オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

橿原市で築34年の陶器瓦屋根をガルテクトに葺き替えと雨樋の交換


工事のきっかけ

瓦は耐用年数が長いもののメンテナンスは行わないといけません。

築34年の瓦屋根だった為、メンテナンスを兼ねて点検してもらいたくて屋根やさんを探しました。

検索ワードの一番初めに掲載されていた街の屋根やさん奈良店。オンライン相談もあり気軽に連絡出来ました。

早速現場調査に来てもらい、やはり経年劣化で一番上の瓦がずれていたりと雨漏りの懸念があることが分かりました。

長く綺麗にこの家を使っていきたいですし、敷地内に2棟あることもあり、まとめて葺き替え工事を依頼することにしました。

対応もよく丁寧に工事内容も説明して頂け、不安もなくなりました。

丁寧な対応が最後の一押しとなり依頼させて頂きました!

橿原市 屋根葺き替え,雨樋交換,足場

ビフォーアフター

before
棟瓦のズレから葺き替え工事へ
horizontal
after
ガルテクトに葺き変わった屋根2棟

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,雨樋交換,足場
施工期間
12日間
使用材料
スーパーガルテクト
施工内容その他
築年数
築34年
保証年数
10年
工事費用
280万円
建坪
45坪
ハウスメーカー
橿原市で築34年の陶器瓦屋根の葺き替え工事雨樋の取り換え工事を行いました。

屋根材はガルテクトを防水紙は改質アスファルトルーフィングを野地板は構造用合板・・
どれも最新の資材を使用し、雨や風に強い家にしていきます。

雨樋のメンテンナスは屋根の工事と一緒に行うとコストパフォーマンスのよくなるのでおすすめです。

では、工事についてご紹介していきます。よろしくお願い致します。




現場調査は丁寧に!屋根の状態を把握することが大切です。

棟瓦のズレから葺き替え工事へ
屋根は特殊な形状をした棟違い屋根です。

大きな家で同じ敷地に2棟建っておりどちらも施工依頼を頂きました。

経年劣化で棟瓦のズレにより雨漏りの懸念があるようです。

工事施工までは写真の様にシートをかぶせて対応します。

土のう袋と古い野地板
工事開始で瓦と葺き土の撤去を行います。

瓦や葺き土は重く、今回使用するガルテクトを葺き替えた時の屋根の重量と比べると1/10くらいになると言われています!

屋根の重量は耐震性にも関係ありますので屋根材を選ぶときのは参考にしてみて下さいね!

屋根の下地強化をしてくれる野地板と防水紙

野地板の増し張りと構造用合板
古い野地板は撤去せずに新しい野地板を重ね張りしていきます。これを野地板の増し張りと言います。

野地板は構造用合板を使用し、屋根の形に合わせてカット、敷き詰めて固定していきます。

耐震性、耐風性に強い野地板です。
防水紙と棟違いの屋根
防水紙は雨漏りに強い屋根にするために、できるだけ高性能なものを選択しましょう!

屋根材だけでなく防水紙も雨漏りの侵入を防いでいます。

屋根材を通りぬけた雨は防水紙により侵入を防いでいます。

防水紙設置で大切な取り合い部分

防水紙と棟違いの屋根
屋根の形状で雨漏りしやすいと言われている取り合い部分は立ち上げ部分をしっかり取り対策をとっていきます。

立ち上げ部分とは、屋根面から外壁に差し掛かった部分です。

写真でも屋根面から外壁に5㎝ほど防水紙が長く設置されています。

このあそびの部分が無いと境目から雨が侵入してしまい、雨漏りを引き起こしてしまうのです

棟違いの部分と防水紙
防水紙の後は屋根材の設置です!!!

最終工程ですね!!!

ガルテクトを設置していきます。

まわし葺きと言って、資材のロスが少なく無駄のない施工方法と言えます。
ジョイント部分は不規則ですが、あまり目立たないのでよっぽどのこだわりがない限りはこの葺き方でもいいと思います。

2棟完成!!!瓦屋根とは違う家になったようです!

