オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

王寺町でセメント瓦の大屋根と下屋根をガルテクトに葺き替えました


工事のきっかけ

2階の窓から見えた下屋根の瓦が、なんか色あせて汚れて見えて、大屋根の方の瓦も気になって。
築年数も40年とかなり経っているし、手入れをしないと雨漏りするんじゃないかとすごく心配になりました。
大屋根の方は、下から見ても見えないので、とにかく一度確認したいと思い、色々調べて連絡しました。

王寺町 屋根葺き替え セメント瓦からガルテクト

ビフォーアフター

before
現地調査
horizontal
after
大屋根 完成

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え
施工期間
7日間
使用材料
ガルテクト
施工内容その他
セメント瓦からガルテクト
築年数
築40年
保証年数
10年
工事費用
186万円
建坪
31坪
ハウスメーカー
奈良県王寺町で築40年のセメント瓦屋根のお宅のお客様から屋根の劣化が気になるとご連絡をいただきました。

セメント瓦は経年劣化で色あせていましたので、大屋根と下屋根ガルテクト葺き替える工事をしました。

広範囲に及び大きな工事になりましたが、とても素敵な屋根に仕上がりましたので、是非ご覧ください。

では、現地調査の様子からご紹介します。

現地調査に伺いました

大屋根の様子

現場調査
大屋根の様子を見ていきます。

大屋根は下から見ても表面の様子がよくわからないので、心配ですね。

大屋根に使用されているセメント瓦は、確かに色あせて見えました。

セメント瓦陶器瓦によく似ていますが、角がかくばっているので見分けがつきます。

セメント瓦は陶器瓦と違い、表面を塗料で着色されているため、劣化により塗料が剥がれると雨水を含水して、耐久性が低下してしまいます。

下屋根の様子

2階窓下の下屋根
2階窓下の下屋根の様子です。

お客様はこちらの下屋根をご覧になって不安に思われたようですね。

こちらも大屋根同様に表面の塗料が剥げて、色がまばらになっています。

確かに少し心配になってしまう屋根ですね。
下屋根
壁との取り合いがある下屋根です。

屋根の形状は、寄棟屋根風でがありますね。

壁との取り合いと棟、どちらも雨漏りが生じやすい箇所ですので、雨漏りリスクの高い屋根と言えます。

点検の結果、セメント瓦の劣化が激しく、塗装という方法もご提案しましたが、お客様のご要望により、葺き替え工事をすることになりました。

葺き替え工事を始めます

セメント瓦を剥がしていきます

セメント瓦撤去
セメント瓦を剥がしていきました。

すると、古い防水紙(ルーフィング)の上に、瓦桟木と呼ばれる木材が綺麗に並んでいました。

瓦桟木とは、乾式工法で施工する場合に瓦を引っ掛けて固定するための部材で、屋根材に瓦を使用する時だけ設置されます。
2階窓下の下屋根の瓦撤去
2階窓下の下屋根のセメント瓦も剥がしました。

大屋根同様に、下屋根にも瓦桟木が設置されています。

まっすぐ設置されていますね。
下屋根 瓦撤去
壁との取り合いがある下屋根です。

こちらの瓦桟木も等間隔に綺麗に設置されていますね。

瓦桟木の下の古い防水紙(ルーフィング)は、すっかり変色して傷んでいるのが見てわかります。

古い野地板の様子はどうでしょうか。

新しい野地板を「増し張り」します

野地板設置
セメント瓦の劣化は激しく、古い防水紙(ルーフィング)も変色して傷んではいましたが、幸い、防水効果は失われていなかったようで、古い野地板に著しい劣化や腐食はありませんでした。

そこで今回は、既存の野地板・防水紙(ルーフィング)・瓦桟木を撤去せず、その上から新しい野地板を「増し張り」します。

野地板を「増し張り」することで、屋根下地が補強されます。

また、古い野地板の廃棄処理費が削減されます。
野地板貼り
下屋根も大屋根同様に、新しい野地板を「増し張り」しました。

野地板の「増し張り」が出来るのは、古い野地板に著しい劣化や腐食などの痛みがない場合だけです。
野地板貼り
屋根の形状によって、こちらの下屋根には棟があります。

棟は雨漏りが生じやすい箇所ですので、野地板を特に丁寧に設置していきます。

防水紙(ルーフィング)を貼っていきます

防水紙(ルーフィング)貼り
新しい野地板を貼り終えたら、その上に新しい防水紙(ルーフィング)を貼っていきます。

防水紙(ルーフィング)は、軒先から上に向かって、重ね代を十分取って貼っていきます。

大屋根の形状は寄棟屋根ですので、大棟隅棟があります。

棟は雨漏りリスクの高い箇所ですので、写真からもわかるように、防水紙(ルーフィング)を何重にも重ね貼りして、防水効果を高めています。
防水紙(ルーフィング)貼り
下屋根にも新しい防水紙(ルーフィング)を貼っていきます。

