オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

奈良市で土葺き和瓦の下屋根を新和瓦に葺き替え



奈良市で築45年になるお住まいの土葺き和瓦の下屋根葺き替える工事をさせていただいております。
土葺き和瓦屋根から新和瓦への葺き替えで、乾式工法による施工になります。

経年劣化が進み、何らかのメンテナンスを行わなければならない状態で、このタイミングで葺き替えをご決断されました。

前回のブログでは、防水紙を設置し瓦桟の取り付け作業をご紹介いたしました。
いよいよ新しい和瓦を設置して、葺き替え工事を完成させます。
宜しくお願い致します。

瓦の下屋根葺き替え工事中、瓦桟を取り付けました

葺き替え工事中の下屋根、瓦桟設置後
既存の屋根下地に補強を施し、防水紙張りました。
防水紙を張った屋根に、新しい瓦に葺き替えるための瓦桟と呼ばれる木材を取り付けていきます。

瓦桟とは、瓦を屋根に引っ掛けて固定させて葺き替えるために必要なもので、乾式工法での瓦葺き替えでは瓦桟と呼ばれる細い木材を釘を使って打ち込み固定させます。

土葺き工法の場合は、葺き土を屋根に敷き詰めることによって瓦の高さを調整しながら葺いていく方法をとっています。
葺き土の粘着力のみで瓦を固定していることから、葺き土の経年劣化により粘着力が低下すると瓦がズレたり落下したりしやすくなります。
葺き土と瓦の重量でかなりの負担が屋根にかかり、大地震の際に土葺き瓦屋根の建物が倒壊するという被害が多く出たため、最近では新しく土葺き瓦屋根を葺くことはなくなりました。

また、土葺き瓦屋根の住宅では、乾式工法で葺き替えるなど耐震対策としての葺き替えも増加しています。

瓦の下屋根葺き替え工事進行中!新しい和瓦に葺き替えていきます

瓦葺き替えのため瓦桟を取り付けた下屋根
屋根と屋根が折り合うところを、屋根の谷部といいます。
雨樋の役割を果たしているので谷樋と呼ばれます。

構造上、屋根に降った雨水が集中する部分であり、雨漏りが生じやすい箇所ですので、工事の中でも要注意ポイントです。

谷部を葺き替える場合には防水紙を重ね張りして、雨漏り防止のための処理を施しておきましょう。
新和瓦葺き替え後の下屋根
この谷部では瓦を葺き替えていく際には、瓦自体を加工しなければならないので、とても手間がかかり作業時間を要しますが、本来の働きがスムーズに出来るように丁寧に作業していきましょう。

瓦の下屋根の谷部と棟部を葺き替え前後で比べてみましょう

before1
瓦葺き替え工事前の下屋根の様子
葺き替え工事前の谷部と棟部の様子です。

谷部は桟瓦がズレているせいかとても狭くなっています。
これでは雨水を流すための十分な導線を確保できません。

棟には、何枚もの熨斗瓦を重ねて棟瓦が作られています。
どっしりとした重厚感を感じますが、老朽化が進んできますとその重みが負担となってしまいます。

特に土葺きの棟瓦は、雨風の影響を受けやすく、ズレたり崩れたりしてしまう可能性があります。
horizontal
after1
新和瓦葺き替え後の下屋根
新しく完成した葺き替え工事後の谷部と棟部になります。

