オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

香芝市で懇意にしている工務店の依頼で新築住宅の屋根を立平葺きに


香芝市で懇意にしている工務店様から、建設中の新築住宅の屋根工事を依頼していただきました。

現場では、住宅の基礎はほぼ出来上がっていて、屋根と外壁の工事のみが残っている状態でした。

屋根にはすでにルーフィング(防水紙)が張られていましたので、早速立平葺きガルバリウム鋼板を葺いていく作業から開始いたします。

屋根工事の開始

施工前の状態を確認

香芝市の新築住宅の屋根工事施工前
現地に到着して、屋根の上に上ってみました。

屋根の形状は典型的な切妻屋根で、2階建の住宅でした。

切妻屋根の妻は、端(つま)と言う意味で着物の褄(つま)などと同じ語源です。
屋根の妻(端)と切った形ということから切妻と呼ばれています。
三角屋根と言えばよく分かるかもしれませんね。
屋根の形がシンプルなため、メンテナンスの際の費用が抑えられることや雨漏りリスクが低いというメリットのある屋根です。
香芝市の新築住宅の屋根工事施工前
屋根下地の上には、改質アスファルトルーフィングが張られていました。

屋根工事で汎用的に使用される防水紙には、アスファルトルーフィングがありますが、アスファルトルーフィングに合成樹脂やゴムなどを混ぜて改良したものが改質アスファルトルーフィングです。

アスファルトルーフィングに比べて、温度変化に強く、耐久性に優れています。
セルフシール性が向上してタッカー留めで開いた穴を塞ぐことで、止水性がアップしています。
香芝市の新築住宅の屋根工事施工前
大屋根から下を見てみると、下屋根が見えました。

下屋根があると、その下の空間を活用できるのでとても便利です。
ですが、屋根が増える分、工事費が高価になるとか、外壁との接合部分からの雨漏りリスクが高まるなどのデメリットもあります。
香芝市の新築住宅の庇
こちらの住宅には庇(ひさし)もありました。

庇は窓や出入り口の上に取り付けられている日よけや雨除け用の小さな屋根のことです。
下屋根に比べて面積が小さく、日光が直接室内に入るのを遮ったり、雨水が入り込みにくくしたりする役割があります。

大屋根の工事から始めます

香芝市の新築住宅の屋根工事施工中
まず最初に、屋根のケラバと軒先に水切り板金を設置していきます。
水切り板金は設置する場所によって名称があり、ケラバに付ける板金はケラバ水切り、軒先に付ける板金は軒先唐草と言います。

水切り板金は雨漏りを防ぐための板金で、雨水の侵入を防ぎ、侵入した雨水を排出するという役割があり、雨仕舞と言います。

屋根にとっての大敵は雨水であるため、水切り板金の設置は重要な工程になります。
香芝市の新築住宅の屋根工事施工中
立平葺きガルバリウム鋼板を設置していきます。
立平葺きとは、金属屋根の1つで長尺の板金のみで出来ています。
立平葺きによく似た金属屋根に瓦棒葺きがありますが、こちらは凸部分に垂木と呼ばれる木材が入っています。
木材は経年劣化によって腐食しやすいので、最近では、立平葺きが主流です。
香芝市の新築住宅の屋根に立平葺き設置
素材のガルバリウム鋼板は、アルミニウム・亜鉛・シリコンから成るアルミ亜鉛合金メッキ鋼板で、それぞれのメリットから、防火性・防錆性・耐久性が高い鋼板です。
耐用年数は20年以上とも言われます。

立平葺きは、成形した板金を屋根に張っていくため工期が短く、材料費も安価です。
棟から軒先までが1枚の長尺な板金で出来ているため、途中に遮るものがないことから、雨水がスムーズに流れるので雨漏りしにくい屋根材です。
そのため、緩勾配の屋根にも設置できるというメリットもあります。
屋根材の中で最も軽量なので、地震の揺れが小さくなります。
香芝市の新築住宅の屋根工事施工中の換気棟
こちらの屋根には、換気棟が取り付けられることになっています。
換気棟とは小屋裏の湿気や熱気を排出するために、屋根の棟部に穴を開けて取り付けた部材の事です。
この棟から換気するシステムの事を棟換気と呼びます。

