オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

奈良市で長屋の連棟の瓦屋根をカラーベストに葺き替えます


奈良市で長屋の連棟の瓦屋根カラーベスト葺き替える工事をしています。
雨漏りでお困りのお客様のお宅に現地調査に伺い、屋根の状態を確認したところ、瓦が大変傷んでいたことから、屋根の葺き替えをご提案しました。
屋根材に関してはお客様のご要望もあり、耐震効果も考えて、カラーベストへの葺き替えでご納得頂きました。
今回は、瓦を撤去したところからご紹介します。

前回のブログはコチラ

瓦を撤去していきます

屋根修理のための瓦撤去
瓦を撤去していきます。

こちらの屋根は土葺工法で施工されていて、瓦の下に葺き土と呼ばれる土が敷かれている屋根です。
土葺工法とは葺き土の粘着力で瓦を固定する施工法で、阪神大震災以前にはよく行われていた工法です。
土葺工法の葺き土は室内の湿気を排出してくれたり、室温の上昇を抑えてくれたりする特徴があり、呼吸する屋根とも呼ばれていましたが、震災時に葺き土と瓦の重さから屋根の倒壊による被害が大きかったことで、衰退していきました。

葺き土を撤去しました

屋根修理のための杉皮撤去
葺き土を綺麗に撤去しました。
その下には下葺材として杉皮が敷かれています。
築40年ともなると下葺材の劣化具合に驚きました。
現在のルーフィングの役割をしていたものだと考えると、この状態では雨漏りするのも無理はありませんね。


杉皮撤去
下葺材の杉皮を撤去していきます。
その下にはバラ板が敷かれています。

葺き土と下葺材を綺麗に取り除きました

葺き土撤去
葺き土と下葺材を綺麗に取り除きました。

取り除いた土と杉皮は土のう袋に詰めて、廃棄します。
階下に落下させることが無いように、注意しながら作業します。

バラ板に穴が開いています

屋根修理工事の工程でバラ板が登場
杉皮を綺麗に撤去して、バラ板の全貌が見えてきました。
穴が開いていますね。

昔の屋根の野地板は現在のコンパネのようにしっかりした合板ではなく、このような板が全体に敷き詰められていました。
劣化によって破損しています。年月を感じさせられますね。
バラ板撤去
こちらは日の当たらない方の屋根です。

バラ板の色が変わっています。
瓦を通過した雨水が葺き土も下葺材も通り抜け、野地板であるバラ板まで到達していた証拠です。
日が当たらない為、常に乾くことがなかったのでしょう。
板そのものが腐っています。

隣の屋根との境目はしっかり分けます

連棟屋根
今回のお宅は長屋の連棟の一軒ということで、屋根ももちろんつながっています。
この工事をしたことで、お隣の屋根に雨漏りを生じさせるようなことは絶対に避けなければなりません。
特に丁寧に切り分け作業を行います。

今回のブログはここまでです。
次回は新しい野地板を貼っていきます。

次のブログはコチラ

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

防水紙と瓦桟木設置

奈良市で築38年の瓦屋根は台風の影響で経年劣化した屋根を直撃、瓦は剥がれ破損、下屋根は倒壊しました。前回は、下屋根の下地作りで垂木と野地板の張り直しを行いました。今回は、防水紙を張り瓦桟木を設置して瓦を葺き土で固定していきます。では工事の様...........

瓦の撤去後垂木の修理

奈良市で築35年の瓦屋根のお住まいが台風の被害に遭いました。経年劣化と台風の威力が重なり、瓦が耐えられなかったのが原因です。前回は、大屋根部分の棟瓦の取り直しと平瓦の補修工事を行いました。今回は、下屋根部分の解体撤去後、垂木や野地板を施工し...........

大阪市内の瓦屋根の現調写真

こんにちは!街の屋根やさん奈良店です。大阪市内に住む友人から、訪問販売の屋根業者が来て屋根工事を勧められているが信用できないので点検してほしいとの相談を受けて、無料点検に伺いました。前回のブログでは、屋根の無料点検のご紹介をしました。街の屋...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884