オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

香芝市の瓦棒葺きトタン屋根から立平葺きガルバリウム鋼板屋根へ


工事のきっかけ

トタン屋根が錆びやすいことは聞いていたので、以前に屋根塗装をしてもらいました。
あれから10年以上経つので、傷んでいないかなと思い、点検してくれる屋根やさんを何社か選び、ご相談していました。

その中で一番丁寧でわかりやすく説明してくれたことと、予算の事も親身になって相談に乗ってくれたことが、街の屋根やさん奈良店に工事をお願いしようと決めた理由です。

香芝市 屋根葺き替え

ビフォーアフター

before
香芝市の瓦棒葺きトタン屋根施工前
horizontal
after
香芝市の瓦棒葺きトタン屋根施工後

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え
施工期間
6日間
使用材料
立平葺ガルバリウム
施工内容その他
築年数
築30年
保証年数
10年
工事費用
89万円
建坪
17坪
ハウスメーカー
香芝市で築30年の金属屋根のお客様から、屋根の劣化が気になるので点検してほしいとご連絡いただきましたので、早速無料点検に行って参りました。

シルバーの瓦棒葺きトタン屋根で、10年以上前に一度塗装をされたそうです。

しっかりとメンテナンスされていたおかげで、大きな破損や腐食・錆などは見受けられませんでした。

無料点検の様子

香芝市の瓦棒葺きトタン屋根施工前
瓦棒葺きという言葉、あまりなじみがないかもしれませんね。
使用されるメインの屋根材がトタンをはじめとした金属製の板なので、一般的には『トタン屋根』と呼ばれています。

瓦棒とは言っても、見ての通り、瓦ではありません。
ではなぜ瓦棒と呼ぶのか。
トタン屋根には、波形のものと屋根の頂点から軒先へ縦に並べた棒が入っているものがありますが、後者が瓦棒葺きです。
屋根材を巻き付ける縦棒の事を瓦棒と呼んでいるためです。

瓦棒葺きは雨漏りに強く、緩勾配の屋根でも設置出来、水はけが良いのが特徴です。
ただ、瓦棒は木材なので、経年劣化で腐食してしまうことが難点です。
香芝市のトタン屋根のパラペット
屋根の外周部に立ち上げた手すり壁の事をパラペットと言います。

建物の先端を保護し、防水効果を高めることを目的とし、また、転落防止の役割もあります。

こちらのお宅のように片流れの屋根にパラペットを設置する場合は、箱型に見せるというデザイン性の役割もあります。
香芝市のトタン屋根の雪止め
奈良の冬は寒さが厳しく、雪が積もることも珍しくありません。

こちらのお宅では、雪止めが設置されていました。

全体的に大きな傷みもなく、このままでもまだ大丈夫と言う状態でしたが、トタンの耐用年数が15年~20年であることを考えて、この機会にと葺き替え工事をご決断されました。

葺き替え工事を始めます

屋根材の撤去

香芝市のトタン屋根の古い防水紙
トタンをめくると、七王工業(株)のモラサンという改質アスファルトルーフィングが使用されていました。

当社ではあまり使用しませんが、一滴たりとも雨水を漏らさん!というように、タッカーで固定した場所からのわずかな隙間すらも許さない密着性に優れ、雨漏りリスクを格段に低くしている高品質な防水紙です。
香芝市のトタン屋根の古い防水紙
きちんとメンテナンスをされていたおかげで、破れや腐食などは見られず、防水効果も失われてはいませんでした。

屋根の野地板への雨水の侵入も十分防いでいました。

古い野地板が現れました

香芝市のトタン屋根の古い野地板
防水紙がしっかりと役目を果たしてくれていたおかげで、古い野地板にも腐食や破損は見つかりませんでした。

今回は、古い野地板を撤去せずに上から新しい野地板を張る『増し張り』をします。
香芝市のトタン屋根の古い野地板の点検
古い野地板の一部を剥がし、屋根裏を確認しておきます。

屋根裏は見えない場所にあるため、普段はあまり気にされませんが、屋根裏に不具合がある場合もありますので、屋根の葺き替え工事をする際には、屋根裏も点検してもらうことをおススメします。
新しい屋根が出来上がってしまうと確認できませんからね。

増し張りする野地板は垂木に向かって固定するため、垂木の位置や間隔も確認しておきましょう。

新しい野地板を増し張りします

香芝市のトタン屋根の新しい野地板を増し張り
古い野地板の上に新しい野地板を『増し張り』しました。

野地板を『増し張り』することで、2重になった屋根下地は補強されて頑丈になります。
また、古い野地板を撤去しないので、廃棄物処理費用も削減されます。

最近の屋根の葺き替え工事では、ほとんどの場合、『増し張り』を採用しています。
香芝市のトタン屋根の新しい野地板を増し張り
新しい野地板には、構造用合板を設置します。
構造用合板は、建物の重要な下地に使用するための合板です。

