オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

香芝市の雨漏りと耐震性が不安な和瓦屋根を立平葺きへリフォーム工事


工事のきっかけ

15年ほど前に当時の屋根業者との話し合いの中で、片面だけを屋根工事してもらいました。
そこから、ずっと不具合なく暮らしてきましたが、そういえば、屋根工事してない方の屋根は、もう40年も経っていることに気づき、そのことに気づいたらもうどうしても雨漏りや耐震性のことが不安になり、たまらなくなって連絡させてもらいました。
どのようにすることが一番いいのかわからず不安でしたが、こちらの悩みを聞いてくれて、色んな工事の方法をご提案してくれました。
説明も丁寧で、素人にもわかりやすいように写真付きの見積書を提出してくれたので、とても信頼できる業者だと感じて、工事をお願いすることにしました。

香芝市 屋根葺き替え

ビフォーアフター

before
香芝市の片面だけ葺き替えた和瓦屋根
horizontal
after
香芝市の和瓦屋根を立平葺きへ葺き替え完成

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え
施工期間
10日間
使用材料
立平葺ガルバリウム
施工内容その他
築年数
築40年
保証年数
10年
工事費用
128万円
建坪
25坪
ハウスメーカー
香芝市で和瓦屋根から立平葺きへのリフォーム工事を行いました。

こちらのお宅では、片面のみを15年ほど前に葺き替えられたそうですが、葺き替え工事をされなかったもう片面の劣化状態が気になり、お問い合わせを頂きました。

お客様とご相談の結果、全面葺き替えをご決断いただきました。

無料点検にお伺いしました

香芝市の和瓦屋根の無料点検
現場に到着しました。
お客様のお宅は、2階建ての切妻屋根でした。
早速、お問い合わせをいただいた経緯と今不安に思われていることなどを教えて頂きました。

屋根の片面を葺き替えた際には、その時の業者さんとの話の流れでもう片面はまだ大丈夫という結論に達したそうですが、そこから15年が経ち、築年数も40年になることから、葺き替えていない方の屋根の状態がふと気になったそうです。
雨漏り耐震性のことも心配になってはいたものの、自分では確認できないので先送りにしてきたが、たまらなくなって連絡したとおっしゃっていました。
ただ、どのような工事が一番最適なのかが分からず、不安に思われていることも話してくださいました。

まずは、無料点検から始めます。

屋根に上ってみました

香芝市の片面だけ葺き替えた和瓦屋根
屋根に上ってみると、見るからに、左側の葺き替えた屋根と右側の葺き替えていない屋根の劣化具合が全く違っていました。

左側は15年ほどですが、右側は40年もの長い間お家を守ってくれていたのですから、このように色あせや劣化が進んでいても不思議ではありません。
和瓦は、他の屋根材に比べて長寿命ですが、表面の色あせは雨水やほこりなどの付着による汚れなどで起こります。
屋根材が和瓦だったからこそ、これまで不具合なく生活していただけたのだと思います。

香芝市の和瓦屋根の無料点検
15年前に葺き替えをされた面の瓦屋根です。

屋根の状態としては、大きな痛みや瓦のズレなどは見受けられませんでした。

瓦の表面も色あせや瓦の破損などもありませんでした。
香芝市の和瓦屋根の無料点検
葺き替えしていない面の瓦屋根です。

よく見ると、瓦のズレがあちこちに見られますね。
こちらの瓦屋根は、土葺き工法で施工されていましたので、経年による葺き土の粘着力の低下によって瓦がズレてしまったのでしょう。
放っておくと雨漏りや瓦の落下などに繋がりかねません。
他に、欠けている瓦も見つかりました。

お客様に無料点検の結果をご報告

香芝市の片面だけ葺き替えた和瓦屋根の無料点検
無料点検の結果を写真をお見せしながらご報告させていただきました。
当社としては、2つのプランをご提示いたしました。
1. 葺き替え工事をしていない側の屋根のみを葺き替える
2. 全面葺き替えをする
お客様は、数年後にまた片面の屋根のことが気になるという事態を避けるべく、全面葺き替えを選択されました。
葺き替える屋根材については、耐震性の向上と雨漏りに対する不安の解消というお客様がお話しされたキーワードから、軽量で防水性に優れた立平葺きをご提案させていただき、ご決断いただきました。

