備です

算木設置
算木を横一文字に固定して、もし雨水が瓦の下に侵入してきたら、水が溜まりやすいんじゃないの?

よく目を凝らしてご覧ください。

算木のところどころに、四角い穴が開けられています。
万が一に備えて水が溜まらないように、ウォーターホールが作られているのです。
瓦まくばり
算木が取り付けられましたら、いよいよ瓦を葺いていきたいと思います。

ウインチを使って新しい瓦を荷揚げし、瓦を屋根全体に配っていきます。

作業の段取りですね!

続きは次回ブログ

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下屋根ガルテクト設置後

奈良県生駒市で築30年が経過するお宅で、屋根の老朽化により、スレート屋根からスーパーガルテクトにカバー工法することになりました。前回は、下屋根部分のガルテクト設置の様子をご紹介しました。今回ブログでは大屋根部分のガルテクト設置完了の様子をご...........

屋根現場確認の様子

奈良市で築40年以上が経つ、土葺き和瓦屋根のお客様より無料点検のご依頼をいただきました。お電話をしてこられたのが奥様で、リフォームの飛び込み営業の業者が来たことがきっかけになったそうです。飛び込み業者の話は半分で聞いていたのですが、やはり気...........

野地板を張った下屋根

奈良市で老朽化による破損で、風に飛ばされてしまった波板の下屋根を補修させていただくことになりました。問題となっています波板部分を剥がしてみますと、下地の状態も傷みが進んでいました。このまま波板を張ったとしても、大きく不安が残ることをお伝えさ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884