オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大和郡山市で乾式工法での屋根工事のため、下地に瓦桟木を設置します


奈良県大和郡山市で釉薬瓦屋根葺き替えを行っています。

今回のブログでは、防水紙の上に乾式工法で屋根工事をするため、瓦桟木を設置していきます。

瓦屋根を葺くために使用される工法についてもご説明します。

野地板を『増し張り』して、高性能な防水紙を貼りました

大和郡山市の釉薬瓦屋根の野地板
前回までの振り返りから始めましょう。

瓦と土葺き工法で使用されている葺き土を撤去して、出てきたバラ板の上に、新しい野地板として構造用合板を『増し張り』しました。

野地板を『増し張り』するメリットとしては、野地板が2重になることで屋根下地の強度が高まるということと、古い野地板を撤去しないので廃棄物の処理費用が削減されるということです。
大和郡山市で野地板に防水紙設置
『増し張り』した野地板の上に、高性能な防水紙である『改質アスファルトルーフィング』を貼りました。

『改質アスファルトルーフィング』は、汎用されているアスファルトルーフィングにゴムや合成樹脂を混ぜ合わせたアスファルトルーフィングを改良した防水紙で、耐久性に優れていて耐用年数は約2倍です。

街の屋根やさん奈良店では、この高性能な防水紙『改質アスファルトルーフィング』を標準で使用しています。

乾式工法で屋根を葺き替えるため、瓦桟木を設置します

乾式工法を知るために、まずは土葺き工法の説明から

大和郡山市の葺き替え工事で瓦桟木設置
今回の工事は、オレンジ色の釉薬瓦屋根からいぶし瓦屋根への葺き替え工事になります。

釉薬瓦屋根は土葺き工法で施工されていましたので、瓦を撤去すると大量の土が現れました。

土葺き工法とは、屋根全体に乗せた粘着性のある土(葺き土)の上に瓦を押し付け、土の粘着力のみで瓦を固定するという施工法です。
100年以上前の明治時代に、日本で瓦屋根が一般に普及し始めたころの施工法が土葺き工法でした。

1923年に関東大震災が起こり多くの瓦屋根に被害が出て以降、徐々に土葺き工法による瓦屋根が減少してきました。
そして25年前の阪神淡路大震災での被害をきっかけにして、土葺きの瓦屋根は耐震性に問題があるという認識が広がっていきました。

瓦は悪者ではありません

大和郡山市の葺き替え工事で瓦桟木設置
土の粘着力のみでの固定では、年月の経過とともに粘着力が低下し、瓦が不安定になり、大震災によって多くの瓦が落下するという事態を招きました。
また、土と瓦によって、屋根の重量は相当な重さになるため、建物に大きな負荷がかかり建物が崩壊したということになり、『瓦は悪者!』というイメージがついてしまいました。

そこで、土を使用しない乾式工法で施工されるようになりました。
土葺きの屋根に比べて、その重量はおよそ半分になります。
決して『瓦が悪者!』というわけではないのです。
大和郡山市の葺き替え工事で瓦桟木設置
乾式工法の引っ掛け桟工法という施工法を採用しています。

引っ掛け桟工法とは、瓦桟木と呼ばれる細い木材を屋根下地に設置し、その瓦桟木に瓦を引っ掛けて釘で固定します。

土の粘着力のみで固定していた土葺き工法と違い、桟木に瓦を引っ掛けるため、通常落ちてくることはありませんが、地震や台風によってズレたり落下したりするのを防ぐために瓦を全数釘打ちして固定します。

いぶし瓦を準備します

大和郡山市の瓦桟木設置後いぶし瓦準備
防水紙を貼った屋根下地に水平方向に瓦桟木を設置しました。

屋根の真ん中に積まれているものが、今回の工事で使用するいぶし瓦です。

いぶし瓦は釉薬瓦と同じく粘土瓦の一種になります。
粘土を瓦の形にかたどったものの上に釉薬をかけて、窯で高温で焼き上げた瓦が釉薬瓦、何もかけずに窯で焼き、そのあと蒸し焼きにして瓦の表面が炭素膜によって渋い銀色をした瓦がいぶし瓦です。

