オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

築20年の長屋の屋根の欠けた瓦を交換します


以前工事をさせて頂いた奈良市のお客様からの紹介で、築20年の長屋のお客様からベランダの波板が飛んでしまったので、新しい波板を設置してほしいと依頼があり、波板設置の作業終了後に屋根の点検も依頼されました。
屋根を点検していて、欠けた瓦を発見しました。
大きくズレた瓦があるわけではなく、瓦が数枚欠けているだけでしたので、お客様の希望で、欠けている瓦の交換をすることになりました。
今回は瓦交換作業についてご紹介します。
前回のブログはコチラ

作業開始します

梯子をかけて、屋根に上ります

現地調査
玄関側に梯子をかけて屋根に上ります。
こちらのお宅は2階建てですが、1階部分の屋根の瓦には破損は見当たりませんでした。

欠けた瓦が見つかりました

屋根破損
2階の屋根の瓦に欠けているものを数枚見つけました。
隅が欠けているだけで、浮きやズレはないようです。
今回は、破損している瓦のみを交換するという作業になります。


2015744.323B1BCF1591E7D336D0EC7586460616.15071603-columns2
こちらの瓦は粘土瓦ですが、粘土瓦の中の陶器瓦とよばれるもので、釉薬をかけることで、色を出したり、保護性をより強くしたりする瓦のことです。お茶碗やお皿によく使われているものと同じと考えれば、想像しやすいと思います。


破損した瓦を取り除き、新しい瓦に交換しました

交換完了
割れていた瓦を交換しました。
同じ陶器瓦ですが、新しい瓦は色が鮮やかなので、どこを交換したのか、すぐにわかりますね。
交換完了
数枚の瓦の交換は短時間で完了します。
お客様の中にはDIYで出来るのでは?と思われるかもしれませんが、屋根での作業は落下の危険があり、作業を間違えるとそこから雨漏りが生じたり、瓦を踏んで、他の瓦を割ってしまったりと、決して簡単な作業ではありません。
軽微な工事だからと遠慮せず、是非、街の屋根やさん奈良店にご一報ください。
before1
瓦破損
瓦は他の屋根材と比較しても特に割れやすく、飛来物によってすぐに欠けたり割れたりしてしまいます。
horizontal
after1
瓦完了
粘土瓦の耐用年数は50年とも100年とも言われています。
しかし、メンテナンスを怠ると、瓦がズレたり割れたりの小さな不具合が雨漏りのような大きな不具合に発展したりもします。
屋根の寿命を長持ちさせるためにも、定期的な点検をオススメします。

次は雨樋の交換です

雨樋施工前
お客様がこの機会にと雨樋の交換も依頼されました。
次回のブログでは、雨樋の交換作業についてご紹介します。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
次のブログはコチラ

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下屋と庇に防水紙設置

奈良市で築39年の瓦屋根をスーパーガルテクトへ葺き替え工事を施工しています。前回は防水紙を水切り板金、取り合い部分の大切さについてご紹介しました。今回は屋根材のスーパーガルテクトを設置していきます。下屋と庇部分が完成します!!では工事の様子...........

下屋と庇に増し張り

奈良市で築39年のいぶし瓦屋根をガルテクトに葺き替え工事を施工しています。前回はの下屋と庇の野地板の増し張りを行いました。構造用合板を使用し野地板のメンテナンスをしたわけです。強度アップで耐震性も上がりました。今回は水切り板金と防水紙を設置...........

不陸調整

生駒市で屋根の工事をしています。前回は経年劣化により割れてしまっていた瓦を撤去していき、下地となっていた葺き土もすべてを撤去していきました。今回は長年の重量により凸凹が出来てしまっていたのでこのまま新しい屋根材を乗せていくことはできませんの...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884