オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

香芝市で取引先の工務店から依頼の新築住宅の屋根に立平葺きと換気棟


工事のきっかけ

香芝市で新築住宅を建てることになり、いつもお世話になっている優和工務店さんに屋根工事をお願いすることにしました。

今までにも何度か一緒にお仕事をさせていただきましたが、とても丁寧に作業されている様子を見ていましたので、安心してお任せすることが出来ました。
今回の工事も期待通りの出来上がりで、とても満足しています。

香芝市 その他の工事 新築住宅の屋根工事

ビフォーアフター

before
芝市の新築住宅の屋根工事施工前
horizontal
after
香芝市の新築住宅の屋根の棟板金

工事基本情報

施工内容
その他の工事
施工期間
3日
使用材料
立平葺ガルバリウム
施工内容その他
新築住宅の屋根工事
築年数
新築
保証年数
10年
工事費用
87万円
建坪
22坪
ハウスメーカー
香芝市で懇意にしている工務店さんからご依頼を頂き、新築住宅の屋根工事を行うことになりました。

使用する屋根材は立平葺きガルバリウム鋼板です。

大屋根は切妻屋根でその棟には換気棟を取り付けます。

今回の施工事例では、立平葺きと換気棟について少し詳しくご説明しようと思います。

屋根施工前の様子

香芝市の新築住宅の屋根工事施工前
現地に着くと、住宅の基礎はほぼ出来上がっていて、屋根と外壁の工事を残すのみとなっていました。

屋根に上ってみるとすでにルーフィング(防水紙)が張られていましたので、立平葺きガルバリウム鋼板を葺いていく作業からの開始となります。

今回、防水紙として改質アスファルトルーフィングが使用されていました。
屋根工事で汎用的に使用される防水紙にはアスファルトルーフィングがありますが、アスファルトルーフィングに合成樹脂やゴムなどを混ぜ合わせ、品質を改良したものが改質アスファルトルーフィングです。
アスファルトルーフィングに比べて温度変化に強く、高温でダレにくく、低温で割れにくいといった優れた特徴があり、耐久性も優れています。
また、タッカー留めで開いた穴を塞ぐセルフシール性の向上により、止水性もアップしています。
当社でも標準で使用している防水紙は改質アスファルトルーフィングです。
香芝市の新築住宅の下屋根施工前
大屋根から下を見てみると、下屋根があるのが分かります。

下屋根とは差し掛け屋根ともいい、2階建住宅の1階部分に母屋から差し出して作られた片流れの屋根の事です。
下屋根があるとその下の空間を有効活用できるのでとても便利ですが、屋根が増える分工事費用が高額になったり、外壁との接合部からの雨漏りリスクが高まるなどのデメリットもあります。
香芝市の庇の施工中
こちらの住宅には庇(ひさし)もありました。

庇は窓や出入り口の上に取り付けられている小さな屋根の事です。
下屋根に比べて面積が小さく、太陽の光が直接室内に入ることを遮る日よけや、雨水を入り込みにくくする雨除けの役割をしています。
庇があることで太陽光や雨水が直接壁や窓に当たらないので、汚れにくくなり、劣化もしにくくなります。

大屋根の屋根工事開始!

水切り板金の設置

香芝市の新築住宅の下屋根の水切り板金施工中
まず初めに、屋根のケラバに水切り板金を設置していきます。
水切り板金は設置する場所によって名称があり、ケラバに設置する板金はケラバ水切りと言います。

水切り板金には屋根下地への雨水の侵入を防ぎ、屋根材の下に侵入した雨水を排出することで雨漏りを防ぐ役割があり、雨仕舞と呼ばれます。

屋根にとって雨水は大敵なので、水切り板金の設置は重要な工程になります。
香芝市の新築住宅の屋根の水切り
次に軒先に水切り板金を設置します。
軒先に設置する板金は軒先唐草と言います。

唐草と言えば風呂敷の唐草模様などが思い浮かびますが、昔の建築では軒先などに葺く瓦の先端に唐草模様がついていることが多かったことから、軒先に取り付けられる板金のことを軒先唐草と呼ぶそうです。
そこから派生して、今ではケラバ水切りのこともケラバ唐草と呼ぶ職人さんもいるんですよ。

立平葺きの設置

香芝市の新築住宅の屋根工事施工中
屋根材の立平葺きガルバリウム鋼板を葺いていきます。

立平葺きは金属屋根の1つで、1枚ものの長尺の板金を縦に葺いていきます。
あらかじめ工場で加工された板金を使用するため工期が短い事や、板金の途中に遮るものがないので雨水がスムーズに流れるため、緩勾配の屋根でも雨漏りしにくいというメリットがあります。
材料費も安価で、屋根材の中で最軽量なので地震の揺れが小さくなり、耐震性に優れています

素材のガルバリウム鋼板は、防火性・防錆性・耐久性が高いアルミ亜鉛合金メッキ鋼板で、耐用年数は20年以上とも言われています。

立平葺きによく似た金属屋根に瓦棒葺きがありますが、こちらは凸部に心木と呼ばれる木材が入っており、木材は経年劣化によって腐食しやすいので、最近では新しく瓦棒葺きで施工することはほとんどありません。

棟換気設置の作業

香芝市の新築住宅の屋根工事施工中の換気棟
こちらの屋根には換気棟が取り付けられることになっています。

換気棟とは小屋裏の湿気や熱気を排出するために、屋根の棟部分に穴を開けて取り付ける部材の事です。
換気棟によって小屋裏を換気するシステムの事を棟換気と呼びます。
棟換気によって夏は室温を下げ、冬は嫌な結露を防ぎます。
香芝市の新築住宅の屋根工事施工中の換
金属屋根である立平葺きは、他の屋根材に比べ夏の暑さがこもりやすくなってしまうので換気棟がとても効果的で、冷房費の削減にもつながります。

