オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

生駒市で雨漏りでお困りのセメント瓦屋根を立平葺きに葺き替えました


工事のきっかけ

去年の台風の後あたりから、雨漏りが始まってしまいました。
雨が降っていないと忘れてしまい、大雨が降ると、思い出す。そんなことを繰り返していました。
でも、天井の雨水の跡が大きくなって、これはまずいと危機感を覚え、やっと重い腰をあげて真剣に屋根を点検してもらえる業者さんを探し始めました。
色々相談しましたが、一番説明がわかりやすかったので、決めました。

生駒市 屋根葺き替え,その他の工事 セメント瓦から立平葺 垂木補強工事

ビフォーアフター

before
屋根施工前
horizontal
after
屋根施工後

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,その他の工事
施工期間
6日
使用材料
立平葺ガルバリウム
施工内容その他
セメント瓦から立平葺 垂木補強工事
築年数
築30年
保証年数
10年
工事費用
160万円
建坪
21坪
ハウスメーカー
奈良県生駒市のお客様から、雨漏りで困っているとの連絡をいただき、早速現地調査に伺いました。

赤いセメント瓦の屋根で、老朽化と台風によって雨漏りしているようでした。

にひびや割れがあり、屋根の状態がかなり悪かったので、葺き替え工事をすることになりました。

耐震性も考慮して、立平葺きへの葺き替えをご提案しました。

まずは、現地調査の様子からご紹介します。

現地調査に伺いました

セメント瓦が割れてますね

屋根施工前
お家の裏側が緩やかな丘になっていて、平屋の屋根のように下から確認することが出来ました。

少し見ただけでも屋根下地の痛みが進んでいるように見受けられました。

セメント瓦が傷んでいますね

屋根施工前
屋根に上ってみました。

セメント瓦が割れているところを見つけました。

所々に青い線が入っているのは、ひびを修復したコーキングの跡です。

これでは雨漏りが生じていても不思議ではありませんね。
屋根施工前
何度も塗装を繰り返されて、今までもっていたようです。

セメント瓦の耐用年数は、30年から40年が寿命と言われます。

その上、雨漏りが続いているということで、下地にも傷みが生じている可能性があるため、屋根の状態を説明して、葺き替え工事をおススメしました。

耐震性も考えて立平葺きへの葺き替え工事をすることになりました。


葺き替え工事を始めます

セメント瓦を剥がしました

セメント瓦撤去
セメント瓦を撤去しました。

古い防水紙(ルーフィング)が現れました。

かなり傷んでいるのがわかります。

ここまでくると、防水効果もかなり低下していたと考えられます。

古い野地板はバラ板でした

古い野地板
古い防水紙(ルーフィング)を剥がすと、古い野地板が出てきました。

古い野地板はバラ板でした。

昔の屋根にはよく使われていた野地板です。
古い野地板
バラ板にも雨水が含水していて、所々にカビが生えていたり、腐っていたりしています。

バラ板を剥がすと、垂木が見えますが、垂木の方にも腐食が始まっているようです。

バラ板を撤去しました

野地板撤去
古い野地板のバラ板を撤去しました。

野地板のしたに設置されている木材が垂木と呼ばれるものです。

垂木は棟木と軒を繋ぎとめ、屋根を支える大切な部材ですが、雨水の浸水によって腐食してしまうと、支えられなくなり、屋根が不安定になってしまいます。

傷んだ垂木の上に野地板を貼ると、歪んでまっすぐに屋根を貼ることができません。

垂木補強しました

野地板撤去
そこで、古い垂木に沿って、新しい木材を設置して、垂木を補強していきます。

これで、野地板や屋根材を設置しても支えられる強い下地になりました。

新しい野地板を貼りました

野地板設置
新しい野地板として構造用合板を使用しています。

バラ板の野地板の場合は、隙間が開いていましたが、構造用合板は一枚の面積が広いため、雨漏りの危険性が低くなります。

現在使用されている屋根の野地板は、構造用合板が主流になっています。

新しい防水紙(ルーフィング)を貼りました

防水紙(ルーフィング)貼り
野地板を貼り終えると、その上に防水紙(ルーフィング)を貼っていきます。

防水紙(ルーフィング)も昔のものと違い、現在は、随分と改良されてきて、破れにくく耐久性に優れたものになっています。

