オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

生駒市の築30年のセメント瓦を片面のみ新和瓦に葺き替えました


工事のきっかけ

玄関から屋根を見た時に、色あせてしまっているなあと感じていました。
あまり劣化が酷くなると、雨漏りも心配になってくるので、一度、点検に来てもらうことにしました。
やはり、経年劣化が激しく、本当は全面葺き替えして欲しかったけど、全面するには予算が足りなかったので、今回は、玄関から見える面だけを葺き替えてもらうことにしました。

とても素敵な屋根に仕上がったので、いつか、片面もしてもらいたいと思っています。

生駒市 屋根葺き替え セメント瓦から新和瓦へ

ビフォーアフター

before
屋根施工前
horizontal
after
完成

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え
施工期間
6日
使用材料
新和瓦
施工内容その他
セメント瓦から新和瓦へ
築年数
築30年
保証年数
10年
工事費用
100万円
建坪
18坪
ハウスメーカー
生駒市で築30年のセメント瓦屋根のお客様から、無料点検のご依頼をいただきました。

現場調査させていただいたところ、全体的に経年劣化が進み、所々瓦が差し替えられていました。

点検の結果、築30年ということもあり、葺き替え工事をご提案いたしました

現場調査の様子からご紹介します。

現地調査をします

屋根に上ってみます

屋根施工前
築30年のセメント瓦屋根の様子です。

全体に塗料が剥がれて、色あせていることがわかります。

もともと、セメント瓦自体には防水効果はないので、表面の塗装が剥がれてしまうと、浸水につながってしまいます。

瓦は足の踏み場を間違えると、割れてしまう危険性があるので、慎重に調査していきます。

瓦が差し替えられています

施工前
左の端に、瓦が差し替えられたところがありました。

こちらの屋根も随分と劣化していますね。

葺き替え工事をご提案いたしましたが、お客様の予算の都合で、今回は、特に劣化が激しく、雨漏りの危険性がある玄関から見える方の屋根のみを新和瓦へ葺き替える工事を行うことになりました。

では、工事を始めます。

葺き替え工事を始めます

瓦を撤去していきます

瓦撤去
セメント瓦を撤去しました。

古い防水紙(ルーフィング)が現れました。

こちらもかなり劣化が進んでいますね。

防水紙(ルーフィング)は、雨水の屋根内部への侵入を防ぐ重要な役割を果たします。

この状態では、いつ雨漏りが生じても不思議ではありません。

瓦撤去
こちらの防水紙(ルーフィング)には、大きな亀裂が入っているのがわかります。

防水紙(ルーフィング)の劣化は、野地板垂木など屋根下地の腐食にもつながります。

でも、屋根材を剥がしてみないと見えないところが難点ですね。


野地板を設置します

野地板設置
屋根材や防水紙(ルーフィング)の劣化は、見た目にもわかるくらいに激しかったのですが、幸いにも屋根下地への腐食はありませんでした。

そこで、既存の野地板を撤去せずに、新しい野地板を増し張りしました。

野地板設置
増し張りは既存の野地板が著しく劣化しているとできません。

増し張りすることで、屋根下地が補強されます。

古い野地板を撤去せずに使用することで、廃棄物処理費用の削減や工期の短縮などのメリットがあります。

防水紙(ルーフィング)を貼ります

防水紙(ルーフィング)貼り
新しい野地板の上に、新しい防水紙(ルーフィング)を貼っていきます。

軒先から上に向かって、重ね代を十分取って貼り合わせていきます。

大棟から雨漏りが生じないように、反対側の屋根にも入れ込むように貼っていきます。

桟木を設置しました

桟木設置
瓦桟木を設置していきます。

瓦桟木は瓦を引っかけ固定する役割と、瓦の重なりを均等にするという役割があります。

瓦桟木は横直線に設置するため、流れてきた雨水を止めて、溜まると瓦桟木が腐食してしまうことがあるので、瓦桟木に水を通すための穴(ウォーターホール)をつけることで、雨水対策を講じます。

瓦桟木を使用するのは、乾式工法で瓦屋根を施工するときだけです。

【工事完了後】

完成
瓦を設置していくときにも、防水紙(ルーフィング)同様に軒先から上に向かって、並べていきます。

勾配のキツイ屋根での作業は安全第一で行っています。


完成
棟には丸瓦を設置し、ビスで固定して完成です。

シルバーの新和瓦がとても落ち着いた佇まいの素敵な屋根に仕上がりました。

屋根の劣化が気になりだしたら、街の屋根屋さん奈良店(0120-303-884)までご相談ください。
あなたのお宅に最適な工事をご提案いたします。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

生駒市で築38年の瓦屋根を大屋根・下屋共に葺き替え、雨樋も交換

瓦の一列が剥がれています
瓦からガルテクトへ変身
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト パナソニック製雨樋PC50
築年数
築38年
建坪
32坪
保証
10年
工事費用
195万円
施工事例

奈良市で豪邸の複合瓦屋根を新しいいぶし瓦屋根へ屋根工事と雨樋交換

奈良市の瓦屋根施工前
奈良市の瓦屋根施工後
工事内容
破風板板金巻き工事
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
いぶし瓦・塩ビ雨樋
築年数
築58年
建坪
40坪
保証
10年
工事費用
325万円
施工事例

生駒市で青い陶器瓦を金属屋根に葺き替え工事と雨樋の全面交換工事!

生駒市で青い陶器瓦屋根の無料点検
生駒市で完成したスーパーガルテクト屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築39年
建坪
18坪
保証
10年
工事費用
170万円

同じ地域の施工事例

施工事例

生駒市で築38年の瓦屋根を大屋根・下屋共に葺き替え、雨樋も交換

瓦の一列が剥がれています
瓦からガルテクトへ変身
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト パナソニック製雨樋PC50
築年数
築38年
建坪
32坪
保証
10年
工事費用
195万円
施工事例

生駒市で青い陶器瓦を金属屋根に葺き替え工事と雨樋の全面交換工事!

生駒市で青い陶器瓦屋根の無料点検
生駒市で完成したスーパーガルテクト屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築39年
建坪
18坪
保証
10年
工事費用
170万円
施工事例

生駒市で築35年の陶器瓦屋根を最新のガルテクトに葺き替え工事

和風陶器瓦の経年劣化
ガルテクト設置完了
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
ガルテクト
築年数
35年
建坪
32坪
保証
10年
工事費用
250万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰の詰め増しが以前されている瓦屋根

香芝市で築36年の釉薬瓦屋根の経年劣化にてメンテナンスのご相談がありました。瓦の耐用年数は長い方なのですが、きちんとメンテナンスを行うからこその耐用年数なのです!特にビスで固定されていない瓦は、強風や悪天候の後ほど点検だけでも行うといいでし...........

下屋の瓦撤去と葺き土

生駒市で築38年の瓦屋根の下屋部分をガルテクトに葺き替え工事を施工。前回は大屋根部分の葺き替えが完了し屋根が完成しました。今回は下屋部分の葺き替え工事の流れを総まとめでご紹介していきます。基本的な工事の流れは大屋根も下屋も同じです。ですので...........

棟板金の下地設置

生駒市で築38年の瓦屋根の葺き替え工事最終工程に差し掛かりました。大屋根部分の後には下屋部分の工事もご紹介しますが、ひとまず大屋根部分は間もなく完成を迎えます!!!前回は屋根の最重要事項である防水紙の設置をご紹介しました。今回は、棟板金の下...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884