オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

生駒市の谷樋のある複合タイプの瓦屋根の谷板金の交換をしました


生駒市で谷樋のある複合タイプ瓦屋根のお宅で、強風により崩れた棟瓦からの雨漏りの補修のための取り直し工事を行っています。
無料点検の結果、屋根の棟瓦全部を取り直すことになりました。


今回のブログは、谷板金を交換して大屋根の工事を完成させます。

大屋根の谷樋

生駒市の大棟の谷樋
谷樋は屋根と屋根が取り合う部分で、排水機能の役割を持った部位の事です。
金属製の板金が取り付けられており、谷板金と呼ばれます。

谷樋は屋根に降り注いだ雨水を集中させる造りになっているため、雨水に晒される時間が長く、板金の腐食が進みやすくなり、板金に穴が開くことで雨漏りが生じることもあります。
また、雨水と共に流れ込んだゴミや木の葉などで通り道を塞いだり、昨今の集中豪雨で想定外の量の水が流れるなどして、雨水がオーバーフローを起こし、屋根材の下に浸水して雨漏りが生じることもあります。
谷樋があるお宅で雨漏りが発生すると、まず初めに谷樋の浸水を疑うほど、谷樋は雨漏りリスクの高い箇所です。

幸いこちらの屋根では谷樋からの雨漏りは生じていませんでしたが、板金の劣化が激しかったために谷板金の交換を行うことになりました。

谷板金の交換工事

生駒市の大棟の谷板金の交換
古い谷板金を取り除くために、谷樋の周囲の瓦を一旦取り除きます。

谷樋は瓦に隠れているため、普段あまり目にすることはありません。
そのため、知らないうちに劣化が進んでいることはよくあります。
こちらの谷樋も板金が劣化して、雨漏りがいつ生じてもおかしくない状態でした。
生駒市の大棟の谷板金の交換
板金を取り除いて綺麗に掃除をすると、防水紙(ルーフィング)が現れました。
防水紙も板金同様に劣化していましたが、幸い穴は開いていませんでしたので、防水紙が雨漏りを防いでくれていたのでしょう。

雨漏りリスクの高い谷樋には、新しい防水紙を重ね張りして防水効果を高めましょう。
生駒市の大棟の谷板金の交換
新しく貼り直した防水紙の上に、新しい板金を設置していきます。

新しい板金にはガルバリウム鋼板製の物を使用します。
ガルバリウム鋼板は、アルミニウム・亜鉛・シリコンから成るアルミ亜鉛合金メッキ鋼板です。
生駒市の大棟の谷板金の交換
ガルバリウム鋼板は最近よく耳にします。
同じ金属製の板金であるトタンに比べると約3~6倍の耐久性を発揮し、錆びにくく、腐食しにくいので、ガルバリウム鋼板の耐用年数は25年~30年と言われています。
生駒市の大棟の谷板金の交換
谷板金の設置が完了したら、谷板金交換のために一旦取り除いておいた瓦を元に戻していきます。
生駒市の大棟の谷板金の交換完成
撤去しておいた瓦を元通りに並べ直して、谷板金の交換が完成しました。

瓦屋根にある谷樋の場合は、このように谷樋の周囲の瓦のみを撤去して作業できますが、屋根材が瓦以外の場合は、谷樋に接する2面の屋根材を剥がさなければならず、工事費用が高額になってしまいます。

雨漏りリスクの高い上に、見えにくい谷樋の劣化は、雨漏りが生じるまで気付かないことが多いですが、雨漏りが起こってしまってからでは大工事になってしまいます。
小さな不具合のうちに対処できるように、こまめにメンテナンスを行っていただきたいと思います。
定期点検のご用命は街の屋根やさん奈良店にご連絡お待ちしております。

大屋根の棟瓦取り直し工事の完成!

生駒市の大屋根の工事完成
谷板金の交換が終わったので、棟に冠瓦を取り付けました。
もちろん、他の棟瓦同様、こちらも冠瓦一本伏での施工です。

土葺き工法のように、土の粘着力や銅線で結んで固定するという耐震性に弱い施工法ではなく、屋根の基礎となる垂木に棟補強金具をしっかりと固定し、補強金具に固定した棟芯材に冠瓦をビス止めするため、屋根下地と棟瓦が連結し、地震や台風などの自然災害にも耐えうる棟瓦が出来上がりました。

棟瓦の固定に使用されていた葺き土を撤去したため、棟瓦の軽量化を図ることが出来ました。

以上で、大屋根の棟瓦取り直し工事と谷板金の交換は終了です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

生駒市の崩れた棟瓦はガイドライン工法と乾式工法で自然災害対策!

生駒市の崩れた棟瓦
生駒市の大屋根の工事完成
工事内容
棟瓦取り直し
その他の工事
足場
使用素材
7寸丸瓦・ガルバリウム鋼板
築年数
築28年
建坪
保証
10年
工事費用
96万円
施工事例

奈良市で築35年の瓦の修繕と漆喰の詰め直し屋根の寿命が延びます

ケラバの剥がれと破損
ケラバの剥がれと破損
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め増し
漆喰詰め直し
使用素材
漆喰
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
38万円
施工事例

橿原市の雨漏り修理のため、棟瓦積み直し工事と外壁のクラック補修

橿原市の和瓦屋根の崩れた棟
橿原市の和瓦屋根の崩れた棟の積み直し完成
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
その他の工事
使用素材
いぶし瓦・シリコン材
築年数
築36年
建坪
保証
10年
工事費用
41万円

同じ地域の施工事例

施工事例

橿原市の雨漏り修理のため、棟瓦積み直し工事と外壁のクラック補修

橿原市の和瓦屋根の崩れた棟
橿原市の和瓦屋根の崩れた棟の積み直し完成
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
その他の工事
使用素材
いぶし瓦・シリコン材
築年数
築36年
建坪
保証
10年
工事費用
41万円
施工事例

橿原市で築34年の陶器瓦屋根をガルテクトに葺き替えと雨樋の交換

棟瓦のズレから葺き替え工事へ
ガルテクトに葺き変わった屋根2棟
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築34年
建坪
45坪
保証
10年
工事費用
280万円
施工事例

橿原市で劣化により割れた釉薬瓦からガルテクトへ葺き替え工事

葺き替え工事
葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
39年
建坪
19坪
保証
10年
工事費用
120万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

生駒市の下屋根の棟瓦点検

生駒市で強風で崩れた棟瓦からの雨漏りの補修工事を行っています。前回のブログでは、大屋根の谷板金の交換が完了しました。今回は、下屋根の土葺き工法で施工された棟瓦を大屋根の棟瓦同様に乾式工法で取り直し、棟瓦の軽量化を図ります。この工事の完了をも...........

生駒市の崩れた大屋根の棟瓦

生駒市の強風で棟瓦が崩れて雨漏りが生じてしまったお家で、棟瓦取り直し工事を開始することになりました。元の棟瓦は土葺き工法で施工されていましたが、乾式工法で施工することで耐震性を向上させることが出来ます。前回のブログでは、無料点検の様子をご報...........

生駒市の棟瓦が崩れたいぶし瓦屋根

生駒市にお住いのお客様から瓦屋根の雨漏りの件でお問い合わせを頂き、無料点検のために現地にお伺いいたしました。谷樋もある複合タイプの大きないぶし瓦屋根のお宅で、土葺き工法で施工された棟瓦が崩れて雨漏りを生じさせていました。今回は、無料点検の様...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884