オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

葛城市の雨漏りは雨漏りリスクランキング第1位の谷樋板金からでした


工事のきっかけ

雨が降るとポタポタと音がしていて、以前から気になっていました。
よく見ると天井にシミのようなものも見えるようになり、雨漏りだと気づきました。

雨漏りの工事をしているところを検索していて、こちらのホームページを見つけました。

沢山工事をされていて、担当さんもとても丁寧で話しやすかったので、お願いしました。

葛城市 その他の工事 谷板金交換

ビフォーアフター

before
葛城市の谷樋板金からの雨漏り
horizontal
after
葛城市の谷樋板金交換工事完成

工事基本情報

施工内容
その他の工事
施工期間
2日
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工内容その他
谷板金交換
築年数
築30年
保証年数
10年
工事費用
18万円
建坪
ハウスメーカー
葛城市のお客様から雨漏り調査に来てほしいとご連絡を頂き、現地に伺いました。

屋根材はセメント瓦谷樋のある屋根でした。

雨漏り箇所を特定するために点検をした結果、雨漏りは雨漏りリスクランキング第1位の谷樋板金と、その下の防水紙の劣化によるものと判明しました。

しっかりと防水加工を施した上で、谷樋板金の交換工事をいたします。

谷樋板金交換工事の開始

点検により雨漏り箇所を特定

葛城市の谷樋板金からの雨漏り
屋根の間にある谷樋は、板金がすっかり劣化していました。

瓦を1列取り外してみると変色してしまった防水紙がありました。

使用されていた防水紙はアスファルトルーフィングというもので、耐用年数が10年を超えると著しく劣化が進みます。
アスファルトルーフィングの歴史は古く、現在の田島ルーフィングでは1919年にアスファルトルーフィングの国産化に成功しています。
今から約100年も前のことです。

アスファルトルーフィングのアスファルトとは、道路などで使用するアスファルトと同じものです。
アスファルトはガソリンや軽油などの燃料を作った時に残った残留物で出来ているものがほとんどです。
油と水、防水には抜群の組み合わせです。

セメント瓦と瓦桟木を撤去

葛城市の谷樋板金からの雨漏りで瓦撤去
雨漏り補修のために新しい防水紙を貼っていくので、セメント瓦を固定していた瓦桟木も一旦撤去します。

瓦の下にまで防水紙を張ることで、雨漏り防止効果は一層高まります。

防水紙は、屋根に降り注いだ雨水などを屋根内部へ侵入させないという、まさに防水の役割があります。

防水紙が劣化すると、本来の役割を果たせなくなり、雨漏りが生じてしまうのです。
葛城市の谷樋板金からの雨漏りで瓦桟木撤去
谷樋は、屋根が谷構造になることで、樋の役割を持った屋根の部位の事です。

屋根に降った雨水が流れ落ちてきて集まる通り道になるため、雨水で傷んだり腐食したりしやすいので、雨漏りリスクランキング第1位と言われているのです。

谷樋のあるお宅で雨漏りが生じた時には、真っ先に疑う場所です。

防水紙を張りました

葛城市の谷樋板金交換で防水紙設置
新しい防水紙として、田島ルーフィングのタディスセルフという改質アスファルトルーフィングを採用しました。
アスファルトルーフィングに比べて、温度変化に強く、高温でダレにくく、低温で割れにくい特徴があり、耐用年数も20年以上と長寿命です。

アスファルトルーフィングは安価で、現在でも汎用的に使用されていますが、当社ではアスファルトに合成ゴムや合成樹脂を混ぜた改質アスファルトルーフィングを主に使用しています。
葛城市の谷樋板金交換で防水紙設置
田島ルーフィングのタディスセルフは、粘着型の改質アスファルトルーフィングです。

裏面がシール状になっていて、タッカーを使用しないので防水紙自体に穴を開けません。
張り付けた直後なら簡単に剥がせて、貼りなおすことができ、貼付け後約2時間で強固な粘着力と防水効果が発揮されます。
このような方式を遅延粘着型ルーフィングと呼んでいます。

谷樋板金を設置

葛城市の谷樋板金交換で板金設置
新しい防水紙を張った谷樋ガルバリウム鋼板を設置していきます。

ガルバリウム鋼板は、アルミニウム、亜鉛、シリコンからなる亜鉛合金メッキ鋼板で、金属なのに錆びにくく、耐久性が高く、耐用年数は15年~20年以上とも言われています。