構造用合板には、強度や品質などによって日本農林規格(JAS)によって認証されたことを示すJASマークと呼ばれる刻印が押されています。

当社では、JASマークがある構造用合板のみを使用しています。

新しく防水紙を張っていきます

香芝市のトタン屋根の新しい防水紙貼り
新しい野地板の上に、新しい防水紙を貼っていきます。

防水紙の貼り方は、下から上へ、10㎝以上の重ね代を確保して貼るのが基本です。
10㎝以上重ねることで、防水紙の隙間から雨水が侵入するのを防止できます。

新しい防水紙は、田島ルーフィング(株)のP-EX+です。

モラサンと同じく、『改質アスファルトルーフィング』で、優れた基本性能とコストパフォーマンスを誇る防水紙です。
タッカーで打った隙間は、ルーフィングが太陽熱で溶けて塞いでくれます。

当社の工事では、特にお客様からのご指定がない場合は、田島ルーフィング(株)製の防水紙を主に使用しております。
香芝市のトタン屋根の新しい防水紙貼り
今回の工事は本日の現場ブログでもご紹介しております。
よろしければ、そちらもチェックしてくださいね。


さて、工事も最終段階です。
新しい屋根材『立平葺きガルバリウム鋼板』を設置して屋根の葺き替え工事の完成です。

完成した立平葺きガルバリウム鋼板屋根をご覧ください

【工事完了後】

香芝市の瓦棒葺きトタン屋根施工後
瓦棒葺きトタン屋根が新しく立平葺きガルバリウム鋼板屋根に生まれ変わりました。

ガルバリウム鋼板は多彩なカラーバリエーションで、デザイン性も豊富な建材です。

今回は、元の屋根と同じ、シルバーを選ばれました。
香芝市の瓦棒葺きトタン屋根施工後
屋根と壁の取り合いにはしっかりと雨仕舞をして、壁の隙間からの雨漏りを防ぎます。

雨仕舞とは、雨水そのものを適切に排出して、建物内部に雨水を侵入させないための作業です。
そのために設置する部材を水切り板金と呼びます。
香芝市の瓦棒葺きトタン屋根施工後
トタン屋根のように瓦棒がないので腐食の心配がなく、耐用年数はトタン屋根の約2倍。
軽量で、金属なのに錆びにくいという特徴があります。

トタンよりも長寿命とはいえ、定期的なメンテナンスは欠かせません。
メンテナンスも街の屋根やさん奈良店(0120-303-884)にお任せください!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

奈良市で葺き替え葺き直し工事、屋根の状態で工事内容も変えました

経年劣化で葺きなおしの屋根
大屋根部分のガルテクト完了
工事内容
屋根葺き替え
屋根葺き直し
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
50年以上
建坪
38坪
保証
10年
工事費用
250万円
施工事例

生駒市でカラーベストに葺き替え工事、庇と雨樋の交換もしました

経年劣化した瓦屋根の解体
カラーベスト設置と棟板金
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
カラーベスト
築年数
築35年
建坪
17坪
保証
10年
工事費用
100万円
施工事例

大和郡山市で瓦からガルテクトへ葺き替え工事、現場調査で問題発見

b4fb94e9c63326463454663ca33018d9
瓦屋根からガルテクトへ葺き替え完了と隣の屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築36年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
195万円

同じ地域の施工事例

施工事例

香芝市で経年劣化したスレート屋根の無料点検からカバー工法で工事

カバー工法
カバー工法
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
築年数
築28年
建坪
31坪
保証
10年
工事費用
128万円
施工事例

香芝市で釉薬瓦からガルテクトへの葺き替え工事は谷板金も使用

棟瓦が無い部分を発見
黒いガルテクト設置で屋根完成
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築36年
建坪
21坪
保証
10年
工事費用
148万円
施工事例

香芝市で築37年の瓦が機能性抜群のMFシルキー金属屋根に変身

現場調査の瓦屋根
MFシルキーに葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
MFシルキー
築年数
築37年
建坪
20坪
保証
10年
工事費用
158万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

高度な防水性能なルーフィング

生駒市で築39年の瓦屋根の葺き替え工事を大屋根・下屋・玄関部分に施工しています。前回は、野地板の増し張りと防水紙の設置を行いました。耐震性に優れた野地板と高性能な防水紙を選びました。今回は、屋根材であるカラーベストを設置していきます。屋根の...........

下屋部分の野地板を不陸調整

生駒市で築39年の瓦屋根の葺き替え工事を施工しています。前回は、瓦の重みと経年劣化で歪みを帯びていたバラ板を不陸調整し、平らになるよう凸凹を埋めていきました。今回は、構造用合板を使用し増し張りを行っていくことと、その上に高度な防水性を誇るル...........

瓦の撤去と葺き土

生駒市で築39年の瓦屋根の葺き替え工事を行っています。瓦と葺き土の撤去で、下からは古い野地板(バラ板)が出てきました。野地板や防水紙、屋根材の種類は変わるものの工事の基本は同じです。前回は瓦と葺き土の撤去場面をご紹介しましたね。今回は、バラ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884