オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

奈良市で築25年の金属屋根部分に野地板と防水紙を貼り付けました



奈良市にお住いのお客様より、スレート屋根金属屋根のご相談のお電話をいただきました。

築25年ほどで、老朽化が気になられているようでした。
前回のブログではスレート屋根部分に防水紙を貼り付けるところまでをご紹介しましたので、
今回は、金属屋根部分の屋根材を撤去した後、野地板防水紙を貼りつけていきます。

まずは野地板を設置していきます

金属屋根施工前写真
こちらが、無料点検時の写真です。

まず、この状態から屋根材を撤去していきます。
引っかけるように設置されているので、1枚1枚取り外していきます。
金属なので、角などで手を切らないように注意して撤去していきましょう。
野地板設置写真
勾配(屋根の角度)が急なので、
職人さんには、足の裏にゴム底がついた地下足袋というものを履いてもらい、
滑落に注意しながら、設置していきます。
野地板設置写真
今回は、構造用合板を使用していきます。
耐水性や耐風性に優れており、現在の戸建住宅では最も使用されています。

次は防水紙を貼っていきます

防水紙貼り付け写真
防水紙はステープルとタッカーを使って貼り付けていきます。
ステープルは横から見ると、コの字型をしていて、ホッチキスの芯を大きくしたものです。
タッカーは建築用のホッチキスと呼ばれています。

電動用と手動用がありますが、今回は、貼り付け面がそこまで大きくないので、
手動で貼り付けていきます。
軒天写真
こちらの写真は、軒天と呼ばれる部分です。

軒天の役割は、まず、家全体の見た目がきれいに見えること、雨水や日光による外壁の劣化を防ぐことなど様々です。

鼻隠し写真
今回は、軒天の塗装をサービスでさせていただきました。
お客様も大変喜ばれていました。

お客様の笑顔、ありがとうというお言葉が、
何よりも原動力になりますね。

ルーフィングの上から野地板を設置した様子です

before1
野地板設置前写真
野地板設置前の写真です。

防水紙の下にスレート屋根があるとは到底思えませんね。

この状態は普段の生活では、なかなか目にすることがない貴重な写真です。
vertical
after1
野地板設置後写真
野地板貼り付け後、お客様にご確認いただきました。

屋根材を気にされる方は多いですが、野地板を気にされるお客様はなかなかいらっしゃいません。
野地板の重要性をご説明させていただくと、とてもご納得の様子でした。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

奈良市で築34年の瓦屋根をスレート瓦へ葺き替え工事大屋根と下屋

台風被害の和瓦屋根
大屋根の喚起棟瓦設置
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スレート瓦
築年数
築34年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
265万円
施工事例

奈良市でいぶし瓦の無料点検からスレート屋根への葺き替え工事

葺き替え工事
葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
築37年
建坪
18坪
保証
10年
工事費用
120万円
施工事例

大和郡山市で経年劣化により割れたいぶし瓦をガルテクトに葺き替え

葺き替え工事
葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築33年
建坪
24坪
保証
10年
工事費用
150万円

同じ地域の施工事例

施工事例

奈良市で築34年の瓦屋根をスレート瓦へ葺き替え工事大屋根と下屋

台風被害の和瓦屋根
大屋根の喚起棟瓦設置
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スレート瓦
築年数
築34年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
265万円
施工事例

奈良市でいぶし瓦の無料点検からスレート屋根への葺き替え工事

葺き替え工事
葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
築37年
建坪
18坪
保証
10年
工事費用
120万円
施工事例

奈良市で築30年のS瓦を予備瓦で補修工事西洋風デザインの家です

棟瓦の剥がれと破損
丸瓦の差し替え補修
工事内容
屋根補修工事
使用素材
瓦・漆喰・モルタル・コーキング材
築年数
築30年
建坪
保証
10年
工事費用
21万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下屋と庇に増し張り

奈良市で築39年のいぶし瓦屋根をガルテクトに葺き替え工事を施工しています。前回はの下屋と庇の野地板の増し張りを行いました。構造用合板を使用し野地板のメンテナンスをしたわけです。強度アップで耐震性も上がりました。今回は水切り板金と防水紙を設置...........

不陸調整

生駒市で屋根の工事をしています。前回は経年劣化により割れてしまっていた瓦を撤去していき、下地となっていた葺き土もすべてを撤去していきました。今回は長年の重量により凸凹が出来てしまっていたのでこのまま新しい屋根材を乗せていくことはできませんの...........

庇に桟木を設置

奈良市で築39年のいぶし瓦屋根をガルテクトに葺き替え工事を施工中で下屋部分の作業を行っています。前回はは下屋と庇の解体とバラ板の不陸調整を行いました。今回は、不陸調整したバラ板の上に構造用合板を重ね張りしメンテナンスを行っていきます。屋根材...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884