換気棟を設置する部分を開けて、屋根全体に立平葺きを設置しました。

棟下地の施工

香芝市の新築住宅の屋根工事施工中の換気棟
換気棟を取り付けるため、棟部分の立平葺きを立ち上げます。
立ち上げた立平葺きに沿って、シーラーと言うスポンジのような部材を貼っていきます。
棟のある屋根の頂上は横風が吹きやすく、雨水は横風によって横方向に降り注ぎます。
棟の下地として設置する貫板は木材ですので、雨水に晒されることによって腐食しやすくなるため、雨水を弾いてくれるシーラーを設置するのです。
香芝市の新築住宅の屋根工事施工中の換気棟
換気棟を取り付ける部分にシーラーと貫板を設置し、換気棟の開口部に合わせて防水紙と野地板に穴を開けて捨て水切りを設置します。
棟部に穴を開けるので、雨漏りしないように十分な雨仕舞処理を施しておきます。

棟板金を設置したら大屋根の完成です。

それでは、完成した屋根の様子をご覧ください!


【工事完了後】

香芝市の新築住宅の屋根の棟板金
棟板金と換気棟を設置して大屋根が完成しました。
換気棟には金属屋根用換気棟『i-ROOF』を使用しました。
『i-ROOF』は、2013年にグッドデザイン賞を受賞しており、年々増加している金属屋根材に特化した意匠性と機能性を保ち、施工の容易性を兼ね備えています。

屋根材と棟が同色で一体感があり、スタイリッシュな仕上がりになりました。
香芝市の新築住宅の下屋根の立平葺き
下屋根にも立平葺きを設置しました。
壁との取り合いには、大屋根の棟同様にシーラーと貫板を取り付けて板金を被せ、側面を釘でしっかりと固定しました。

立平葺きは緩勾配でも雨漏りしにくい屋根材と言われていますので、大屋根より勾配の緩い下屋根にも安心して設置出来ますね。
香芝市の新築住宅の庇にガルバリウム鋼板
庇にガルバリウム鋼板を設置して工事の全工程が完成しました。

外壁との取り合いには取り合い板金を設置して、雨漏りを防止しています。

外壁部分に防水紙がはみ出していますが、このまま外壁工事担当へバトンタッチします。

ご依頼頂きありがとうございました。
私たちも住宅の完成を楽しみにしています。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

天理市で釉薬瓦からカラーベストへの葺き替えとベランダの波板交換

天理市の屋根葺き替え工事のbefore写真
天理市の屋根葺き替え工事の完成写真
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
カラーベスト ポリカ波板
築年数
築41年
建坪
18坪
保証
10年
工事費用
120万円
施工事例

大和郡山市で新築分譲住宅の屋根工事の依頼、カラーベスト屋根が完成

大和郡山市の新築分譲住宅の屋根工事施工前
大和郡山市の新築分譲住宅の屋根工事施工後
工事内容
その他の工事
使用素材
カラーベスト
築年数
新築
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
110万円
施工事例

生駒市の崩れた棟瓦はガイドライン工法と乾式工法で自然災害対策!

生駒市の崩れた棟瓦
生駒市の大屋根の工事完成
工事内容
棟瓦取り直し
その他の工事
足場
使用素材
7寸丸瓦・ガルバリウム鋼板
築年数
築28年
建坪
保証
10年
工事費用
96万円

同じ地域の施工事例

施工事例

香芝市で築21年のシングル屋根で台風の被害を放置の結果被害が拡大

アスファルトシングルを剥がし防水紙が見えた所
差し掛け屋根にガルテクトを設置
工事内容
屋根カバー工事
足場
台風
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築21年
建坪
21坪
保証
10年
工事費用
95万円
施工事例

香芝市で太陽光発電システム設置のため平板瓦屋根補強の葺き直し工事

香芝市の平板瓦屋根施工前
香芝市の平板瓦屋根の葺き直し工事完成
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
構造用合板・改質アスファルトルーフィング
築年数
築25年
建坪
22坪
保証
10年
工事費用
95万円
施工事例

香芝市で経年劣化したスレート屋根の無料点検からカバー工法で工事

カバー工法
カバー工法
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
築年数
築28年
建坪
31坪
保証
10年
工事費用
128万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

強風でパネルがはじけ飛んだカーポート

橿原市で強風で壊れたカーポートについてお問い合わせをいただきました。実を申しますと、私がとても懇意にさせていただいておりますお客様で、昨年に屋根と外壁の工事をさせていただきましたリピーターのお客様になります。強風のいたずらによって起きました...........

天理市の雨漏り修理でカラーベスト設置

天理市の釉薬瓦の二階建てのお住まいで雨漏りが原因の屋根葺き替え工事を施工中です。前回はメンテナンスした野地板の上に防水紙(ルーフィング)を敷き防水対策を行い、水切り金具を設置し雨仕舞いを行いました。今回は屋根材の『カラーベスト』を設置し屋根...........

天理市の二階建て住宅

天理市にお住まいのお客様から「雨漏りがしているので見に来てほしい」とお電話をいただきました。だんだんと天井にシミが広がっており、雨が降るとポツポツと漏ってくるとのことでした。早速、現地にお伺いし無料点検を実施しました。今回は現地調査の様子と...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884