オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

広陵町で太陽光発電システムを設置のため、立平葺きに葺き替えました


工事のきっかけ

太陽光発電システムの設置を検討した時に、家のセメント瓦はもう40年超えで屋根の下地にも不安があって、もし太陽光発電システムを設置してもメーカーの保証が受けられないと言われたので、葺き替えすることにしました。

太陽光発電システムの設置をお願いしたところが屋根の工事もしてくれるところでよかったです。

広陵町 屋根葺き替え,その他の工事 セメント瓦から立平葺 太陽光パネル設置

ビフォーアフター

before
防水紙(ルーフィング)貼り
horizontal
after
太陽光発電システム設置

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,その他の工事
施工期間
6日
使用材料
立平葺ガルバリウム
施工内容その他
セメント瓦から立平葺 太陽光パネル設置
築年数
40年超
保証年数
10年
工事費用
155万円
建坪
32坪
ハウスメーカー
奈良県広陵町で太陽光発電システムを設置のために、築40年超えのセメント瓦屋根を立平葺き葺き替える工事をしました。

古い屋根材と防水紙を撤去して、新しく立平葺板金を施工してから、その上に太陽光発電システムを設置するという流れになります。

工事の様子を順を追ってご紹介していきますので、最後までご覧いただけるとうれしいです。


葺き替え工事を始めます

屋根材を撤去していきます

瓦撤去
こちらの屋根に使用されていた屋根材は、セメント瓦です。

瓦と言えば和瓦を思い浮かべる方も多いかと思いますが、和瓦が粘土で出来ているのに対して、セメント瓦は主成分がセメントになります。

セメント瓦は従来の和瓦に比べて初期費用が安く、30~40年前に普及しましたが、耐用年数は和瓦の約半分ほどで、スレートとほぼ同等です。
その上、スレートと比べて、和瓦同様に約3倍の重量があり、セメント瓦そのものには防水性がないので、塗装などの定期的なメンテナンスが必要です。

古い防水紙を撤去していきます

瓦撤去
撤去した屋根材の下から古い防水紙が現れました。

40年超えの防水紙は見てわかる通り、ボロボロになっています。

防水効果も低下し、かなりの雨水が浸水していると考えられます。

雨漏りしていないのが、不思議なくらいです。
ルーフィング剥がし
古い防水紙を撤去すると、下にはバラ板が敷かれていました。

昔の防水紙は現在のものほど、通気性がよくないので、野地板にはバラ板が使用されていました。
バラ板は隙間を開けて設置されているので、防水紙の防水効果が低下することによって、雨漏りが生じてしまいます。

古い野地板の様子

古い野地板
屋根材と防水紙を撤去した野地板の様子です。

見た目にもはっきりと傷んでいる様がわかります。

雨どいとの間の板は腐り、大きな隙間を作っていました。

今回の屋根の葺き替えはタイミング的にも最良の選択だったと思います。

新しい野地板を貼りました

野地板完成
今回は、古い野地板を撤去せずに新しい野地板を重ねて貼っていく「増し張り」という方法で作業しています。

増し張りによって、下地が補強されるというメリットがあり、太陽光発電の設置には最適です。

こちらの屋根は入母屋造りですが、その下には庇のような屋根がある複合屋根で、増築や部分補修を繰り返してセメント瓦以外の屋根もありましたが、セメント瓦の部分のみの施工になっています。

新しい防水紙を貼っていきます

防水紙(ルーフィング)貼り
隙間なく貼った野地板の上に、防水紙(ルーフィング)を貼っていきます。

が多数あり、屋根と屋根の重なりもあるので、雨漏りリスクを防ぐためにも、重ね貼りをしながら丁寧に作業していく必要があります。


【工事完了後】

屋根 完了
立平葺きを施工して、屋根の葺き替え工事が完成しました。

立平葺きはガルバリウム鋼板が使用されています。

軽くて耐震性に優れ、耐久性や施工性が良い屋根材であるため、近年人気が高まっています。
太陽光発電システム設置
太陽光発電システムを設置して、工事が完成しました。

立平葺き板金に葺き替えをしたことで、安定して設置することができました。

お客様は、屋根が新しくなり、太陽光発電システムも設置できて、とても喜んでいただきました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

奈良市で長屋の大屋根・差し掛け屋根の葺き替え・下屋のカバー工事

切妻屋根の棟瓦とシート
横葺き工法で葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
足場
使用素材
ガルバリウム製横葺き板金
築年数
築36年
建坪
16坪
保証
10年
工事費用
100万円
施工事例

奈良市で入母屋屋根をガルテクトへ葺き替え、下屋とバルコニーも補修

和瓦屋根の経年劣化
長屋の一棟にガルテクト
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築38年
建坪
20坪
保証
10年
工事費用
180万円
施工事例

奈良市で築32年瓦をカラーベストに生まれ変わらせた葺き替え工事

瓦屋根が台風被害で応急処置
大屋根をカラーベストで葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
足場
台風
使用素材
カラーベスト
築年数
築32年
建坪
24坪
保証
10年
工事費用
130万円

同じ地域の施工事例

施工事例

広陵町で下屋根にある釉薬瓦の差し替え補修を行いに行ってきました!

広陵町で隅棟付近に瓦の割れ補修跡
広陵町で釉薬瓦の差し替え補修
工事内容
屋根補修工事
使用素材
陶器瓦
築年数
築42年
建坪
保証
10年
工事費用
8万円
施工事例

広陵町で老朽化して雨漏りのするトタン波板から88折半に葺き替え

工事前屋根
屋根完成
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
88折半
築年数
築25年
建坪
29坪
保証
10年
工事費用
120万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

TAJIMA防水紙の設置

奈良市で築40年の瓦屋根(長屋)の葺き替え工事を行っています。前回はかさ上げを行い、野地板の増し張りで下地のメンテナンスと強化を行いました。今回は防水紙設置とトタン部分の補修工事を開始していきます。では、工事の様子をご覧ください!!

棟瓦

奈良市で住宅屋根の葺き替え工事をしています。前回は、乾式面戸を用いて屋根に瓦を設置していきました。工事も終盤に入りまして、棟瓦を設置して今回の葺き替え工事は完成です。どのような屋根に仕上がるのか楽しみです。それでは完成までの工事の様子を紹介...........

増し張りで下地強化

奈良市で築40年の長屋瓦屋根の葺き替え工事を行っています。前回は、工事開始で瓦と葺き土の撤去を行い、歪んだ野地板を補強垂木でかさ上げしました。今回は、野地板の増し張りを行い谷板金を設置していきます。では、工事の様子をご覧ください!!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884