オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
街の屋根やさん
街の>屋根やさん
街の屋根やさん

王寺町で築36年の瓦屋根のリフォーム工事、多種多様な補修工事内容

工事のきっかけ

新築以来36年間点検さえしたことがありませんでした。 見るからに経年劣化している部分もありそろそろリフォーム工事をしないといけないと思い屋根の業者をさがしました。 施工事例やブログが丁寧に書かれており、とても参考になりました。 オンライン相談や電話、メールでもやりとりもでき対応も迅速であり丁寧。 担当者の対応もよく信頼できたのが一番の決め手です!! 工事箇所も多く、コストも限りがありましたが、工事内容にも納得できた為、工事の依頼をしました。 検索でヒットしたのが街の屋根やさん奈良店でした。

王寺町 屋根補修工事,屋根葺き替え,棟瓦取り直し,雨樋交換,天窓工事

ビフォーアフター

before
瓦の葺き直しで桟木設置
horizontal
after
屋根面の瓦葺き直し

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,屋根葺き替え,棟瓦取り直し,雨樋交換,天窓工事
施工期間
8日間
使用材料
新和瓦 立平葺きガルバリウム
築年数
築36年
保証年数
10年
工事費用
157万円
建坪
26坪
瓦の葺き直しで桟木設置
葺き替え工事は屋根では一番大掛かりなリフォーム工事です。

瓦はもちろんですが、屋根を下地から新しくしていくことで、画期的に新しい屋根へと変身していく工事です。
外壁をガルバリウム鋼板
経年劣化で瓦のズレが生じていましたが、葺き替えにより瓦は綺麗に整列し隙間のない屋根になりました。

から葺き工法で固定しましたので、屋根の重量が軽くなり耐震性は向上しました。


瓦の取り直し工事と漆喰
屋根のなかで一番風や雨の影響を受けやすい部分が棟です。

棟瓦は葺き土の土台に熨斗瓦を積み棟瓦を設置されており経年劣化で熨斗瓦がズレたり歯抜けになってしまう場合もありその隙間より雨水が侵入してしまう可能性があります。
瓦の取り直し工事と漆喰
取り直し工事は一度熨斗瓦や棟瓦を一旦撤去します。

土台を作り直し再度瓦を積み直し漆喰で隙間を詰めていき乾いたら完成です。

一番雨漏りのしやすい箇所ですのでしっかり補修していきましょう。
天窓周りに防水紙
下屋根はガルバリウム鋼板で立平葺き。

天窓は経年劣化で雨漏りが必ず起きてしまうため必ず定期的に点検やメンテナンスをお願いします。


天窓と立平葺きで施工
立平葺きの場合ガルバリウム鋼板は工事前に屋根の長さに合わせてカットしておくため時間が短縮できます。

屋根材の中で一番軽量なため耐震性に優れています。

耐用年数までの間に塗料の塗り直しのメンテナンスで防水性を回復させましょう!
外壁の補修で防水紙設置
外壁に使用する防水紙はTAJIMA社のダスティホワイトという種類です。


屋根面同様重ねて貼り付けていき防水性を高めます。
外壁をガルバリウム鋼板
防水紙設置後ガルバリウム鋼板を設置していきます。

外壁にできたクラックから雨漏りが発生してしまうこともあり外壁と屋根には深い関係があります。


集合樋破損
外壁に設置されている雨樋が破損しています。

水はけが滞ると屋根や外壁に雨水が滞留してしまい雨漏りの発生率が高くなってしまいます。

排水機能を正常に保つことで雨漏りに強い屋根にしましょう。
雨樋の補修工事
軒樋につけられた集水マス、そこから縦に伸びる堅樋。

屋根に沿って設置させていただきました。

雨の多い日本では雨樋は一年中働いています。

雨樋はあまり目立たない存在ですが、耐用年数は15〜20年を目処にメンテナンスをこなってくださいね。

この工事と同じ工事を行った現場ブログ

  • 街の屋根やさん10のお約束
  • 不安ゼロ宣言
  • リフォーム瑕疵担保保険JIO
  • 充実の長期保証
  • マイスター制度
ここまでやります無料点検
お住まいの地域の屋根工事会社が見つかる街の屋根やさんポータルサイトはこちら
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!
0120-303-884