オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

生駒市で台風被害の和瓦屋根をスレート屋根に葺き替えました


工事のきっかけ

生駒市の築60年の木造2階建ての和瓦屋根のお宅のお客様から、台風被害で傷んだ屋根から、雨漏りがするようになったとご相談いただきました。
早速現地調査に伺い、屋根の状態を確認いたしました。

生駒市 屋根葺き替え 和瓦からスレート瓦への葺き替え

ビフォーアフター

before
生駒市瓦 
horizontal
after
スレート貼り2

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え
施工期間
5日間
使用材料
カラーベスト
施工内容その他
和瓦からスレート瓦への葺き替え
築年数
約50年
保証年数
10年
工事費用
95万円
建坪
28坪
ハウスメーカー
現地調査に伺い、早速屋根に上ってみました。
長年雨風にさらされた瓦は色あせていました。
台風でズレたり、はがれたりしているところがありました。
そのために、雨漏りが起こっているのです。
お客様は次に来るかもしれない台風はもちろんのこと、頻繁に各地で起こっている地震にも不安を抱えていらっしゃいましたので、今回は、和瓦より軽量のスレートへの葺き替えをご提案し、承諾いただきました。

瓦を撤去していきます

生駒市瓦 
瓦を一枚ずつ丁寧にはがしていきます。こちらのお宅は切妻という形状の屋根で、傾斜が急なため、足を滑らせて怪我をしないように、また、はがした瓦を落として、歩行者に怪我をさせたりしないようにと注意しながら、慎重に作業を進めていきます。

葺き土を撤去していきます

生駒市瓦撤去
瓦を全部はがし終えると、土が大量に敷き詰められています。
瓦の下に敷き詰められている土のことを葺き土といい、葺き土の粘着力で瓦を固定する工程を土葺工法といいます。
昭和初期から一般的に行われてきた工法ですが、阪神淡路大震災で多くの土葺工法の瓦屋根が倒壊したことがきっかけとなり、近年では葺き土を使わない工法が主流となっています。
生駒市土撤去
葺き土を下に落とさないように丁寧に取り除いていきます。
取り除いた葺き土は土のう袋50個以上にもなります。
これだけの土が屋根に乗っているのですから、重量もかなりのものです。
葺き土を取り除くと杉皮が敷かれていました。
土葺工法の屋根には防水シートの代わりに杉皮が敷かれていたようです。

野地板をはっていきます

生駒市野地板貼り2
葺き土を取り除いた屋根に野地板(コンパネ)を貼っていきます。隙間を作らないように丁寧に作業していきます。

生駒市下家
こちらのお宅の屋根は1階と2階の間に部分に少し出っ張った屋根があります。
これを下屋といいます。
下屋があるとその下に雨に濡れないスペースができます。
こちらのお宅は、1階の窓の上に下屋がありました。
雨の日に窓を開けていても、部屋に雨水が入ってきにくいという利点があります。

防水シート(ルーフィング)を貼っていきます

ルーフィング貼り2
防水シート(ルーフィング)を貼っていきます。屋根材を通り抜けてしまった雨水やほこりを野地板まで浸透させることを防ぐ大切なものです。
細心の注意を払いながら、丁寧に貼っていきます。

スレート瓦を並べていきます

スレート貼り1
ルーフィングの上に、スレート瓦をを並べていきます。
雨やほこりを一番最初に防ぐのが屋根材ということになりますので、やはり、隙間なく、歪みが無いように丁寧に作業していきます。
スレート瓦は和瓦の約1/4の重量です。
屋根の軽量化が図れ、耐震対策にもなります。
下屋2
下屋部分にもスレートを並べていきます。
面積の狭い所にはなりますが、下屋と切妻の屋根の境目などは丁寧に作業しないと、その部分から雨漏りが起こったりするので、注意深く作業をしていきます。

【工事完了後】

下屋1
下屋部分は狭いので細かい作業になりますが、見た目も綺麗に出来上がりました。
スレート貼り2
和瓦は風情がありますが、スレート瓦に変えたことですっきり洋風の装いになりました。
屋根が軽量化され、耐震対策も万全です。
完成
雨漏りが改善され、屋根が見違えるように綺麗になったとお客様に喜んでいただきました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大和郡山市で経年劣化により割れたいぶし瓦をガルテクトに葺き替え

葺き替え工事
葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築33年
建坪
24坪
保証
10年
工事費用
150万円
施工事例

橿原市で築34年の陶器瓦屋根をガルテクトに葺き替えと雨樋の交換

棟瓦のズレから葺き替え工事へ
ガルテクトに葺き変わった屋根2棟
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築34年
建坪
45坪
保証
10年
工事費用
280万円
施工事例

大和郡山市で築37年のいぶし瓦屋根を部分ごとに適した工事で補修

いぶし瓦の葺き替えと職人
MFシルキー設置と家周辺
工事内容
屋根葺き替え
屋根葺き直し
漆喰取り直し
使用素材
MFシルキー
築年数
築37年
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
189万円

同じ地域の施工事例

施工事例

生駒市で台風の被害を受けた築39年の瓦屋根を無料相談から工事施工

瓦屋根をシートで応急処置
カラーベスト施工完成と足場
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
カラーベスト
築年数
築36年
建坪
20坪
保証
10年
工事費用
123万円
施工事例

生駒市でカラーベストに葺き替え工事、庇と雨樋の交換もしました

経年劣化した瓦屋根の解体
カラーベスト設置と棟板金
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
カラーベスト
築年数
築35年
建坪
17坪
保証
10年
工事費用
100万円
施工事例

生駒市で築38年の瓦屋根を大屋根・下屋共に葺き替え、雨樋も交換

瓦の一列が剥がれています
瓦からガルテクトへ変身
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト パナソニック製雨樋PC50
築年数
築38年
建坪
32坪
保証
10年
工事費用
195万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨樋の取り換え交換

前回のブログで、橿原市の築34年の瓦屋根の葺き替え工事の最終工程であるガルテクトを設置、屋根が完成しました。今回は、一緒にご依頼頂いていた雨樋の取り換え工事のご紹介をしていきます。雨樋は普段はあまり目につきませんが、雨水の処理をしてくれたり...........

防水紙と足場

橿原市で築34年の瓦屋根の葺き替え工事で最終工程の屋根材(ガルテクト)の設置へ作業は進んでいます。前回は、高性能な防水紙を雨漏りに強い屋根へ工夫しながら設置していきました。特に取り合い部分に注意しながら施工しましたね。今回は、ガルテクトの設...........

野地板増し張りと防水紙準備

橿原市で築34年の瓦屋根をガルテクトへ葺き替え工事途中です。瓦と葺き土の撤去後下地強化で野地板の増し張り、続いては防水紙の設置と工事は着々と進んでいます。前回は屋根の下地部分の野地板を増し張りしました。瓦を剥がす工事の時にしかできない野地板...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884