新しい桟瓦は屋根の正常な位置に葺き替えられ、谷部の幅がしっかりと確保されました。

乾式工法により棟部はスッキリとシンプルに仕上げられました。
葺き土を使用していないため、棟瓦の重量が大幅に軽減されています。

建物への負担もかなり少なくなり、地震や強風などの自然災害にも強い屋根に葺き替えられました。

棟瓦の葺き替え工事完成!いぶしの丸瓦がいいですね

新和瓦葺き替え後の下屋根
和瓦は粘土を瓦の形に成型されたものを焼いて仕上げるのですが、その工程の違いによって釉薬瓦・いぶし瓦・素焼き瓦などがあります。

・釉薬瓦は釉薬という薬液を塗って焼いた瓦。
・いぶし瓦は釉薬を塗らずに焼いた後、窯の中で燻した瓦。
・素焼き瓦はその名の通り、何も塗らずに焼いただけの瓦。

それぞれに味わいや趣がありますが、瓦と言えば銀色に輝くいぶし瓦を思い浮かべる方は多いと思います。
いぶしの光沢によって和瓦屋根独特の雰囲気を醸し出していますね。

見た目だけではなく、葺き替え工事の施工法も見直されたことで今後のメンテナンス性も向上し、比較的容易に補修点検が行なっていけるようになりました。

下屋根の瓦が綺麗に葺き替えられました

before1
瓦葺き替え工事前の下屋根の様子
葺き替え工事を始める前の下屋根の様子です。

瓦の経年劣化もありますが、全体的に黒く感じる印象です。

いぶし瓦の塗膜が剥がれて、雨水を吸収しているためと思われます。
vertical
after1
新和瓦葺き替え後の下屋根
無事に瓦の葺き替え工事が完了し、仕上がり具合は歴然としています。

下地の傷んだところも補修しましたし、まだまだしばらくはお住まいを守る下屋根として、活躍してくれることでしょう。

下屋根の瓦葺き替え工事の完成です!

下屋根は壁の取り合いなどから雨漏りが生じやすい箇所になります。
また、土葺きの瓦屋根は経年によって瓦がズレてくることが多く、瓦がズレたところから雨漏りが起こることもあります。
瓦屋根に少しでも不安を感じたら、街の屋根やさん奈良店(0120-303-884)にお電話ください。
まずは無料点検で、お家の健康状態を確認しましょう。

最後までご閲覧いただき、ありがとうございました!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

生駒市で強風で瓦が落下しカラーベストへの葺き替えを施工しました

生駒市の葺き替え工事のbefore写真
生駒市の葺き替え工事のafter写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
築39年
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
125万円
施工事例

奈良市で2軒並びで無料点検から葺き替え・棟瓦交換工事をしました

無料点検
工事完了
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
使用素材
フジスレート瓦
築年数
26年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
180万円
施工事例

奈良市で築37年瓦屋根の強風被害で棟瓦や漆喰などの修繕工事施工

強風の影響で瓦の修繕工事
瓦の取り直しと漆喰の取り直し完了
工事内容
屋根葺き替え
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
使用素材
南蛮漆喰 棟瓦 平瓦
築年数
築37年
建坪
保証
10年
工事費用
41万円

同じ地域の施工事例

施工事例

奈良市の強風で剥がれた店舗の外装板金工事、足場設置も安全第一!

奈良市の店舗の剥がれた外装板金
奈良市の店舗の剥がれた外装板金工事完成
工事内容
その他の工事
足場
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築10年
建坪
保証
10年
工事費用
13万円
施工事例

奈良市で2軒並びで無料点検から葺き替え・棟瓦交換工事をしました

無料点検
工事完了
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
使用素材
フジスレート瓦
築年数
26年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
180万円
施工事例

奈良市で築37年瓦屋根の強風被害で棟瓦や漆喰などの修繕工事施工

強風の影響で瓦の修繕工事
瓦の取り直しと漆喰の取り直し完了
工事内容
屋根葺き替え
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
使用素材
南蛮漆喰 棟瓦 平瓦
築年数
築37年
建坪
保証
10年
工事費用
41万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

生駒市の葺き替え工事で防水紙を設置

生駒市で瓦からカラーベストへの葺き替え工事を施工中です。前回のブログでは野地板のメンテナンスの様子をお届けしました。今回はメンテナンスした野地板の上に防水紙を敷き、屋根材の『カラーベスト』を設置し葺き替え工事が完了した様子を書いていきます。

生駒市の葺き替え工事で不陸調整を実施

生駒市で瓦からカラーベストへの葺き替え工事を施工中です。前回は無料点検にお伺いし、応急処置の雨養生を施しました。そして本工事を開始し、瓦と葺き土を撤去したところまでお届けしました。今回は野地板のメンテナンスの様子をお届けします。

生駒市の釉薬瓦のお住まい

生駒市にお住まいのお客様から「瓦が落下したので見に来てほしい」とご連絡をいただきました。強風が吹いた次の日に発見し、心配になったとのことでした。現在は雨漏りの被害がなくとも瓦が破損・落下してしまうと、雨漏り被害が心配になりますよね。街の屋根...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884