ガルテクトに葺き変わった屋根2棟
屋根の葺き替え工事が完了しました。

2棟だった為通常よりも施工期間は長くなりました。

瓦屋根とは違い軽量で最新の屋根材となっています。
昨今人気のある金属屋根材です!!

雨の排水機能を担っている雨樋

雨樋の取り換え交換
屋根に降った雨は雨樋を通って排水されます。

雨樋はどんな家にもあり、あまり目立たない存在ですがとても大切部分なのです。

雨が外壁を伝い守りを起こしてしまったり、跳ね返りで外壁を汚してしまったり、雨音にも関係し私たちの生活環境にも関係しています。

耐用年数は15~20年です。
過ぎているなと思った方はまずは点検だけでもしてみることをおススメします。

今回は取り換え工事を行いました。

これにてすべての工事が終了しました。
ありがとうございました。

【工事完了後】

ガルテクトに葺き変わった屋根
取り合い部分は一番雨漏りの懸念があります。
ですので、しっかりと対策を立てて施工していきます!!!
ガルテクトに葺き変わった屋根
棟板金や谷板金を設置し隙間を覆っていきます。

雨の侵入を防ぎます。

屋根の一番上にあり風や雨の影響を受けやすい場所でもあります。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

生駒市で強風で瓦が落下しカラーベストへの葺き替えを施工しました

生駒市の葺き替え工事のbefore写真
生駒市の葺き替え工事のafter写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
築39年
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
125万円
施工事例

奈良市で2軒並びで無料点検から葺き替え・棟瓦交換工事をしました

無料点検
工事完了
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
使用素材
フジスレート瓦
築年数
26年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
180万円
施工事例

奈良市で築37年瓦屋根の強風被害で棟瓦や漆喰などの修繕工事施工

強風の影響で瓦の修繕工事
瓦の取り直しと漆喰の取り直し完了
工事内容
屋根葺き替え
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
使用素材
南蛮漆喰 棟瓦 平瓦
築年数
築37年
建坪
保証
10年
工事費用
41万円

同じ地域の施工事例

施工事例

橿原市で強風で破損したポリカ屋根のカーポートを新しく建て替えます

橿原市のカーポート工事前の様子
橿原市でカーポート設置後の様子
工事内容
その他の工事
台風
使用素材
リクシル フーゴF
築年数
築23年
建坪
保証
2年
工事費用
24万1000円
施工事例

橿原市築34年無料点検ご利用から棟瓦漆喰詰め直し施工までの流れ

漆喰の劣化と棟瓦
漆喰の詰め直しと棟瓦
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
南蛮漆喰
築年数
築34年
建坪
保証
10年
工事費用
25万円
施工事例

橿原市の瓦屋根、谷板金塗装・漆喰詰め直し・瓦の部分補修で不安解消

橿原市の瓦屋根、剥がれた漆喰
橿原市の瓦屋根、漆喰工事完成
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
その他塗装
使用素材
アクリルシリコン塗料・南蛮漆喰・釉薬瓦
築年数
築39年
建坪
保証
10年
工事費用
58万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

生駒市の葺き替え工事で防水紙を設置

生駒市で瓦からカラーベストへの葺き替え工事を施工中です。前回のブログでは野地板のメンテナンスの様子をお届けしました。今回はメンテナンスした野地板の上に防水紙を敷き、屋根材の『カラーベスト』を設置し葺き替え工事が完了した様子を書いていきます。

生駒市の葺き替え工事で不陸調整を実施

生駒市で瓦からカラーベストへの葺き替え工事を施工中です。前回は無料点検にお伺いし、応急処置の雨養生を施しました。そして本工事を開始し、瓦と葺き土を撤去したところまでお届けしました。今回は野地板のメンテナンスの様子をお届けします。

生駒市の釉薬瓦のお住まい

生駒市にお住まいのお客様から「瓦が落下したので見に来てほしい」とご連絡をいただきました。強風が吹いた次の日に発見し、心配になったとのことでした。現在は雨漏りの被害がなくとも瓦が破損・落下してしまうと、雨漏り被害が心配になりますよね。街の屋根...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884