防水紙(ルーフィング)は軒先からに向かって、重ね代を十分にとって貼っていきます。

棟には何重にも重ね貼りをして、棟からの雨漏りを防止します。

【工事完了後】

屋根葺き替え後
立平葺きに葺き替えました。

立平葺きは、棟から軒先まで一枚の板金で出来ているため、水平方向に切れ目がなく、雨漏りリスクの少ない屋根材です。

素材のガルバリウム鋼板は、屋根材の中で最軽量で、錆に強く、耐久性に優れた金属屋根です。
屋根葺き替え後
施工前の屋根とは全く違う雰囲気になりました。
シンプルなデザインで、屋根が落ち着いて見えますね。

お客様にもとても満足していただきました。

以上で、葺き替え工事が完了しました。

お宅の雨漏り大丈夫ですか?屋根のお困りごとは街の屋根屋さん奈良店(0120-303-884)にご相談ください。
無料点検で、屋根の健康診断してみませんか。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

生駒市で築38年の瓦屋根を大屋根・下屋共に葺き替え、雨樋も交換

瓦の一列が剥がれています
瓦からガルテクトへ変身
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト パナソニック製雨樋PC50
築年数
築38年
建坪
32坪
保証
10年
工事費用
195万円
施工事例

奈良市で豪邸の複合瓦屋根を新しいいぶし瓦屋根へ屋根工事と雨樋交換

奈良市の瓦屋根施工前
奈良市の瓦屋根施工後
工事内容
破風板板金巻き工事
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
いぶし瓦・塩ビ雨樋
築年数
築58年
建坪
40坪
保証
10年
工事費用
325万円
施工事例

生駒市で青い陶器瓦を金属屋根に葺き替え工事と雨樋の全面交換工事!

生駒市で青い陶器瓦屋根の無料点検
生駒市で完成したスーパーガルテクト屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築39年
建坪
18坪
保証
10年
工事費用
170万円

同じ地域の施工事例

施工事例

生駒市で築38年の瓦屋根を大屋根・下屋共に葺き替え、雨樋も交換

瓦の一列が剥がれています
瓦からガルテクトへ変身
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト パナソニック製雨樋PC50
築年数
築38年
建坪
32坪
保証
10年
工事費用
195万円
施工事例

生駒市で青い陶器瓦を金属屋根に葺き替え工事と雨樋の全面交換工事!

生駒市で青い陶器瓦屋根の無料点検
生駒市で完成したスーパーガルテクト屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築39年
建坪
18坪
保証
10年
工事費用
170万円
施工事例

生駒市で築35年の陶器瓦屋根を最新のガルテクトに葺き替え工事

和風陶器瓦の経年劣化
ガルテクト設置完了
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
ガルテクト
築年数
35年
建坪
32坪
保証
10年
工事費用
250万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰の詰め増しが以前されている瓦屋根

香芝市で築36年の釉薬瓦屋根の経年劣化にてメンテナンスのご相談がありました。瓦の耐用年数は長い方なのですが、きちんとメンテナンスを行うからこその耐用年数なのです!特にビスで固定されていない瓦は、強風や悪天候の後ほど点検だけでも行うといいでし...........

下屋の瓦撤去と葺き土

生駒市で築38年の瓦屋根の下屋部分をガルテクトに葺き替え工事を施工。前回は大屋根部分の葺き替えが完了し屋根が完成しました。今回は下屋部分の葺き替え工事の流れを総まとめでご紹介していきます。基本的な工事の流れは大屋根も下屋も同じです。ですので...........

棟板金の下地設置

生駒市で築38年の瓦屋根の葺き替え工事最終工程に差し掛かりました。大屋根部分の後には下屋部分の工事もご紹介しますが、ひとまず大屋根部分は間もなく完成を迎えます!!!前回は屋根の最重要事項である防水紙の設置をご紹介しました。今回は、棟板金の下...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884