生駒市で築40年が経過する和瓦屋根の野地板・防水紙・瓦桟の設置


生駒市にお住いの和瓦屋根のお客様より、屋根の無料点検のお問い合せをいただきました。

築40年が経過しており、雨漏りが気になる点と、これからの地震台風などの自然災害への対策をご検討されていました。
前回のブログで、片面の和瓦を撤去しましたので、
今回は、野地板・防水紙・瓦桟の設置をご紹介します。

野地板を設置していきます

瓦撤去後写真
今回は、左側の屋根面のみの葺き替えですので、
左側のみ和瓦を撤去しました。
撤去後、土や瓦桟も撤去して、綺麗になった状態です。
この上から、野地板を増しばりしていきます。

野地板設置後写真
構造用合板を使って屋根の強度や密閉性を高めていきます。

今回は、一番オーソドックスな12mmを使用します。
電動釘打ち機を使い、順序良く進めていきます。
屋根上にはコンセントがない為、地上から引っ張って電気を使います。
ですので、写真のように屋根上にはコードが置いてありますので、足を引っ掛けないように注意しましょう。
野地板設置後写真
改めて見ると、屋根の勾配がきつく、風などが強ければ飛ばされてしまいそうになります。

なので、職人さんは地下足袋というものを履いて作業しています。
ゴム底なので滑りにくいという特徴があります。

防水紙と瓦桟も設置します

防水紙設置後写真
防水紙の設置ですが、軒下部分から貼っていきます。

少しずつ重ねて大棟部分まで貼ります。
軒下から貼ることで、雨水が下地に流れて行くことを妨げ、雨漏りを防いでくれます。
防水紙設置後写真
そして、タッカーで確実に留めていきます。

1つ1つは簡単な作業ですが、
連続して留めていると、足腰が結構つらくなる作業です。

瓦桟設置後写真
次に新しい瓦を引っ掛けるための瓦桟を設置します。

新しい瓦の縦の長さによって幅が変わってきますので注意しましょう。
今回は、横一列の桟木設置ですが、場合によっては縦にも桟木を設置したりすることがあります。
その場合、瓦の寸法も気にかけなければなりませんね。

設置前後の写真です

before1
瓦撤去後写真
野地板を設置する前の写真です。

前回の野地板が若干弱っているように見えますね。


horizontal
after1
瓦桟設置後写真
野地板の増しばりもしましたし、屋根の層が今回リセットされました。



同じ工事を行った施工事例

施工事例

生駒市の築30年のセメント瓦を片面のみ新和瓦に葺き替えました

屋根施工前
完成
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
新和瓦
築年数
築30年
建坪
18坪
保証
10年
工事費用
100万円
施工事例

御所市で築30年の雨漏りでお困りの和瓦屋根を新和瓦へ葺き替えました

施工前
完成
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和瓦
築年数
築30年
建坪
12坪
保証
10年
工事費用
72万円
施工事例

奈良県桜井市の築15年の瓦棒葺き屋根を立平葺きに葺き替えました

屋根葺き替え前
屋根葺き替え後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
立平葺ガルバリウム
築年数
築15年
建坪
18坪
保証
10年
工事費用
95万円

同じ地域の施工事例

施工事例

生駒市の築30年のセメント瓦を片面のみ新和瓦に葺き替えました

屋根施工前
完成
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
新和瓦
築年数
築30年
建坪
18坪
保証
10年
工事費用
100万円
施工事例

生駒市で築30年になる和瓦屋根で玄関付近の軒破風板金巻き工事

工事前の玄関付近の様子
破風板に板金を巻いた様子
工事内容
破風板板金巻き工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築30年
建坪
保証
10年
工事費用
4万8千円
施工事例

生駒市で土葺き和瓦屋根をスレート屋根のカラーベストに葺き替え

工事前の大屋根の様子
スレート材設置の屋根の様子
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
カラーベスト
築年数
築37年
建坪
37坪
保証
10年
工事費用
150万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下屋根

奈良県王寺町で経年劣化のセメント瓦屋根のお宅で、ガルテクトへの葺き替え工事を行っています。前回のブログでは、下屋根のセメント瓦を剥がしました。今回は、セメント瓦を剥がした下屋根に新しい野地板を増し張りしていきます。では、前回の振り返りから・...........

防水紙を設置した屋根

香芝市で築20年になる波板屋根の、葺き替え工事をさせていただくことになりました。お住まいのリフォームを検討されていて、結果、屋根の葺き替えをすることに決定いたしました。金属製の波板から、雨漏りに強い立平葺きに葺き替えさせていただくことになり...........

大屋根葺き替え完成

奈良県斑鳩町でセメント瓦屋根を、横暖ルーフに葺き替えさせていただくことになりました。セメント瓦の状態として、経年劣化が否めない状態でした。築40年も経ちますと、このような状況になっても仕方がないかな、という状況です。前回ブログでは、大屋根部...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884