オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
街の屋根やさん
街の>屋根やさん
街の屋根やさん

生駒市の葺き替え工事で古い野地板はそのままで構造用合板を増し張り

野地板の屋根の状態
前回瓦を撤去後にむき出しになった野地板(バラ板)です。
主にスライスされた杉材を用いることから、杉板ともよばれています。

杉板を施工する際は、隙間をあえて作り通気性を最大限に活かし、腐食の防止となり昔の戸建て住宅では主流の建材でした。
が、今では防水紙などの機能が進歩したため現在ではほぼ見かけることはありません。
野地板を増し張りした屋根
今回新しく構造用合板を増し張りした写真です。

先にも述べたように構造用合板は耐震性があり昨今の戸建て住宅で一番用いられる建築用材です。
またその上から貼る防水紙(ルーフィング)の機能が進歩しほぼ雨漏り等の心配もありません。

よく似た物でコンパネと呼ばれるものがありますが、これはコンクリートパネルと呼ばれるもので主にコンクリートの型枠に使用されるもので、用途としてはまったくの別物です。

この工事と同じ工事を行った現場ブログ

  • 街の屋根やさん10のお約束
  • 不安ゼロ宣言
  • リフォーム瑕疵担保保険JIO
  • 充実の長期保証
  • マイスター制度
ここまでやります無料点検
お住まいの地域の屋根工事会社が見つかる街の屋根やさんポータルサイトはこちら
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!
0120-303-884