高品質の防水紙を張って、耐久性の高いガルバリウム鋼板を設置したことで、谷樋の防水性は大きく向上しました。
葛城市の谷樋板金交換で板金設置
一旦撤去したセメント瓦を固定するための瓦桟木を設置し直して、セメント瓦を元通りに戻したら谷樋の施工は完了です。

こちらの工事は、本日の現場ブログでもご紹介しています。

セメント瓦を元に戻したら完成です

【工事完了後】

葛城市の谷樋板金交換工事完成
元通りにセメント瓦を固定して、谷樋板金の交換工事が完成しました。

瓦の下にまで防水紙と板金を設置したので、谷樋を流れる雨水が屋根材の下に流れ込んでも、屋根内部に雨水が侵入することを防ぎます。
葛城市の谷樋板金交換工事完成
屋根に雨に見立てて散水し、雨漏りがしっかり止まったことを確認しました。

お客様も、大変安心されたご様子でした。

雨漏りリスクの高い谷樋ですので、今後とも定期的に点検していただくことをおススメいたしました。
定期点検も街の屋根やさん奈良店(0120-303-884)にお任せください!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大和郡山市で新築分譲住宅の屋根工事の依頼、カラーベスト屋根が完成

大和郡山市の新築分譲住宅の屋根工事施工前
大和郡山市の新築分譲住宅の屋根工事施工後
工事内容
その他の工事
使用素材
カラーベスト
築年数
新築
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
110万円
施工事例

香芝市で取引先の工務店から依頼の新築住宅の屋根に立平葺きと換気棟

芝市の新築住宅の屋根工事施工前
香芝市の新築住宅の屋根の棟板金
工事内容
その他の工事
使用素材
立平葺ガルバリウム
築年数
新築
建坪
22坪
保証
10年
工事費用
87万円
施工事例

生駒市の崩れた棟瓦はガイドライン工法と乾式工法で自然災害対策!

生駒市の崩れた棟瓦
生駒市の大屋根の工事完成
工事内容
棟瓦取り直し
その他の工事
足場
使用素材
7寸丸瓦・ガルバリウム鋼板
築年数
築28年
建坪
保証
10年
工事費用
96万円

同じ地域の施工事例

施工事例

葛城市で苔や変色、劣化が見受けられた漆喰の詰め直しを行いました

葛城市で下屋根にある漆喰に苔が繁殖
葛城市で漆喰詰め替え作業完了
工事内容
漆喰詰め直し
使用素材
南蛮漆喰
築年数
築47年
建坪
保証
10年
工事費用
13万円
施工事例

葛城市で強風被害により割れ崩れを起こしてしまった釉薬瓦の補修工事

葛城市でS形瓦屋根の無料点検の様子
葛城市で瓦の補修作業完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
釉薬瓦
築年数
築43年
建坪
保証
10年
工事費用
8万円
施工事例

葛城市の雨漏りの瓦屋根の棟瓦を『ガイドライン工法』でリフォーム!

葛城市 雨漏りの瓦屋根 無料点検
葛城市 雨漏りの瓦屋根 棟瓦取り直し工事完成
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
使用素材
和瓦
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
53万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

桜井市の破損したベランダの様子

桜井市で強風により、破損している波板を撤去していきます。依頼目的は、破損した波板が風でバタバタと音が鳴り近隣にご迷惑がかかるから撤去して欲しいとのことでした。波板を補修する方法もあるのですが、現在は空き家状態なので、補修リフォームではなく撤...........

大和郡山市の新築分譲住宅の屋根工事開始

大和郡山市で取引のある工務店さんからの依頼で、新築分譲住宅の屋根工事を行っています。屋根の形状は片流れで、野地板の状態まで出来上がっていました。防水紙を張って、カラーベストを設置し、素敵な屋根に仕上げていきます。

大和郡山市の新築分譲住宅の屋根工事開始

大和郡山市で取引のある工務店さんからの依頼で建設中の分譲住宅の屋根工事を行うことになりました。建物の基礎部分はほとんど出来上がっていて、外壁と屋根の工事を残すのみとなっていました。屋根は野地板を張った状態でしたので、防水紙を張る作業から始め...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884