それでは、工事を始めます。

屋根のリフォーム工事を始めます

片面ずつ作業していきます

香芝市の和瓦屋根の片面撤去
まずは、15年前に葺き替え工事をされた面の屋根から作業を始めます。

こちらは、引っ掛け桟瓦葺き工法で施工されていましたので、和瓦と瓦桟木を撤去しました。

引っ掛け桟瓦葺き工法とは、土葺き工法のように土を使用せず、瓦桟木という木材を設置してそれに瓦を引っ掛けて釘でこうする施工法です。

葺き土を使用しないので、屋根の重量は格段に軽量化され、釘でしっかりと固定するため、地震などの振動でも瓦がズレにくくなります。
この施工法は、2度の大きな震災でたくさんの土葺き工法の瓦屋根が崩壊したことで、現在では瓦屋根の施工法の主流になっていて、今では土葺き工法で新しい瓦屋根を葺くことは少なくなっています。

香芝市の和瓦屋根の野地板貼り
和瓦と瓦桟木を撤去した古い野地板の上に新しい野地板として構造用合板を『増し張り』していきます。

屋根葺き替えでは、大抵『増し張り』を採用します。
古い野地板に著しい腐食や傷みがあったり、その傷みが垂木にまで及び、屋根を支えられないというような場合は『貼り替え』ます。

『増し張り』によって屋根下地が2重になり、多少屋根は重くなりますが、その分強度が高くなり、古い野地板の廃棄費用が削減されるというメリットがあります。
香芝市の和瓦屋根の防水紙貼り
新しい野地板を設置した屋根に、防水紙(ルーフィング)を軒先から大棟に向かって10㎝以上の重ね代を取りながら貼っていきます。

下から上に貼っていくことによって、雨漏りリスクが軽減されます。

横に長い屋根ですので、歪んだりしないように丁寧に施工していきます。
香芝市の和瓦屋根の片面撤去(湿式工法)
反対側の面の作業を進めていきます。

和瓦を撤去したところです。

こちらの屋根は土葺き工法で施工されていましたので、和瓦の下には大量の葺き土が敷かれていました。

このように粘着性のある土を屋根に盛って、その土に瓦を押し付けることによって固定する土葺き工法は、引っ掛け桟瓦葺き工法のように釘で固定しないので、経年によって土の粘着力が劣化し、瓦の固定が不安定になってしまいます。
それだけでなく、瓦と葺き土によって屋根の重量が重くなり、建物に負担がかかると言われるようになりました。
大きな地震でたくさんの土葺き瓦屋根が大きな被害を受けたあたりから、重い瓦屋根は地震に弱いと言われるようになり、耐震性を重視した軽くて強い金属屋根にリフォームされる方が増えてきました。
香芝市の瓦撤去
撤去した和瓦と大量の葺き土を階下へ落下させることのないように、慎重に土嚢袋に詰めて取り除きます。

瓦と土で相当な重量になるので、葺き替え工事の工程の中でも体力を要する作業です。
香芝市の和瓦屋根の野地板貼り
反対側の屋根同様に、古い野地板の上に新しい野地板として構造用合板を設置する『増し張り』で施工しました。

屋根全面に防水紙を貼りました

香芝市の防水紙設置完成
新しく設置した野地板の上に、防水紙(ルーフィング)を貼っていきます。

大棟まで防水紙(ルーフィング)を貼れたら、大棟には幾重にも重ね貼りをして防水効果を高め、棟からの雨漏りを防ぎます。

大棟からの雨漏り被害は結構多いのです。
香芝市の防水紙設置完成
屋根の葺き替え工事では、全面を一気に撤去して同時に作業する場合もありますが、今回の屋根のように、築年数や施工方法が片面ずつ違う場合は、片面ずつ作業する方法を採用することもあります。

現場の判断によりますが、天気が不安定な時にも雨の影響を受ける箇所が最小限で済むので、片面ずつ作業する方法を取ることがあります。

立平葺きを設置していきます

香芝市の和瓦屋根に立平葺きを設置
屋根全体に防水紙を貼ったら、新しい屋根材の立平葺きを屋根に設置していきます。

立平葺きは、最近人気の金属屋根の1つで金属板だけで出来ています。
メリットとしては、
① あらかじめ用意してきた板金を貼るので、現場での作業が少なく、工期が短い
② 材料費も比較的安く工期が短いので、費用が低く抑えられる
③ 屋根が軽量化されて地震による揺れが軽減される
④ 屋根の頂点から軒まで1枚の長い板金で出来ているため、途中に継ぎ目がなく、緩勾配でも雨漏りしにくい
などが挙げられます。

素材にガルバリウム鋼板が使用されており、錆に強く、耐用年数は20年以上とも言われています。
香芝市の和瓦屋根に立平葺きを設置
デメリットとしては、金属屋根にありがちな
① 雨音が響きやすい
② 夏は暑く、冬は寒くなりやすい
などがありますが、遮音性や遮熱性に優れた塗料やシート、断熱材などを使用することで解消されます。

