オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大和郡山市の小屋のトタン波板屋根を立平葺きガルバリウム屋根に


工事のきっかけ

農業機械を収納している小屋が建ててからすでに32年が経過していて、その小屋のトタン屋根の劣化が気になり連絡しました。

定期的にメンテナンスで塗装はしていたのですが、さすがにもうそろそろ交換の時期ではないのかなと考えていました。
トタン屋根の葺き替え工事をしているとブログに書いてあったのを見て、見てもらおうと思いました。
とても丁寧に説明してもらえたので、分かりやすく、安心して依頼できると思いました。

大和郡山市 屋根葺き替え

ビフォーアフター

before
大和郡山市の青色トタン波板屋根の無料点検
horizontal
after
大和郡山市の立平葺き屋根

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え
施工期間
4日
使用材料
立平葺ガルバリウム
施工内容その他
築年数
築32年
保証年数
10年
工事費用
120万円
建坪
20坪
ハウスメーカー
大和郡山市のお客様から、小屋のトタン波板屋根の劣化が気になるので見に来てほしいというお問い合わせを頂き、早速現地に向かい、無料点検をさせていただきました。

屋根の青色カラートタン波板にはビスのゆるみや錆びが発見されました。

築年数が32年とトタンの耐用年数を大幅に超えているため葺き替え工事を行うことになりました。

まずは無料点検の様子からご覧ください

大和郡山市の青色トタン波板屋根の無料点検
小屋の屋根は青色のトタン波板で、倉庫や工場・ガレージの屋根などでよく見かけます。

トタンとは、鉄板を亜鉛メッキで覆って作られた素材で、金属屋根材の一種です。
メッキであるため、年数が経つと錆びてしまうため、7年~10年に一度の塗装が必要です。

こちらの屋根は、塗装などのメンテナンスがしっかりされていたため、見た目には著しい錆や腐食等はありませんでした。
しかし、注意深く見ていくと、トタン波板を固定しているビスが緩んでいて、そのビスの周りに錆びが発見されました。
幸い、雨漏りなどの不具合は生じていませんでした。
お客様は、農業を営んでおられて、こちらの小屋には畑作業で使用する機械などが収納されており、機械に雨水は大敵なので、雨漏りしていなくて良かったです。

カラートタン波板は、色が豊富さと電気のこぎりで切れる扱いやすさで昔から親しまれてきた屋根材です。
ただ、現在はトタンよりも耐久性に優れたガルバリウム鋼板金属屋根の主流となっており、新しくトタン屋根を施工することはほとんどなくなりました。
大和郡山市の青色トタン波板屋根にはしごを掛けての無料点検
とても綺麗に保たれているトタン屋根ですが、トタンの耐用年数は15年~20年と言われてるため、耐用年数を大きく超えていますので、今後安心して生活するために、葺き替え工事をご提案しました。

お客様もそろそろ交換の時期だとお考えだったようで、こちらの提案を承諾いただきました。

葺き替える屋根材については、同じ金属屋根の立平葺きガルバリウム鋼板屋根に決まりました。

トタン波板屋根の葺き替え工事開始

古くなったトタン波板を撤去します

大和郡山市の青色トタン波板屋根の撤去
まず最初に棟板金を撤去して、カラートタン波板を剥がしていきます。
小屋の中に収納されたたくさんの荷物が見えてきましたね。
屋根の骨組みがむき出しになった状態です。

この写真からも分かるように、屋根の土台の上にトタン屋根材が直貼りされていました。
これでは、もし、トタンに穴が開いてしまったら、雨漏りに直結してしまうことが想像できます。


大和郡山市の青色トタン波板屋根の撤去
トタン波板屋根ではこの骨組みの上に屋根材を設置していましたが、立平葺きでは、頑丈な屋根下地を一から作り上げていきます。

垂木の設置

大和郡山市の青色トタン波板屋根の垂木補強
新しい垂木を設置して、屋根下地をパワーアップさせました。

垂木野地板防水紙と通常の屋根下地を作るために、土台となる垂木を設置する必要があります。
大和郡山市の青色トタン波板屋根の垂木補強
垂木を455mm間隔で取り付けました。

この上に野地板を設置していくことによって、屋根下地の強度が増します。

補強した垂木の上に野地板を張ります

大和郡山市のトタン屋根に新しい野地板設置
新しく設置した垂木の上に野地板を張っていきます。
野地板として使用するのは、構造用合板です。
構造用合板には、さまざまなサイズや厚み・等級などがありますが、住宅の野地板としてよく使用されている厚さ12mmの構造用合板を使用します。
当社では、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒド放散量が最も少ないF☆☆☆☆(フォースター)と強度証明がJAS規格に合格した刻印のある構造用合板のみを使用しています。
大和郡山市のトタン屋根に新しい野地板設置
屋根のサイズを計り、構造用合板を加工して隙間なく張り付けました。

野地板のメンテナンスは、屋根の葺き替えや葺き直しの時にしかできないので、必ず施工してもらいましょう。

工事の途中で雨が降ってきたらどうするの?
と心配されるお客様が多くいらっしゃいます。
早業でブルーシートを張って、雨から屋根を守りますのでご安心くださいね。
幸いお天気に恵まれ、順調に作業が進んでいます。

