オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

生駒市のカラーベスト屋根が毛細管現象で雨漏り、一部葺き替え工事


生駒市でスレート屋根にお住まいのお客様より、雨漏りの緊急連絡をいただきました。
屋根の状態を確認させていただきましたところ、毛細管現象で雨漏りが発生している模様です。

劣化による痛みで、ルーフィングの状態も芳しくありません。

野地板を増し張りして、屋根を補修させていただきます。
よろしくお願いいたします。

屋根材を剥がしてみたところ、、、

スレートを剥がした屋根
屋根材を剥がしてみたところ、ご覧のような状態です。

ルーフィングが波打ち、沢山の大きな皺ができています。
ある程度の湿気や雨水は、このルーフィングによって防水されるのが通常ですが、この様子を見ますと雨漏りが起きていても仕方ありません。

比較してみてください

スレートを剥がした屋根
雨漏りの発生原因としましては、屋根材の破損や経年劣化が一般的ですが、今回のお客様のように見た目では非常にわかりづらい雨漏りも起こることがあります。

屋根材が毛細管現象を起こし、雨水を吸い込む、もっと詳しく言いますと、吸い上げるといったほうが適切です。
野地板を張った屋根
この現象により、雨水が屋根の下地に回っていき、室内への雨水の侵入を許してしまうケースです。

水分を含んだ野地板は、当然腐りやすくなり、お住まいの傷みをどんどん進めてしまいますので、新しく野地板を重ね張りさせていただきます。

屋根は人の体で言う頭の部分です

スレートを剥がした屋根
屋根というのは人の体で例えますと、言わば頭の部分にあたると思います。

雨風や紫外線の影響を一番受けるところ。

大切にしてあげることを忘れてはならないと思います。
野地板を張った屋根
構造用合板を使って、下地を重ね張りすることを「増し張り」といいます。

少しだけ屋根の重量が増えてしまいますが、それ以上に頑丈な屋根へと変身してくれます。

ルーフィングは雨漏りの最後の砦

屋根材を剥がしてみたところ
今回のように見た目はどうもないのに、毛細管現象で雨漏りが発生するケースは、スレート屋根に多く見られます。

屋根材の重なり部分にある程度の隙間を作ってやることが、通気性を良くし雨水の吸い上げを防いでくれます。
野地板を張った屋根
2次防水として、ルーフィングと野地板の適切な施工を行うことが、雨漏り防止の重要なカギになります。

新しく野地板とルーフィングを設置しましたら、新しい屋根材を葺いていきたいと思います

続きのの工事については、次回のブログをご覧いただけましたら、嬉しく思います!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

生駒市で築38年の瓦屋根を大屋根・下屋共に葺き替え、雨樋も交換

瓦の一列が剥がれています
瓦からガルテクトへ変身
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト パナソニック製雨樋PC50
築年数
築38年
建坪
32坪
保証
10年
工事費用
195万円
施工事例

奈良市で豪邸の複合瓦屋根を新しいいぶし瓦屋根へ屋根工事と雨樋交換

奈良市の瓦屋根施工前
奈良市の瓦屋根施工後
工事内容
破風板板金巻き工事
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
いぶし瓦・塩ビ雨樋
築年数
築58年
建坪
40坪
保証
10年
工事費用
325万円
施工事例

生駒市で青い陶器瓦を金属屋根に葺き替え工事と雨樋の全面交換工事!

生駒市で青い陶器瓦屋根の無料点検
生駒市で完成したスーパーガルテクト屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築39年
建坪
18坪
保証
10年
工事費用
170万円

同じ地域の施工事例

施工事例

生駒市で築38年の瓦屋根を大屋根・下屋共に葺き替え、雨樋も交換

瓦の一列が剥がれています
瓦からガルテクトへ変身
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト パナソニック製雨樋PC50
築年数
築38年
建坪
32坪
保証
10年
工事費用
195万円
施工事例

生駒市で青い陶器瓦を金属屋根に葺き替え工事と雨樋の全面交換工事!

生駒市で青い陶器瓦屋根の無料点検
生駒市で完成したスーパーガルテクト屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築39年
建坪
18坪
保証
10年
工事費用
170万円
施工事例

生駒市で築35年の陶器瓦屋根を最新のガルテクトに葺き替え工事

和風陶器瓦の経年劣化
ガルテクト設置完了
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
ガルテクト
築年数
35年
建坪
32坪
保証
10年
工事費用
250万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰の詰め増しが以前されている瓦屋根

香芝市で築36年の釉薬瓦屋根の経年劣化にてメンテナンスのご相談がありました。瓦の耐用年数は長い方なのですが、きちんとメンテナンスを行うからこその耐用年数なのです!特にビスで固定されていない瓦は、強風や悪天候の後ほど点検だけでも行うといいでし...........

下屋の瓦撤去と葺き土

生駒市で築38年の瓦屋根の下屋部分をガルテクトに葺き替え工事を施工。前回は大屋根部分の葺き替えが完了し屋根が完成しました。今回は下屋部分の葺き替え工事の流れを総まとめでご紹介していきます。基本的な工事の流れは大屋根も下屋も同じです。ですので...........

棟板金の下地設置

生駒市で築38年の瓦屋根の葺き替え工事最終工程に差し掛かりました。大屋根部分の後には下屋部分の工事もご紹介しますが、ひとまず大屋根部分は間もなく完成を迎えます!!!前回は屋根の最重要事項である防水紙の設置をご紹介しました。今回は、棟板金の下...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884