こちらの下屋根は、表面積が狭いため、細かな作業が必要になります。

壁を伝う雨水が屋根内部にまで侵入しないように、壁との隙間なく綺麗に貼っていきます。
7564faea9a132eba740484bdb4be8f99-1-columns2
防水紙(ルーフィング)は屋根の下から上へ重ね代を十分取って貼っていくことで、雨水が屋根下地に入り込まないように施工されています。

棟には、大屋根同様に防水紙(ルーフィング)を重ね貼りして、雨漏りリスクを防止します。

大屋根と下屋根、全体に防水紙(ルーフィング)を貼り終わりました。

【工事完了後】

大屋根 完成
屋根材にはガルテクトを使用します。

ガルテクトは、軽量で耐久性に優れているので、近年頻発している台風や地震などの自然災害に強い屋根になったと言えるでしょう。

大棟・隅棟にもガルテクトの棟板金を使用することで、統一感がある落ち着いた屋根になりましたね。
下屋根 完成
下屋根にもガルテクトを設置しました。

屋根材と雨押さえ板金ともにガルテクトを使用しているので、セメント瓦に比べて、シックでおしゃれな屋根になりました。
下屋根 完成
ガルテクトに葺き替えたことで、洋風の素敵な屋根に生まれ変わりました。

家までリフォームしたみたいとお客様に喜んでいただきました。

屋根の葺き替えをご検討中の方は、是非街の屋根屋さん奈良店(0120-303-884)にご相談ください。

お客様の笑顔のために、最適な工事をご提案いたします。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大和郡山市で経年劣化により割れたいぶし瓦をガルテクトに葺き替え

葺き替え工事
葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築33年
建坪
24坪
保証
10年
工事費用
150万円
施工事例

橿原市で築34年の陶器瓦屋根をガルテクトに葺き替えと雨樋の交換

棟瓦のズレから葺き替え工事へ
ガルテクトに葺き変わった屋根2棟
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築34年
建坪
45坪
保証
10年
工事費用
280万円
施工事例

大和郡山市で築37年のいぶし瓦屋根を部分ごとに適した工事で補修

いぶし瓦の葺き替えと職人
MFシルキー設置と家周辺
工事内容
屋根葺き替え
屋根葺き直し
漆喰取り直し
使用素材
MFシルキー
築年数
築37年
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
189万円

同じ地域の施工事例

施工事例

王寺町で築38年の瓦屋根の剥がれを葺き替え工事でガルテクトへ

陶器瓦とブルーシート
スーパーガルテクトで最新の屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築38年
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
145万円
施工事例

王寺町の入母屋形状の青色釉薬瓦屋根で全ての棟瓦を取り直しました

王寺町の釉薬瓦屋根の棟の取り合い
王寺町の釉薬瓦屋根の棟瓦施工後
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
青色釉薬瓦
築年数
築44年
建坪
保証
10年
工事費用
42万円
施工事例

王寺町で青色釉薬瓦屋根からスーパーガルテクト屋根への葺き替え工事

王寺町の青色釉薬瓦屋根の無料点検
王寺町のスーパーガルテクト屋根完成
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト パナソニック製雨樋PC50
築年数
築43年
建坪
22坪
保証
10年
工事費用
165万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨樋の取り換え交換

前回のブログで、橿原市の築34年の瓦屋根の葺き替え工事の最終工程であるガルテクトを設置、屋根が完成しました。今回は、一緒にご依頼頂いていた雨樋の取り換え工事のご紹介をしていきます。雨樋は普段はあまり目につきませんが、雨水の処理をしてくれたり...........

防水紙と足場

橿原市で築34年の瓦屋根の葺き替え工事で最終工程の屋根材(ガルテクト)の設置へ作業は進んでいます。前回は、高性能な防水紙を雨漏りに強い屋根へ工夫しながら設置していきました。特に取り合い部分に注意しながら施工しましたね。今回は、ガルテクトの設...........

野地板増し張りと防水紙準備

橿原市で築34年の瓦屋根をガルテクトへ葺き替え工事途中です。瓦と葺き土の撤去後下地強化で野地板の増し張り、続いては防水紙の設置と工事は着々と進んでいます。前回は屋根の下地部分の野地板を増し張りしました。瓦を剥がす工事の時にしかできない野地板...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884