新しく防水紙を張りました

大和郡山市のトタン屋根に新しい防水紙設置
しっかりと設置した野地板の上に防水紙を張っていきます。

屋根の天敵は雨水と言われるように、雨水が屋根下地や内部に侵入すると、屋根の基礎を傷めたり、腐食させたりしてしまいます。

防水紙を軒先から棟に向かって、10㎝以上の重ね代を確保しながら張っていくことで、雨水から屋根を守り、ひいては住宅自体の寿命を延ばすことにもなるのです。
大和郡山市のトタン屋根の大棟に貫板
防水紙にはいろいろな種類がありますが、こちらで使用している防水紙は、TAJIMAのP-EXプラスという改質アスファルトルーフィングです。

アスファルトに合成ゴムや合成樹脂などを加えたもので、汎用的に使用されているアスファルトルーフィングの耐用年数が10年なのに対し、20年と長寿命です。

当社では、改質アスファルトルーフィングを標準で採用させていただいております。

新しい屋根材を設置します

大和郡山市のトタン屋根が立平葺き屋根に変身
金属屋根材には、縦葺きと横葺きがあり、立平葺きは縦葺きの屋根材になります。

棟から軒先まで1枚の板金で出来ていて、水平方向に継ぎ目がないので、雨漏りリスクの低い屋根と言われています。
そのため、他の屋根材では設置出来ない緩い勾配の屋根にも施工することが出来ます。

素材のガルバリウム鋼板は、錆びにくくて長寿命です。(耐用年数は20年~30年以上とされています。)
また、金属屋根なので軽量で屋根に負担をかけず、耐震性が高いというメリットがあります。

形成された長尺の板金で施工されるので、工期も短くなります。
大和郡山市のトタン屋根が立平葺き屋根に貫板
屋根の両側に屋根材を張っていくと、大棟に隙間が出来てしまいます。
その隙間を塞ぐために貫板と呼ばれる木材を設置、この貫板を包むように棟板金を施工し、大棟からの雨漏りを防ぎます。

大棟に棟板金を施工したら、新しい屋根の完成です。
大和郡山市のトタン屋根が立平葺き屋根に変身
今回の工事は、本日の現場ブログでもご紹介しています。
そちらもご覧くださいね。

それでは変身した屋根の全貌をご覧ください

【工事完了後】

大和郡山市の立平葺き屋根
立平葺きガルバリウム鋼板の屋根が完成しました。
屋根の色は、お客様のお好みで、葺き替え前と同色の青色を選択されました。

同じ色の棟板金を施工して、統一感のある屋根に仕上がりました。

新しい屋根をご覧になって、『これで安心して、荷物を収納できます。』とおっしゃっていました。
大和郡山市の立平葺き屋根の軒天
元々は、屋根の基礎の上にトタンを直貼りしていましたが、しっかりと下地を施工させていただいたので、雨漏り対策は万全です。

トタンに比べて、ガルバリウム鋼板は錆びにくく高耐久ですが、決して錆びないわけではありません。
トタン屋根を不具合なく30年以上維持してこられたお客様。
新しい立平葺き屋根も、いつまでも綺麗に保つために、点検や塗装などを継続いただきたいと思います。
そのお手伝いを街の屋根やさん(0120-3030-884)でさせていただけると嬉しいです。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

奈良市で築34年の瓦屋根をスレート瓦へ葺き替え工事大屋根と下屋

台風被害の和瓦屋根
大屋根の喚起棟瓦設置
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スレート瓦
築年数
築34年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
265万円
施工事例

奈良市でいぶし瓦の無料点検からスレート屋根への葺き替え工事

葺き替え工事
葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
築37年
建坪
18坪
保証
10年
工事費用
120万円
施工事例

大和郡山市で経年劣化により割れたいぶし瓦をガルテクトに葺き替え

葺き替え工事
葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築33年
建坪
24坪
保証
10年
工事費用
150万円

同じ地域の施工事例

施工事例

大和郡山市で新築分譲住宅の屋根工事の依頼、カラーベスト屋根が完成

大和郡山市の新築分譲住宅の屋根工事施工前
大和郡山市の新築分譲住宅の屋根工事施工後
工事内容
その他の工事
使用素材
カラーベスト
築年数
新築
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
110万円
施工事例

大和郡山市で経年劣化により割れたいぶし瓦をガルテクトに葺き替え

葺き替え工事
葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築33年
建坪
24坪
保証
10年
工事費用
150万円
施工事例

大和郡山市で築37年のいぶし瓦屋根を部分ごとに適した工事で補修

いぶし瓦の葺き替えと職人
MFシルキー設置と家周辺
工事内容
屋根葺き替え
屋根葺き直し
漆喰取り直し
使用素材
MFシルキー
築年数
築37年
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
189万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

奈良市のカラーベストの剥がれた屋根

奈良市にお住いのお客様から、老朽化したカラーベスト屋根の住宅の無料点検のご連絡を頂き、現場に向かいました。カラーベストは全体的に色あせ、剥がれてしまっているところもあり、葺き替え工事をご依頼頂きました。外壁の点検も同時にさせていただいたとこ...........

構造用合板を敷き詰めて増し張り

奈良市で築39年のいぶし瓦屋根をガルテクトに葺き替え工事を施工中です。前回は屋根の下地である野地板の増し張りを行いました。また、軒先に水切り板金も設置しましたね。今回はTAJIMA社の防水紙と谷板金・ケラバ部分に水切り板金を設置していきます...........

野地板を垂木で不陸調整

奈良市で築39年のいぶし瓦屋根をガルテクトに葺き替え工事を施工しています。作業はただいま不陸調整が終わったところです。前回は不陸調整で野地板の歪みを補修し屋根の下地を平らに仕上げました。今回は野地板の増し張りを行い強度を上げていきます。使用...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884