オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

田原本町で築39年が経過するお住まいで構造用合板を増し張り


前回までは、和瓦を撤去しバラ板に補強をしました

補強したバラ板の不陸調整を済ませ、上から構造用合板を増し張りしていきます。

増し張りをすることにより屋根の重量は若干増えますが、構造的に強さがUPしますので耐風性、耐震性も同時にUPさせることができます。

それでは、増し張りの様子をご覧ください。

バラ板に補強をしました

3c9a04d540d9865b1045a43b90f4360b-1
前回までで、既存のバラ板にそのまま補強をしました。

もちろん既存のものがそのまま使用できる場合に限りますが。
今回はそこまで劣化も少なかったため増し張りをさせていただきます。

逆に、劣化が進んでいる野地板に増し張りは、屋根の耐久性を下げてしまうので注意が必要です。



さあ野地板を張っていきます

5ad1089204bd4878afa14f5ac6b947c6-columns2
構造用合板を隙間なく張っていきます。

構造用合板とは、数枚の木の板を重ね合わせ強度を高めた板の事です。

似たようなものでコンクリートパネルと呼ばれる合板があり、コンクリートを固める際に型枠として使われる事からそう呼ばれています。
防水性があり価格も安く、たまに野地板としても使われるようですが、構造用合板に比べると強度も低く耐用年数もおよそ20年程度になります。

cf5f56688d7cd728da33c77a3ac01a09-columns2
構造用合板の耐用年数はおよそ30年程度で、屋根だけではなく外壁や床などにも多々利用されています。

他にも耐火野地板などがあり木片とセメントを加工した合板で、火災が起きた場合約30分ほど耐えることができ、国土交通大臣に認定された野地板になりますが、価格もその分高くあまり一般的には使用されません。

その場で切断加工して張っていきます

c05daf183376379ace0d848288b064d3-columns2
屋根に使われる構造用合板の一般的なサイズは910mmX1820mmのものが多く使用されていて、細かい部分はその場で電動丸のこなどの工具を使い切断加工され使用されます。

加工がいい加減だと隙間ができたりし、結果耐久性が弱まったりしてしまいます。

f694a4f0e4919d415c0d4d5644e06ff8-columns2
もちろん屋根の形によって加工もかわりますので、いかに綺麗に収めることができるか職人の腕の見せ所です。

綺麗に仕上げた後の達成感は何とも言えません!

野地板の増し張りもあと少し

2b798d93cf28ce04507f0cc02617c798-columns2
各所の増し張りも大分仕上がってまいりました。

構造用合板は数枚の板を重ねた物と説明しましたが、重ねるのに接着剤を使用しています。
この使用される接着剤で、耐水性や人体への影響の違いもあるんですね。
フェノール樹脂接着剤やメラミン樹脂接着剤は耐水性があり、雨など湿気の影響を受ける屋外に使用され、内装などあまり湿気の影響が少ない場合は、ユリア樹脂接着剤が使用された合板を使います。
12f9c848dac001a17da38e26c49c418b-columns2
接着剤による人体の影響として、ホルムアルデヒドがあります。

ホルムアルデヒドは、我々の身近で多く使用されている化学物質で、合成樹脂の製造原料や接着剤、消毒剤、防腐剤、医薬品等があるんです。

合板にF☆☆☆☆のような表記であらわされていますが、星が多いものほど人体への影響が少なくなります。

ホルムアルデヒドはシックハウス症候群の原因にもなりますので、出来るだけグレードの高いものを使ったほうが人体に優しいといえますね。


さあ次はルーフィングです

27794ec8cb7dafbb5db915fb79642cce
ここまでで、構造用合板を増し張りすることができました。

雨漏りに対する最後の砦となるルーフィング!!

次回ブログにてその工程の様子をお伝えしていきます!!



同じ工事を行った施工事例

施工事例

生駒市で築38年の瓦屋根を大屋根・下屋共に葺き替え、雨樋も交換

瓦の一列が剥がれています
瓦からガルテクトへ変身
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト パナソニック製雨樋PC50
築年数
築38年
建坪
32坪
保証
10年
工事費用
195万円
施工事例

奈良市で豪邸の複合瓦屋根を新しいいぶし瓦屋根へ屋根工事と雨樋交換

奈良市の瓦屋根施工前
奈良市の瓦屋根施工後
工事内容
破風板板金巻き工事
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
いぶし瓦・塩ビ雨樋
築年数
築58年
建坪
40坪
保証
10年
工事費用
325万円
施工事例

生駒市で青い陶器瓦を金属屋根に葺き替え工事と雨樋の全面交換工事!

生駒市で青い陶器瓦屋根の無料点検
生駒市で完成したスーパーガルテクト屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築39年
建坪
18坪
保証
10年
工事費用
170万円

同じ地域の施工事例

施工事例

田原本町で和瓦屋根をスーパーガルテクトへ、雨樋も交換取り付け工事

e88f2e49ac42d7aba9351da6e85ab671
282c901d4100dc142c9f6747d782c114-1
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
39年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
165万円
施工事例

奈良県田原本町でトタン屋根を立平ガルバに葺き替えました

下屋根 施工前
下屋 完成
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
立平葺ガルバリウム
築年数
築25年
建坪
21坪
保証
10年
工事費用
75万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の上に大量の土のう袋

香芝市で築36年の釉薬瓦屋根をガルテクトに葺き替え工事を施工中です。瓦と葺き土の撤去が終わり屋根の下地である野地板が見えてきました。前回は瓦と葺き土の撤去の様子をご紹介しましたね。今回は経年劣化で歪みが起きている野地板を補強垂木で不陸調整し...........

漆喰の詰め増しが以前されている瓦屋根

香芝市で築36年の釉薬瓦屋根の葺き替え工事を開始しました。工事は何工程にも分かれて作業していくのですが、まずは瓦と葺き土の解体撤去作業からです。瓦自体が重いので、屋根全体の撤去となるとそれなりの時間を有しますし、その瓦を固定していた葺き土も...........

漆喰の詰め増しが以前されている瓦屋根

香芝市で築36年の釉薬瓦屋根の経年劣化にてメンテナンスのご相談がありました。瓦の耐用年数は長い方なのですが、きちんとメンテナンスを行うからこその耐用年数なのです!特にビスで固定されていない瓦は、強風や悪天候の後ほど点検だけでも行うといいでし...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884