大棟に貫板を設置していきます

香芝市の立平葺きの屋根に貫板を設置
屋根の平部全体に立平葺きを設置しました。

大棟部分には隙間が開いていて、防水紙が見えていました。
このままでは、雨水が大量に侵入してしまうので、大棟に棟板金を被せて防ぐのですが、その前に棟板金を固定するための貫板と呼ばれる木板を設置します。
貫板に棟板金をビスでしっかりと固定して完成です。

こちらの現場の様子は、本日の現場ブログで詳しくご覧いただけます。
是非そちらもお読みください。

完成した屋根をご覧ください

【工事完了後】

香芝市の立平葺きの屋根完成
大棟に立平葺きと同じくガルバリウム鋼板製の棟板金を設置しました。

棟板金は屋根の頂上に位置するため、最も風雨の影響を受けやすく、強風で棟板金が外れたり飛んだりした事例は数多く寄せられています。

錆びにくく、耐久性に優れたガルバリウム鋼板を使用していますが、棟板金の定期的な点検をおススメしています。


定期点検も街の屋根やさん奈良店(0120-303-884)にお任せください!
香芝市の立平葺きの屋根完成
立平葺きで葺き替えた屋根は、統一感のあるオシャレな屋根に大変身です。

落ち着いた雰囲気で、まるでお家全体をリフォームしたような仕上がりになりました。

お客様の不安だったことが解消されて、安心したご様子でした。
香芝市の立平葺きの屋根完成
完成した屋根をご覧になり、お客様から『素敵な屋根にしてくれてありがとう!』とお礼のお言葉をいただき、本当にうれしかったです。

こちらこそ、工事をご依頼いただきありがとうございました。

またいつでもお声がけくださいね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

王寺町で青色釉薬瓦屋根からスーパーガルテクト屋根への葺き替え工事

王寺町の青色釉薬瓦屋根の無料点検
王寺町のスーパーガルテクト屋根完成
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト パナソニック製雨樋PC50
築年数
築43年
建坪
22坪
保証
10年
工事費用
165万円
施工事例

香芝市の瓦棒葺きトタン屋根から立平葺きガルバリウム鋼板屋根へ

香芝市の瓦棒葺きトタン屋根施工前
香芝市の瓦棒葺きトタン屋根施工後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
立平葺ガルバリウム
築年数
築30年
建坪
17坪
保証
10年
工事費用
89万円
施工事例

香芝市で釉薬瓦からガルテクトへの葺き替え工事は谷板金も使用

棟瓦が無い部分を発見
黒いガルテクト設置で屋根完成
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築36年
建坪
21坪
保証
10年
工事費用
148万円

同じ地域の施工事例

施工事例

香芝市で経年劣化したスレート屋根の無料点検からカバー工法で工事

カバー工法
カバー工法
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
築年数
築28年
建坪
31坪
保証
10年
工事費用
128万円
施工事例

香芝市の瓦棒葺きトタン屋根から立平葺きガルバリウム鋼板屋根へ

香芝市の瓦棒葺きトタン屋根施工前
香芝市の瓦棒葺きトタン屋根施工後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
立平葺ガルバリウム
築年数
築30年
建坪
17坪
保証
10年
工事費用
89万円
施工事例

香芝市で釉薬瓦からガルテクトへの葺き替え工事は谷板金も使用

棟瓦が無い部分を発見
黒いガルテクト設置で屋根完成
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築36年
建坪
21坪
保証
10年
工事費用
148万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

釉薬瓦屋根の全体像

大和郡山市で築36年の釉薬瓦屋根の葺き替え工事開始です。屋根のメンテナンスをお考えでオンライン相談から現在の工事開始に至ります。コロナ時代でオンラインでのご相談は増えており、工事の時もマスク着用や対策は徹底させていただいています。ご安心くだ...........

棟瓦の剥がれを発見

大和郡山市で築37年の釉薬瓦屋根のメンテナンスを考えていると無料オンライン相談からご連絡を頂きました。コロナ時代に入ってからオンライン相談が主流となっています。ご連絡からすぐに現場調査に向かわせて頂きました。予約の状態を見てですが現場調査は...........

高品質な防水紙の設置

香芝市で築36年の瓦屋根をガルテクトに葺き替え工事が完了しました。経年劣化でメンテナンスのご相談から始まったこのご依頼ですが、現場調査で、棟瓦が剥がれている所を発見しました。屋根は上に登ってみないと全体が見えない為、現場調査で破損や割れが発...........

釉薬瓦の撤去で葺き土も大量

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884