オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

香芝市で瓦屋根の葺き直し工事開始、平板瓦を一旦撤去していきます


香芝市の平板瓦屋根のお宅で、太陽光発電システムを設置するための屋根の調査を行いました。

屋根材は平板瓦で特に不具合はありませんでしたので、屋根下地を補強するために葺き直し工事を行うことになりました。

今回のブログでは、平板瓦を一旦撤去していきます。

現地調査の様子

香芝市の太陽光発電設置のための屋根調査
屋根に上って状態を確認させていただきました。

屋根材は綺麗な銀色の平板瓦でした。

築25年のお宅ですが、13年前に屋根の葺き替え工事をされたそうで、平板瓦には何の不具合もなく、とても綺麗な状態でした。

調査の結果、屋根には問題はありませんでしたが、太陽光発電システムを設置するためには、屋根下地の補強が必要であると判断しました。

既存の平板瓦を使用するため、一旦瓦を撤去して、下地の補強をした後に再び瓦を設置する葺き直し工事をさせていただくことになりました。

屋根葺き直し工事の開始

平板瓦を一旦撤去します

香芝市の平板瓦撤去
平板瓦を一旦撤去していきます。
既存の平板瓦は再利用するため、破損しないように丁寧に取り除き、保管しておきます。

平板瓦を撤去すると、その下に大棟に平行にたくさんの木材が等間隔に設置されていました。
この木材の事を『瓦桟木』と言います。

『瓦桟木』は瓦屋根を引っ掛け桟工法(乾式工法)という施工方法で葺き上げる際に使用するもので、瓦桟木に瓦を引っ掛けてビス止めするので、瓦をしっかりと固定することが出来ます。
香芝市の平板瓦撤去
瓦の施工方法には、乾式工法の他に湿式工法があります。
湿式工法は、土葺き工法とも呼ばれ、粘着性のある土を敷いて、土の粘着力のみで瓦を固定する方法です。

ビスなどで固定しないので、瓦が落下しやすく、土の重さで屋根の重量が重くなるため、瓦屋根は地震に弱いと言われるようになりました。

土葺き工法のデメリットを解決するのが乾式工法です。
現在、新しく土葺き工法で瓦屋根を葺くことはありません。

瓦桟木を撤去しました

香芝市の平板瓦屋根の瓦桟木撤去
瓦桟木を撤去しました。

屋根下地の上には、防水紙が張られています。

こちらの屋根に使用されている防水紙は、改質アスファルトルーフィングのP-EX+という製品です。
汎用的に使用されているアスファルトルーフィングという防水紙に合成樹脂や合成繊維などを混入することで、耐久性や釘穴シール性に優れた製品になっています。
耐久性はアスファルトルーフィングの約2倍と長寿命で、ランニングコストが抑えられます。
香芝市の平板瓦屋根の瓦桟木撤去
屋根材の下に防水紙が張られていることを知っている方は少ないかもしれません。
屋根を雨水の侵入から守るためには、防水紙は欠かすことが出来ない大切な部材ですが、屋根が出来上がってしまうと、防水紙は見ることが出来ません。
防水紙を気にする方が少ないため、工事業者に何も言わなければ、安価だけどグレードの低い、アスファルトルーフィングを使用されてしまうかもしれません。

街の屋根やさんでは、高品質の改質アスファルトルーフィングを標準で使用していますので、ご安心ください。

屋根下地の確認

香芝市の平板瓦の下地確認
防水紙を剥がして、屋根下地の様子を確認します。

今回の工事では、太陽光発電システムを設置するために屋根下地を補強するということで、既存の野地板の上から新しい野地板増し張りする予定です。
ただ、増し張りをするには、既存の野地板の状態を知る必要があります。
もし、野地板に腐食や破損があったり、状態が酷くて野地板の下の垂木にまで傷みが生じている場合には、傷んだ箇所の修復を行ってから増し張りをすることになります。
香芝市の平板瓦の下地確認
こちらの屋根下地は、防水紙の著しい傷みも見受けられず、野地板に至っては大変綺麗で良い状態が保たれていました。

雨水の屋根の内部への侵入も見られませんでしたので、既存の野地板・防水紙は撤去せずにこの上に新しい野地板を設置しても大丈夫と言う結論に達しました。

野地板や防水紙は屋根工事の時にしか見ることが出来ませんので、写真を撮って、お客様にもしっかり確認して頂きました。

新しい野地板の設置

香芝市の平板瓦の野地板設置
本日の作業はここまでです。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大和郡山市で築37年のいぶし瓦屋根を部分ごとに適した工事で補修

いぶし瓦の葺き替えと職人
MFシルキー設置と家周辺
工事内容
屋根葺き替え
屋根葺き直し
漆喰取り直し
使用素材
MFシルキー
築年数
築37年
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
189万円
施工事例

香芝市で太陽光発電システム設置のため平板瓦屋根補強の葺き直し工事

香芝市の平板瓦屋根施工前
香芝市の平板瓦屋根の葺き直し工事完成
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
構造用合板・改質アスファルトルーフィング
築年数
築25年
建坪
22坪
保証
10年
工事費用
95万円
施工事例

奈良市で葺き替え葺き直し工事、屋根の状態で工事内容も変えました

経年劣化で葺きなおしの屋根
大屋根部分のガルテクト完了
工事内容
屋根葺き替え
屋根葺き直し
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
50年以上
建坪
38坪
保証
10年
工事費用
250万円

同じ地域の施工事例

施工事例

香芝市で取引先の工務店から依頼の新築住宅の屋根に立平葺きと換気棟

芝市の新築住宅の屋根工事施工前
香芝市の新築住宅の屋根の棟板金
工事内容
その他の工事
使用素材
立平葺ガルバリウム
築年数
新築
建坪
22坪
保証
10年
工事費用
87万円
施工事例

香芝市で築21年のシングル屋根で台風の被害を放置の結果被害が拡大

アスファルトシングルを剥がし防水紙が見えた所
差し掛け屋根にガルテクトを設置
工事内容
屋根カバー工事
足場
台風
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築21年
建坪
21坪
保証
10年
工事費用
95万円
施工事例

香芝市で太陽光発電システム設置のため平板瓦屋根補強の葺き直し工事

香芝市の平板瓦屋根施工前
香芝市の平板瓦屋根の葺き直し工事完成
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
構造用合板・改質アスファルトルーフィング
築年数
築25年
建坪
22坪
保証
10年
工事費用
95万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

いぶし瓦の葺き替え下屋部分

大和郡山市で築37年のいぶし瓦の下屋部分と庇の葺き直し工事を行っていきます。前回は別棟の棟瓦の取り直し工事と外壁の補修工事をご紹介しました。今回は、最後の工事内容である、下屋部分と庇の瓦を葺き直していきます。屋根の部分で工事方法が違い、ご紹...........

香芝市の新しい屋根下地に瓦設置

香芝市で太陽光発電システム設置に伴う平板瓦屋根の屋根下地補強を目的として、葺き直し工事を行っています。前回のブログでは、既存の屋根下地に新しい野地板を増し張りし、防水紙と瓦桟木・平板瓦の設置をしました。今回は、大棟の棟瓦を設置して平板瓦屋根...........

香芝市の平板瓦の下地確認

香芝市で太陽光発電システムを設置に伴う屋根下地の補強のために、瓦屋根の葺き直し工事中です。前回のブログでは、屋根材の平板瓦を丁寧に撤去して保管し、屋根下地の既存の野地板の状態を確認しました。今回のブログでは、既存の野地板に新しい野地板を増し...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884