オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

生駒市の下屋根の土葺き工法で施工された棟瓦を乾式工法で軽量化!


生駒市で強風で崩れた棟瓦からの雨漏り補修工事を行っています。


今回は、下屋根の土葺き工法で施工された棟瓦を大屋根の棟瓦同様に乾式工法で取り直し、棟瓦の軽量化を図ります。

この工事の完了をもって、全ての工事が完了します。

下屋根の無料点検

生駒市の下屋根の棟瓦点検
下屋根の無料点検の様子です。

大屋根の棟瓦以上に下屋根の棟瓦は大きく崩れていました。

崩れた棟瓦の部分からも雨漏りが生じていました。

雨漏りしていた棟にはお客様がご自身で、ビニールシートを被せて応急処置をされていました。

土嚢袋に入れた重しもしっかりと乗せられています。

おかげで、雨漏りは止まっていました。
生駒市の下屋根の棟瓦点検
雨漏りを放置することは、建物の劣化を進めてしまう恐れもあり、決して軽視できません。

雨漏りによって、屋根の基礎部分が傷んでしまったり、カビや腐食によって劣化が広がってしまうと、思ったより大きな工事になり、工事代金が跳ね上がってしまったということもあります。
また、漏電を引き起こし、火災が発生することも多々あるのです。
生駒市の下屋根の棟瓦点検
本格的な工事が始まる前に応急処置として、雨漏りを止める作業を『雨養生』と言います。

街の屋根やさんでは、工事前や工事中もこの『雨養生』を丁寧にさせていただいています。

応急処置のために屋根に上ることは、落下する危険性があります。
また、劣化箇所を踏むことで被害が拡大してしまうかもしれません。

下屋根の棟瓦取り直し工事

ガイドライン工法で棟瓦の施工中

生駒市の下屋根の棟瓦点検
ビニールシートを外して、崩れた棟瓦と葺き土を取り除きました。
土嚢袋に詰めて、階下へ降ろしていきます。

棟瓦の部分だけとはいえ、結構な重量がありますので、棟瓦撤去の工程はとても重労働です。
生駒市の下屋根の棟芯材
屋根の基礎となる垂木に沿って、棟補強金具をビス止めします。
棟補強金具に、棟芯材をやはりビス止めすると、屋根下地から棟芯材が一体化されます。

この構造で施工することによって、耐震性や耐風性に優れた棟になります。
このような施工方法を『ガイドライン工法』と言います。
生駒市の下屋根の棟瓦積み直しハイロール設置
ガイドライン工法で棟芯材を固定し、瓦は南蛮漆喰で固定する方法もありますが、こちらの工事では、大屋根の棟瓦同様に乾式面戸シート『ハイロール』を使用します。

棟1mを南蛮漆喰で施工すると約10㎏になるのに対して、乾式面戸シートで施工すると約600gです。
棟瓦の軽量化は、屋根への負担軽減にもなります。

下屋根の棟瓦取り直し工事完成

生駒市の下屋根の棟瓦積み直し完成
乾式面戸シートをピッタリと張り付けた棟に、冠瓦をまっすぐに整列させながら被せていきます。

冠瓦には7寸丸瓦を使用し、冠瓦一本伏で施工しています。

丸瓦の頂上にある穴から棟芯材へ釘を打ち込んで固定します。

これで、垂木・棟補強金具・棟芯材・丸瓦が連結されました。


生駒市の下屋根の棟瓦積み直し完成
『ガイドライン工法』は2001年に設定されましたが、『ガイドライン工法』に従って棟瓦取り直し工事を施工することは、強制ではありません。

『ガイドライン工法』での工事の説明をさせていただいても、初期費用が高価になるため、お客様によっては選択されない方が多数いらっしゃいます。
ですが、選択しないことと説明がなく選択出来ないことでは、大きく違います。
地震や台風でも崩れにくい、軽量化された棟瓦をご希望でしたら、是非『ガイドライン工法』での工事を業者に依頼してください。
生駒市の下屋根の棟瓦積み直し完成
下屋根の棟瓦取り直し工事が完成しました。

足場を解体したら、今回の工事の全工程が完了です。

雨漏りが止まり、お客様には大変喜んでいただきました。

瓦屋根は、屋根材の中では最も耐用年数が長いですが、末永く安心して生活していけるように、今後ともこまめにメンテナンスを行なっていただきたいと思います。

当社に工事をご依頼いただきまして、ありがとうございました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

生駒市で築31年アパート瓦屋根の補修工事は棟瓦と漆喰の取り直し

棟瓦の歪み
面戸の漆喰詰め直し
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
陶器瓦 南蛮漆喰 銅線
築年数
築31年
建坪
保証
10年
工事費用
28万円
施工事例

生駒市の崩れた棟瓦はガイドライン工法と乾式工法で自然災害対策!

生駒市の崩れた棟瓦
生駒市の大屋根の工事完成
工事内容
棟瓦取り直し
その他の工事
足場
使用素材
7寸丸瓦・ガルバリウム鋼板
築年数
築28年
建坪
保証
10年
工事費用
96万円
施工事例

奈良市で築35年の瓦の修繕と漆喰の詰め直し屋根の寿命が延びます

ケラバの剥がれと破損
ケラバの剥がれと破損
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め増し
漆喰詰め直し
使用素材
漆喰
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
38万円

同じ地域の施工事例

施工事例

橿原市の雨漏り修理のため、棟瓦積み直し工事と外壁のクラック補修

橿原市の和瓦屋根の崩れた棟
橿原市の和瓦屋根の崩れた棟の積み直し完成
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
その他の工事
使用素材
いぶし瓦・シリコン材
築年数
築36年
建坪
保証
10年
工事費用
41万円
施工事例

橿原市で築34年の陶器瓦屋根をガルテクトに葺き替えと雨樋の交換

棟瓦のズレから葺き替え工事へ
ガルテクトに葺き変わった屋根2棟
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築34年
建坪
45坪
保証
10年
工事費用
280万円
施工事例

橿原市で劣化により割れた釉薬瓦からガルテクトへ葺き替え工事

葺き替え工事
葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
39年
建坪
19坪
保証
10年
工事費用
120万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟瓦の歪み

生駒市で築31年のアパートメント瓦屋根の補修工事を行っています。前回は、隅棟の棟瓦の取り直しを行いました。今回は大屋根部分の棟瓦の一部取り直しと面戸の漆喰の詰め直しを行っていきます。では、工事の様子をごらんください!!

棟瓦の解体と葺き土

生駒市で2階建てアパートの瓦屋根の補修工事を行います。今回の補修工事内容は①棟瓦の取り直し②面戸の漆喰詰め直し です。前回のブログでは現場調査と無料見積もり作成の様子をご紹介しました。今回は工事開始で①の棟瓦の取り直し工事についてご紹介しま...........

棟瓦の取り直しとシート

生駒市で築31年のアパートの瓦屋根の無料見積もりのお問い合わせがありました。オンライン無料相談から連絡が入り早速現場調査に向かいます。築年数的には定期メンテナンスの時期に差し掛かっています。屋根やさんとしては是非ともお客様のお役に立ちたいと...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884