オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

大和郡山市で土葺きの釉薬瓦屋根が軽くなったいぶし瓦屋根に大変身!


奈良県大和郡山市で土葺きの釉薬瓦屋根葺き替え工事を行っています。


今回のブログでは、葺き土を使わない乾式工法で軽くなったいぶし瓦屋根に大変身した様子をご覧ください。

このブログが一連の工事の最終回になります。

瓦桟木を設置しました

大和郡山市の屋根に瓦桟木を設置
前回の作業を振り返ります。

野地板増し張りして、改質アスファルトルーフィングを貼った屋根下地の上に、瓦桟木を設置しました。

瓦桟木とは、瓦屋根の施工法である引っ掛け桟瓦葺き工法で使用するもので、土葺き工法のように葺き土の粘着力で瓦を固定するのではなく、この瓦桟木に瓦を引っ掛けてビスでしっかり止めることで瓦を固定する工法です。

葺き土を使用しないことから、屋根の重量が約半分にまで軽減されます。

いぶし瓦を葺いていきます

大和郡山市のいぶし瓦屋根施工中
屋根に設置した瓦桟木に軒先からに向かって、いぶし瓦を葺いていきます。

いぶし瓦は、元の屋根材であった釉薬瓦と同じ粘土瓦の一種です。
釉薬瓦が釉薬を表面に塗布してから窯で高温で焼き上げるのに対して、いぶし瓦はなにも塗らずに窯で焼き、その後、蒸し焼き(燻し)にします。
釉薬瓦の釉薬は焼くことで瓦の表面がガラス質になるため、水を通さず、長期に渡って綺麗な色を保ちます。
いぶし瓦にはガラス層が無いため、経年によって瓦に色ムラが生じますが、この色ムラをいぶし瓦の味わいとして好意的に見られる傾向があります。
大和郡山市のいぶし瓦下屋根施工中
いぶし瓦は、釉薬瓦のように表面を保護されていない分、耐久性は低くなります。

それでも、スレートや金属屋根と比べると耐用年数は格段に長く、和瓦ほど強固な屋根材はありません。

最近の風潮として、瓦屋根は重くて地震に弱いと敬遠されがちですが、瓦には耐久性が高いという大きなメリットがあるのです。

棟瓦を設置していきます

大和郡山市のいぶし瓦屋根棟瓦施工中
屋根の平部にいぶし瓦を葺き終えましたので、棟瓦を設置していきます。

棟瓦とは、屋根の一番頂上、棟に設置する瓦の事です。

棟瓦の最大の役割は雨漏り防止です。屋根の結合部である棟は雨の影響を受けやすいため、棟瓦を施工することで棟に降ってきた雨水を屋根の下地に侵入するのを防いでいます。

棟瓦の役割の2番目は見栄えをよくすることです。
棟瓦は瓦屋根の中でも目立つ部分であるため、のし瓦の段数が高いとその屋根は豪華に見えます。
ただ、のし瓦の段数が高いとその分風雨の影響を受けやすくなり、棟瓦が崩れる可能性が高くなるため、最近ではあえて高いのし瓦を撤去される方も少なくありません。
大和郡山市のいぶし瓦屋根棟瓦施工中
軒先から順に葺いてきたいぶし瓦が棟まで到達した時、屋根の頂上には、平瓦と平瓦の間に隙間が出来ます。
その隙間に漆喰を乗せて、漆喰の上に熨斗瓦を置き、中央に棟芯材と呼ばれる木材を設置します。
大和郡山市のいぶし瓦屋根棟瓦施工中
棟瓦の端に取り付けられる板状の瓦の事を鬼瓦と言います。

鬼瓦は、魔除けの役割を担っていたとされており、当初は鬼瓦の名前の通り、鬼の顔が彫られていたそうですが、見た目が怖いということで一般的な民家の屋根では、鬼のついていない鬼瓦が使われるようになりました。

棟瓦完成!

