オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

奈良市で瓦屋根の老朽化による雨漏りで葺き替えの為、野地板の設置


奈良市で築40年が経過するお宅で、屋根の老朽化による雨漏りで和瓦屋根から立平葺き屋根に葺き替え工事をすることになりました。

前回は和瓦を撤去していく様子をご紹介しました。
今回ブログでは、新しく野地板を設置していく様子をご紹介していきたいと思います。

和瓦撤去しました

和瓦撤去後
こちらは、和瓦を全て撤去した後です。

出てきた下地のバラ板も築40年ということもあり、ずいぶん老朽化していました。
瓦がずれている部分から雨水が浸入し、下地も老朽化しているので雨水を防ぐことが出来ず、雨漏りが起こってしまったものと思われます。

早速、この上から新たに野地板を設置していきます。

垂木の設置

垂木設置中
こちらは、垂木を設置しているところです。

垂木は屋根の傾斜に沿って上から下へ流れている構造材です。この材料が屋根の基本となります。

一般的には約45センチ間隔で設置しています。
屋根材の固定などもこの垂木に合わせて釘を打てば、雨漏りの可能性が少なくなります。
野地板設置中
そして、垂木の上から野地板を設置していきます。

野地板は屋根の重要部分になりますが、普段はほとんど目にする機会がなくどんなものなのか分からない方が多いと思います。


野地板を設置します

野地板設置中
野地板は垂木と防水シート、屋根材の間に存在し、それらを結びつけることで屋根を成立させているのです。

これらのパーツが一つでも欠けたら屋根は存在しません。

野地板設置中
その中でも表面と屋根材と防水シート、内部の垂木とこれらを繋ぐ野地板は特に大事な部分と言えます。

雨漏りを防ぎます

野地板設置後
そして、もうすぐ野地板の設置が完了します。

野地板の上に設置する防水シート(ルーフィング)の準備も万端です。
これで雨漏りを防いでいきます。

野地板設置完了

野地板設置後
野地板の設置が完了しました。

これだけでも、屋根が新しく生まれ変わっていくのが分かりますね。

和瓦と立平葺きでは印象が全然違うので、仕上がりが楽しみです。
下屋根施工前
今回は下屋根部分も立平葺き屋根に葺き替えします。

次回のブログではルーフィングを設置する様子ご紹介していきたいと思います。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

奈良市で築34年の瓦屋根をスレート瓦へ葺き替え工事大屋根と下屋

台風被害の和瓦屋根
大屋根の喚起棟瓦設置
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スレート瓦
築年数
築34年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
265万円
施工事例

奈良市でいぶし瓦の無料点検からスレート屋根への葺き替え工事

葺き替え工事
葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
築37年
建坪
18坪
保証
10年
工事費用
120万円
施工事例

大和郡山市で経年劣化により割れたいぶし瓦をガルテクトに葺き替え

葺き替え工事
葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築33年
建坪
24坪
保証
10年
工事費用
150万円

同じ地域の施工事例

施工事例

奈良市で築34年の瓦屋根をスレート瓦へ葺き替え工事大屋根と下屋

台風被害の和瓦屋根
大屋根の喚起棟瓦設置
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スレート瓦
築年数
築34年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
265万円
施工事例

奈良市でいぶし瓦の無料点検からスレート屋根への葺き替え工事

葺き替え工事
葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
築37年
建坪
18坪
保証
10年
工事費用
120万円
施工事例

奈良市で築30年のS瓦を予備瓦で補修工事西洋風デザインの家です

棟瓦の剥がれと破損
丸瓦の差し替え補修
工事内容
屋根補修工事
使用素材
瓦・漆喰・モルタル・コーキング材
築年数
築30年
建坪
保証
10年
工事費用
21万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下屋と庇に防水紙設置

奈良市で築39年の瓦屋根をスーパーガルテクトへ葺き替え工事を施工しています。前回は防水紙を水切り板金、取り合い部分の大切さについてご紹介しました。今回は屋根材のスーパーガルテクトを設置していきます。下屋と庇部分が完成します!!では工事の様子...........

下屋と庇に増し張り

奈良市で築39年のいぶし瓦屋根をガルテクトに葺き替え工事を施工しています。前回はの下屋と庇の野地板の増し張りを行いました。構造用合板を使用し野地板のメンテナンスをしたわけです。強度アップで耐震性も上がりました。今回は水切り板金と防水紙を設置...........

不陸調整

生駒市で屋根の工事をしています。前回は経年劣化により割れてしまっていた瓦を撤去していき、下地となっていた葺き土もすべてを撤去していきました。今回は長年の重量により凸凹が出来てしまっていたのでこのまま新しい屋根材を乗せていくことはできませんの...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884