オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

奈良市で築45年の和瓦屋根の葺き替えでルーフィングを設置します


奈良市で築45年の和瓦屋根のお客様より、屋根の葺き替え工事をさせていただくことになりました。
和瓦屋根からカラーベストへ葺き替えさせていただきます。

今回の工事は屋根の下地にルーフィングを設置していく様子をご紹介させていただきます。
宜しくお願い致します。

野地板を設置しました

屋根全体に野地板を設置
野地板設置が完了いたしました。

構造用合板を使い、屋根の下地を完成させました。
隙間なくきれいに張り合わせることで、均整の取れた丈夫な屋根の下地が出来上がりました。

これから防水紙であるルーフィングを張っていきます。

同じ場所ですが、、

工事を始める前の屋根
工事を始める前の屋根の様子です。

屋根の谷部にあたるところですが、雨水が流れ込んで集中するところです。
屋根に防水紙を設置
下地を作り、野地板を増し張りしましたので安定した屋根に変身していっております。

更にルーフィングと呼ばれる防水シートを張り、野地板の保護と建物内部に雨水が侵入することを防いでいきます。

防水紙で包み込んでいきます

屋根の下地つくり
屋根の入り組んだ部分も野地板を加工して、設置させていただきました。
ここにも容赦なく防水紙を張らせていただきます。
屋根に防水紙を設置
まるで屋根をラッピングするかの如く、防水紙で包み込んでいきます。

建築用の「タッカー」と呼ばれるホッチキスを使って防水シートを固定していきます。

見比べてください

屋根の下地つくり
大屋根の部分になりますが、構造用合板がしっかりと設置されています。
野地板の役割としては、屋根の強度を保つ目的はもちろんですが、防水紙や屋根材を固定する際には、野地板の存在が必要不可欠になってまいります。

屋根に防水紙を設置
改質アスファルトルーフィングと呼ばれる防水シートを、野地板の上に張り巡らし、タッカーを使って固定していくのです。

タッカーでできた小さな穴も、ルーフィングが撃ち込んだ釘に絡みつくようにできているので、雨水を通しにくく作られています。

ルーフィング設置が完了しました

屋根に防水紙を設置
屋根全体にルーフィングが張れましたら、屋根の下葺き材の設置が完了です。

工事中はお客様も当然生活されておりますので、テレビが視聴できるようにアンテナは正規のところに据えさせていただきます。

次回ブログでは、下屋根部分の葺き替えの様子をご紹介いたします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下屋と庇に防水紙設置

奈良市で築39年の瓦屋根をスーパーガルテクトへ葺き替え工事を施工しています。前回は防水紙を水切り板金、取り合い部分の大切さについてご紹介しました。今回は屋根材のスーパーガルテクトを設置していきます。下屋と庇部分が完成します!!では工事の様子...........

下屋と庇に増し張り

奈良市で築39年のいぶし瓦屋根をガルテクトに葺き替え工事を施工しています。前回はの下屋と庇の野地板の増し張りを行いました。構造用合板を使用し野地板のメンテナンスをしたわけです。強度アップで耐震性も上がりました。今回は水切り板金と防水紙を設置...........

不陸調整

生駒市で屋根の工事をしています。前回は経年劣化により割れてしまっていた瓦を撤去していき、下地となっていた葺き土もすべてを撤去していきました。今回は長年の重量により凸凹が出来てしまっていたのでこのまま新しい屋根材を乗せていくことはできませんの...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884