釉薬瓦は、瓦表面の釉薬がガラス質になるため、水が浸透せず、長い年月を経ても美しい状態が保てます。

いぶし瓦には、表面に釉薬瓦のようなガラス層が無いため、年月の経過とともに色ムラが生じます。
この色ムラがいぶし瓦特有の味わいでもあり、好意的に見られる傾向にあります。
ただ、釉薬瓦に比べると表面を保護されていない分、耐久性は低いと言わざるを得ませんが、それでもスレートや今はやりの金属屋根と比べると耐用年数は格段に長いです。
その分、値段も高いです。。。
大和郡山市の瓦桟木設置
屋根の水平方向に取り付けた瓦桟木によって、屋根内部に侵入した雨水が滞ることが無いように、瓦桟木にウォーターホールと呼ばれる水の通り道を付けて、水の排出を向上させています。

いぶし瓦を屋根に葺いていきます

大和郡山市で屋根の平部にいぶし瓦を設置
防水紙同様に屋根の平部のいぶし瓦も、軒先から順番に棟に向かって葺いていきます。

そうしないと、屋根の上に降り注いだ大量の雨水が、屋根の内部を流れることになってしまいます。当然ですね。

今回のブログはここまでです。


変身した屋根の様子を是非ご覧くださいね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

奈良市で築39年の瓦をガルテクトに葺き替え、雨樋工事も行いました

いぶし瓦の経年劣化を現場調査
スーパーガルテクトを使用した大屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築39年
建坪
21坪
保証
10年
工事費用
154万円
施工事例

奈良市で築34年の瓦屋根をスレート瓦へ葺き替え工事大屋根と下屋

台風被害の和瓦屋根
大屋根の喚起棟瓦設置
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スレート瓦
築年数
築34年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
265万円
施工事例

奈良市でいぶし瓦の無料点検からスレート屋根への葺き替え工事

葺き替え工事
葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
築37年
建坪
18坪
保証
10年
工事費用
120万円

同じ地域の施工事例

施工事例

大和郡山市で新築分譲住宅の屋根工事の依頼、カラーベスト屋根が完成

大和郡山市の新築分譲住宅の屋根工事施工前
大和郡山市の新築分譲住宅の屋根工事施工後
工事内容
その他の工事
使用素材
カラーベスト
築年数
新築
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
110万円
施工事例

大和郡山市で経年劣化により割れたいぶし瓦をガルテクトに葺き替え

葺き替え工事
葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築33年
建坪
24坪
保証
10年
工事費用
150万円
施工事例

大和郡山市で築37年のいぶし瓦屋根を部分ごとに適した工事で補修

いぶし瓦の葺き替えと職人
MFシルキー設置と家周辺
工事内容
屋根葺き替え
屋根葺き直し
漆喰取り直し
使用素材
MFシルキー
築年数
築37年
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
189万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和瓦屋根の棟瓦の剥がれ

奈良市で築32年の和瓦屋根が台風の被害で瓦が剥がれているとご連絡を頂きました。オンラインで屋根の被害内容を聞いたうえで現場調査へ行かせて頂きました。今回は現場調査と無料見積もりへ行かせて頂いたときの屋根の状態をご紹介します。工事前の屋根はど...........

雨樋の取り換え交換

奈良市で築39年の瓦屋根の葺き替え工事と一緒にご依頼いただいた雨樋工事を行います。当社では屋根だけでなく屋根周りにある雨樋や外壁の工事もご一緒に承っています。前回下屋と庇の葺き替えが完了しました。今回は、雨樋の取り換え交換を施工していきます...........

奈良市のカラーベスト屋根の屋根材撤去

奈良市で劣化して色あせているカラーベスト屋根の葺き替え工事と外壁塗装のご依頼をいただきました。前回のブログでは、工事足場を組み立てる工程をご紹介しました。今回は、屋根に新しいカラーベストを設置して葺き替え工事を完成させます。今日もよろしくお...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884