大和郡山市のいぶし瓦屋根棟瓦完成
棟芯材に漆喰を乗せて、その上に冠瓦を設置していきます。

冠瓦とは、棟瓦の最上部に設置する半円形の瓦の事で、のし瓦の頂上に蓋をする役割があります。
冠瓦が無ければ、棟からの雨水の侵入を防ぐことはできません。

最後に漆喰・のし瓦・冠瓦を銅線で結んで固定します。

瓦屋根の葺き替え工事の完成です

大和郡山市のいぶし瓦屋根完成
屋根の葺き替え工事の全工程を終了し、綺麗な銀色のいぶし瓦の屋根が完成しました。

太陽の光が反射して、完成したばかりの屋根が輝いてみえますね。
before1
大和郡山市の釉薬瓦屋根施工前
所々で瓦が破損し、部分的に差し替えられていたオレンジ色の釉薬瓦屋根でしたが、、、
vertical
after1
大和郡山市のいぶし瓦屋根施工後
重なり合った3つの屋根がすべて同じいぶし瓦屋根になったことにより統一感が生まれ、いぶし瓦の深い銀色で落ち着きのある屋根に仕上がりました。

屋根の完成をご覧になったお客様にも、大満足していただけました。

確かに瓦は耐用年数の高い屋根材ではありますが、飛来物などによる破損や強風によるズレなど起こらないとは限りません。
瓦の長寿命に安心せずに、定期的に点検されることをおススメします。
屋根の異常を早期に発見することが、屋根を長く綺麗に保つためにとても大切です。
いつまでも不具合なく安心して暮らしていただけるように、これからもお手伝いしていきたいと思います。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

生駒市で強風で瓦が落下しカラーベストへの葺き替えを施工しました

生駒市の葺き替え工事のbefore写真
生駒市の葺き替え工事のafter写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
築39年
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
125万円
施工事例

奈良市で2軒並びで無料点検から葺き替え・棟瓦交換工事をしました

無料点検
工事完了
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
使用素材
フジスレート瓦
築年数
26年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
180万円
施工事例

奈良市で築37年瓦屋根の強風被害で棟瓦や漆喰などの修繕工事施工

強風の影響で瓦の修繕工事
瓦の取り直しと漆喰の取り直し完了
工事内容
屋根葺き替え
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
使用素材
南蛮漆喰 棟瓦 平瓦
築年数
築37年
建坪
保証
10年
工事費用
41万円

同じ地域の施工事例

施工事例

大和郡山市で築35年の棟瓦が強風の影響で破損、取り直しと漆喰補修

棟瓦の取り直しと漆喰
一部瓦の補修工事
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
南蛮漆喰・陶器瓦
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
35万円
施工事例

大和郡山市で築38年の瓦屋根が風の影響で剥がれ袖瓦の補修を施工

袖瓦の修繕足場設置
袖瓦の補修工事完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
足場
使用素材
瓦 葺き土 漆喰
築年数
38年
建坪
保証
10年
工事費用
25万円
施工事例

大和郡山市で新築分譲住宅の屋根工事の依頼、カラーベスト屋根が完成

大和郡山市の新築分譲住宅の屋根工事施工前
大和郡山市の新築分譲住宅の屋根工事施工後
工事内容
その他の工事
使用素材
カラーベスト
築年数
新築
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
110万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

生駒市の葺き替え工事で防水紙を設置

生駒市で瓦からカラーベストへの葺き替え工事を施工中です。前回のブログでは野地板のメンテナンスの様子をお届けしました。今回はメンテナンスした野地板の上に防水紙を敷き、屋根材の『カラーベスト』を設置し葺き替え工事が完了した様子を書いていきます。

生駒市の葺き替え工事で不陸調整を実施

生駒市で瓦からカラーベストへの葺き替え工事を施工中です。前回は無料点検にお伺いし、応急処置の雨養生を施しました。そして本工事を開始し、瓦と葺き土を撤去したところまでお届けしました。今回は野地板のメンテナンスの様子をお届けします。

生駒市の釉薬瓦のお住まい

生駒市にお住まいのお客様から「瓦が落下したので見に来てほしい」とご連絡をいただきました。強風が吹いた次の日に発見し、心配になったとのことでした。現在は雨漏りの被害がなくとも瓦が破損・落下してしまうと、雨漏り被害が心配になりますよね。街の屋根...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884