オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
街の屋根やさん
街の>屋根やさん
街の屋根やさん

桜井市の築15年の瓦棒葺屋根を葺き替えで屋根材を剥がしていきます

前回は屋根の、メンテナンスからさせて頂きました。

見た目では、特に異常は見られませんでした。


太陽光発電の設置を希望と言う事でしたので、ガルバリウムを剥がして下地材のメンテナンスをしていきます。
ガルバリウムを剥がすと、ルーフィング(防水紙)が出てきました。

ルーフィングは、屋根材のみでは防ぐ事の出来ない雨の侵入を防ぐ、大事な役割をしてくれます。


野地板は張り替えではなく、構造用合板を重ねて張っていきます。

このことを「増し張り」といいます。

増し張りは、屋根の強度が強くなり、増し張りをする事で断熱効果が増すと言われています。
増し張りの次は、新しいルーフィング(防水紙)を貼ります。

ルーフィング貼りの作業は、とても重要な作業になり、怠ると雨漏りの原因となります。

次回は、屋根葺き替え工事の最終工程の御説明をさせて頂きますので、宜しく御願い致します。

この工事と同じ工事を行った現場ブログ

  • 街の屋根やさん10のお約束
  • 不安ゼロ宣言
  • リフォーム瑕疵担保保険JIO
  • 充実の長期保証
  • マイスター制度
ここまでやります無料点検
お住まいの地域の屋根工事会社が見つかる街の屋根やさんポータルサイトはこちら
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!
0120-303-884