オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大和郡山市で瓦からガルテクトへ葺き替え工事、現場調査で問題発見


工事のきっかけ

築36年で、そろそろメンテナンスの時期だなと思っていました。

下から見ただけでは特に問題もなさそうでしたので、緊急というより、一度相談だけでもしておこうとネットで屋根工事・奈良と検索した所、街の屋根やさん奈良店を発見。

無料オンライン相談も行っているということで活用させて頂きました。

一度現場調査に来てもらい、瓦の破損を発見して頂き、葺き替え工事をする運びとなりました。

大和郡山市 屋根葺き替え

ビフォーアフター

before
b4fb94e9c63326463454663ca33018d9-before
horizontal
after
瓦屋根からガルテクトへ葺き替え完了と隣の屋根

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え
施工期間
8日間
使用材料
スーパーガルテクト
施工内容その他
築年数
築36年
保証年数
10年
工事費用
195万円
建坪
30坪
ハウスメーカー
大和郡山市で築36年の瓦屋根をガルテクトへ葺き替え工事を行いました。
現場調査を行い、メンテナンスのためにご相談いただいた今回のお話ですが、現場調査を行っていると棟瓦の破損が見つかり、屋根の上はやはり見えないところが多く定期的なメンテナンスは必要だなと感じますね。

このままわからずに放置状態だと雨漏りを起こしていたでしょう!

危険ですね。

現場調査、無料見積もりをした上で、工事内容については詳しく説明させて頂きます。

今回は、大屋根と下屋部分の葺き替え工事を施工した事例をご紹介致します。

本日もよろしくお願い致します。

屋根の状態と問題発見部分

釉薬瓦屋根の全体像
築36年の釉薬瓦です。

写真ではとてもきれいにメンテナンスが必要なのかなと思ってしまいますよね。

屋根は細かく状態を見ていかなければなりません。
棟瓦の剥がれを発見
現場調査で発見した、瓦の破損。

下から見ただけではここは発見できなかったでしょう。

下屋部分の瓦の状態
はズレやひび、欠けがあり、メンテンナスにて補修したほうが良い状態でした。

すこしの隙間を雨水は侵入していきますからね。

工事開始、大屋根と下屋部分の両方を見ていきましょう

釉薬瓦の撤去で葺き土も大量
工事開始です。

屋根を解体し、瓦と葺き土も撤去していきます。

瓦は重く、葺き土も袋に詰めて撤去していかなければならないので、とてもここでは時間が掛かります。
下屋の瓦と葺き土撤去
工事時期は違いますが、下屋部分の解体撤去も見ていきましょう。

下屋部分は湿気が溜まりやすい為、雨漏りしやすい箇所でもあります。

この後の野地板の状態も見ていかなければなりません。

屋根下地のかさ上げと野地板の増し張り作業

補強垂木で不陸調整
バラ板は経年劣化でも歪みを帯びてしまいます。

瓦、葺き土は相当な重さです。この歪みは否めません!

補強垂木にて不陸調整し、かさ上げしていきます。

野地板の増し張りの準備段階ですね。
構造用合板で増し張り作業
かさ上げ後は野地板の増し張り作業を行っていきます。

使用するのは構造用合板のF☆☆☆☆です。

ホルムアルデヒドにも配慮したものを使用していきます。

(こちらをご覧ください!)

防水紙設置、大屋根と下屋で施工が違う部分

高品質な防水紙設置と周りの屋根
野地板の増し張り後はご存じの通り防水紙の設置ですね。


収縮性に富んでいる為、タッカー留めのビスにも対応し長寿命です。

防水紙の設置と取り合い部分
下屋は取り合い部分が重要となり、大屋根とは異なっている部分でもありますね。

立ち上げ箇所を作って設置しないとその隙間から雨漏りが発生してしまいます。

雨漏りは耐用年数を大幅に短くしてしまいますので注意してきましょう。

最終工程のガルテクト設置、最新の屋根に葺き変わりました

瓦屋根からガルテクトへ葺き替え完了と隣の屋根
工事終盤、ガルテクト設置です。

瓦からガルテクトに葺き変わり、見た目の機能性もすべて変わりましたね。

実際、真夏、真冬、台風、梅雨などの時期に大きな変化を感じると思います。

まずは、見た目の変化をお楽しみください!!
下屋部分のガルテクトの設置
下屋部分も大屋根の葺き替え完了後工事にあたりました。

面積は大きくはないですが、形に規則性があまりないということと、取り合い部分があるということが大屋根との違い所でしょうか。

無事全ての工事が終わりました。
ありがとうございました。

【工事完了後】

瓦屋根からガルテクトへ葺き替え完了と隣の屋根
大屋根部分です。

瓦からガルテクトに葺き変わり、見た目も大きく変わりました。

機能性では、徐々に実感していくと思います。
瓦屋根からガルテクトへ葺き替え完了と隣の屋根
棟から軒を見ているところです。

棟瓦の破損問題も解消でき、雨漏りを未然に防ぐことが出来良かったです。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

奈良市で築34年の瓦屋根をスレート瓦へ葺き替え工事大屋根と下屋

台風被害の和瓦屋根
大屋根の喚起棟瓦設置
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スレート瓦
築年数
築34年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
265万円
施工事例

奈良市でいぶし瓦の無料点検からスレート屋根への葺き替え工事

葺き替え工事
葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
築37年
建坪
18坪
保証
10年
工事費用
120万円
施工事例

大和郡山市で経年劣化により割れたいぶし瓦をガルテクトに葺き替え

葺き替え工事
葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築33年
建坪
24坪
保証
10年
工事費用
150万円

同じ地域の施工事例

施工事例

大和郡山市で新築分譲住宅の屋根工事の依頼、カラーベスト屋根が完成

大和郡山市の新築分譲住宅の屋根工事施工前
大和郡山市の新築分譲住宅の屋根工事施工後
工事内容
その他の工事
使用素材
カラーベスト
築年数
新築
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
110万円
施工事例

大和郡山市で経年劣化により割れたいぶし瓦をガルテクトに葺き替え

葺き替え工事
葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築33年
建坪
24坪
保証
10年
工事費用
150万円
施工事例

大和郡山市で築37年のいぶし瓦屋根を部分ごとに適した工事で補修

いぶし瓦の葺き替えと職人
MFシルキー設置と家周辺
工事内容
屋根葺き替え
屋根葺き直し
漆喰取り直し
使用素材
MFシルキー
築年数
築37年
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
189万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下屋と庇に増し張り

奈良市で築39年のいぶし瓦屋根をガルテクトに葺き替え工事を施工しています。前回はの下屋と庇の野地板の増し張りを行いました。構造用合板を使用し野地板のメンテナンスをしたわけです。強度アップで耐震性も上がりました。今回は水切り板金と防水紙を設置...........

不陸調整

生駒市で屋根の工事をしています。前回は経年劣化により割れてしまっていた瓦を撤去していき、下地となっていた葺き土もすべてを撤去していきました。今回は長年の重量により凸凹が出来てしまっていたのでこのまま新しい屋根材を乗せていくことはできませんの...........

庇に桟木を設置

奈良市で築39年のいぶし瓦屋根をガルテクトに葺き替え工事を施工中で下屋部分の作業を行っています。前回はは下屋と庇の解体とバラ板の不陸調整を行いました。今回は、不陸調整したバラ板の上に構造用合板を重ね張りしメンテナンスを行っていきます。屋根材...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884