オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

葛城市で雨漏りでお困りだった資材倉庫の折半屋根を88折半に葺き替えました


工事のきっかけ

資材置き場として使用している倉庫の屋根から雨漏りが生じて、内部に保管していた資材が濡れてしまいました。
大切な資材ですので、これ以上水濡れしては困ると大慌てで屋根の修理業者を探しました。
数社に連絡しましたが、一番早く現地調査にきてくれた街の屋根やさん奈良店に決めました。

葛城市 屋根葺き替え 折半屋根から88折半へ

ビフォーアフター

before
屋根 施工前
horizontal
after
88折半 葺き替え後

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え
施工期間
4日
使用材料
88折半
施工内容その他
折半屋根から88折半へ
築年数
築25年
保証年数
10年
工事費用
110万円
建坪
25坪
ハウスメーカー
奈良県葛城市で築25年の資材倉庫の折半屋根から雨漏りが生じ、内部に保管していた資材に被害が出て困っているというご連絡を頂きました。
数年前に雨漏りを部分補修していたため、屋根の現状を把握したいということでしたので、早速現地にお伺いして、屋根の点検をすることになりました。

屋根の状態を確認します

屋根施工前
資材倉庫の屋根は折半屋根と呼ばれるものです。
駐輪場や工場などでよく見る金属屋根と言えば、一度は見たことがあるでしょう。

屋根の色が違うところがありますね。
ここが以前に部分補修された場所で、雨漏りしていた箇所だけ重ね葺したようです。
重ねた部分が浮いて、そこから雨水が侵入し、さらに傷んでしまっていました。

点検結果をご説明して、葺き替えをおすすめしました。
お客様もご納得されて、葺き替え工事を始めることになりました。

折半屋根の葺き替え工事を開始します

葺き替えに必要な部品を準備します

屋根 施工前
屋根にたくさんの部品が置かれていますね。
これはタイトフレームをというもので、鉄骨下地(鉄骨梁)に取り付けて、そこに折半をはめ込んで固定するための部品です。

タイトフレームを設置していきます

タイトフレーム取り付け
端から少しずつ古い折半を捲っていきます。
新しい折半は88折半と呼ばれるもので、山の高さが88mmあるということです。




タイトフレーム取り付け
めくった部分のタイトフレームを撤去して、撤去した跡には錆び止めを塗布して、新しいタイトフレームを設置します。
山高は折半によって違うので、フレームの変えなければなりません。
折半を固定する大切な部品ですので、丁寧に溶接します。

折半屋根を設置していきます

88折板施工中
古い折半とタイトフレームを撤去して、新しいタイトフレームを施工して、88折半をはめ込んでボルトで固定します。
折半が浮いたり、強風で飛んだりしない様に、しっかりと締めます。



88折板施工中
撤去して、施工してを繰り返していきます。
折半屋根の素材はガルバリウム鋼板ですので、瓦やスレートより高い強度を有します。
また、平板ではなく凸凹の折半屋根のこの特徴的な形状が、より強度を高めています。

全体に88折半を設置しました

88折板施工中
屋根全体に88折半を施工しました。
重ね葺した部分が変色して、悪かった見栄えも葺き替えをすることで、見事に生まれ変わりました。

【工事完了後】

88折半 葺き替え後
屋根全体に統一感が生まれ、綺麗に仕上りました。
屋根の葺き替え後は雨漏りが止まり、内部の資材保管も安心して出来るようになったとお客様はとても喜んでおられました。

折半屋根には錆びにくいガルバリウム鋼板を使用していますが、屋根を長持ちさせるためにも、定期的な屋根塗装をおすすめします。
雨樋 新設
屋根の葺き替えと同時に雨樋も新設しました。
折半は山形になっていて、雨水が滞りやすいため、雨樋の方向に傾斜をつけて、雨水が流れやすいようにします。

雨樋の設置をもって全行程が完了しました。
今後も街の屋根やさん奈良店はお客様の屋根を守るために、アフターフォローを続けてまいります。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

生駒市で築38年の瓦屋根を大屋根・下屋共に葺き替え、雨樋も交換

瓦の一列が剥がれています
瓦からガルテクトへ変身
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト パナソニック製雨樋PC50
築年数
築38年
建坪
32坪
保証
10年
工事費用
195万円
施工事例

奈良市で豪邸の複合瓦屋根を新しいいぶし瓦屋根へ屋根工事と雨樋交換

奈良市の瓦屋根施工前
奈良市の瓦屋根施工後
工事内容
破風板板金巻き工事
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
いぶし瓦・塩ビ雨樋
築年数
築58年
建坪
40坪
保証
10年
工事費用
325万円
施工事例

生駒市で青い陶器瓦を金属屋根に葺き替え工事と雨樋の全面交換工事!

生駒市で青い陶器瓦屋根の無料点検
生駒市で完成したスーパーガルテクト屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築39年
建坪
18坪
保証
10年
工事費用
170万円

同じ地域の施工事例

施工事例

葛城市で強風被害により割れ崩れを起こしてしまった釉薬瓦の補修工事

葛城市でS形瓦屋根の無料点検の様子
葛城市で瓦の補修作業完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
釉薬瓦
築年数
築43年
建坪
保証
10年
工事費用
8万円
施工事例

葛城市の雨漏りの瓦屋根の棟瓦を『ガイドライン工法』でリフォーム!

葛城市 雨漏りの瓦屋根 無料点検
葛城市 雨漏りの瓦屋根 棟瓦取り直し工事完成
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
使用素材
和瓦
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
53万円
施工事例

葛城市で湿式工法で施工されている昔ながらの和瓦屋根の葺き替え工事

葛城市 釉薬瓦 無料点検
葛城市 スーパーガルテクト屋根 完成
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築47年
建坪
18坪
保証
10年
工事費用
135万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰の詰め増しが以前されている瓦屋根

香芝市で築36年の釉薬瓦屋根の経年劣化にてメンテナンスのご相談がありました。瓦の耐用年数は長い方なのですが、きちんとメンテナンスを行うからこその耐用年数なのです!特にビスで固定されていない瓦は、強風や悪天候の後ほど点検だけでも行うといいでし...........

下屋の瓦撤去と葺き土

生駒市で築38年の瓦屋根の下屋部分をガルテクトに葺き替え工事を施工。前回は大屋根部分の葺き替えが完了し屋根が完成しました。今回は下屋部分の葺き替え工事の流れを総まとめでご紹介していきます。基本的な工事の流れは大屋根も下屋も同じです。ですので...........

棟板金の下地設置

生駒市で築38年の瓦屋根の葺き替え工事最終工程に差し掛かりました。大屋根部分の後には下屋部分の工事もご紹介しますが、ひとまず大屋根部分は間もなく完成を迎えます!!!前回は屋根の最重要事項である防水紙の設置をご紹介しました。今回は、棟板金の下...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884