棟換気によって小屋裏の熱気を放出するため、夏は室内の温度も下げることが出来、冬は結露を防ぎます。

立平葺きは金属屋根なので、他の屋根材に比べると夏の暑さがこもりやすくなってしまうので、とても効果的です。
香芝市の新築住宅の屋根工事施工中の換気棟
換気棟を設置する部分を開けて、屋根全体に立平葺きの設置が完了しました。

次回のブログでは、立平葺きを設置した屋根の棟に棟板金を取り付けていく工程をご紹介します

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大和郡山市で新築分譲住宅の屋根工事の依頼、カラーベスト屋根が完成

大和郡山市の新築分譲住宅の屋根工事施工前
大和郡山市の新築分譲住宅の屋根工事施工後
工事内容
その他の工事
使用素材
カラーベスト
築年数
新築
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
110万円
施工事例

香芝市で取引先の工務店から依頼の新築住宅の屋根に立平葺きと換気棟

芝市の新築住宅の屋根工事施工前
香芝市の新築住宅の屋根の棟板金
工事内容
その他の工事
使用素材
立平葺ガルバリウム
築年数
新築
建坪
22坪
保証
10年
工事費用
87万円
施工事例

生駒市の崩れた棟瓦はガイドライン工法と乾式工法で自然災害対策!

生駒市の崩れた棟瓦
生駒市の大屋根の工事完成
工事内容
棟瓦取り直し
その他の工事
足場
使用素材
7寸丸瓦・ガルバリウム鋼板
築年数
築28年
建坪
保証
10年
工事費用
96万円

同じ地域の施工事例

施工事例

香芝市で取引先の工務店から依頼の新築住宅の屋根に立平葺きと換気棟

芝市の新築住宅の屋根工事施工前
香芝市の新築住宅の屋根の棟板金
工事内容
その他の工事
使用素材
立平葺ガルバリウム
築年数
新築
建坪
22坪
保証
10年
工事費用
87万円
施工事例

香芝市で築21年のシングル屋根で台風の被害を放置の結果被害が拡大

アスファルトシングルを剥がし防水紙が見えた所
差し掛け屋根にガルテクトを設置
工事内容
屋根カバー工事
足場
台風
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築21年
建坪
21坪
保証
10年
工事費用
95万円
施工事例

香芝市で太陽光発電システム設置のため平板瓦屋根補強の葺き直し工事

香芝市の平板瓦屋根施工前
香芝市の平板瓦屋根の葺き直し工事完成
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
構造用合板・改質アスファルトルーフィング
築年数
築25年
建坪
22坪
保証
10年
工事費用
95万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

桜井市の破損したベランダの様子

桜井市で強風により、破損している波板を撤去していきます。依頼目的は、破損した波板が風でバタバタと音が鳴り近隣にご迷惑がかかるから撤去して欲しいとのことでした。波板を補修する方法もあるのですが、現在は空き家状態なので、補修リフォームではなく撤...........

大和郡山市の新築分譲住宅の屋根工事開始

大和郡山市で取引のある工務店さんからの依頼で、新築分譲住宅の屋根工事を行っています。屋根の形状は片流れで、野地板の状態まで出来上がっていました。防水紙を張って、カラーベストを設置し、素敵な屋根に仕上げていきます。

大和郡山市の新築分譲住宅の屋根工事開始

大和郡山市で取引のある工務店さんからの依頼で建設中の分譲住宅の屋根工事を行うことになりました。建物の基礎部分はほとんど出来上がっていて、外壁と屋根の工事を残すのみとなっていました。屋根は野地板を張った状態でしたので、防水紙を張る作業から始め...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884