オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

奈良市で錆びたトタン屋根を撤去して、平らな屋根のための下地作り


奈良市で店舗の瓦棒葺きトタン屋根と外壁のリフォーム工事のご依頼をお受けしました。


今回は、まず、屋根のトタンを撤去して、平らな屋根の下地作りのために不陸調整を行っていきます。

トタンのメンテナンスについても、少しご説明したいと思います。

古くなって変色した瓦棒葺きトタン屋根

奈良市 店舗の屋根 瓦棒葺きトタン屋根
1階・2階部分で個人商店を営んでおられる建物の屋根で、屋根材は『瓦棒葺きトタン』です。
形状は片流れ、緩勾配でした。

勾配とは屋根の傾斜の角度のことで、緩勾配は傾斜が緩やかであるということ。

一般的に、緩勾配の屋根は雨水の流れが悪いので、雨漏りリスクが高いと言われます。
屋根材がトタンの場合はなおさらです。

トタンは銅板を亜鉛メッキでコーティングした屋根材で、長時間雨水に晒されることでメッキが剥がれて錆が生じ、そこから穴が開いたり、亀裂が入ったりします。
奈良市 店舗の屋根 瓦棒葺きトタン屋根
トタンと言えば錆びやすいイメージがあるかもしれませんが、コーティングが剥がれないように5年~7年に1度の塗装をしていれば耐用年数は約20年と結構長いんです。

ただ、錆びてしまったトタンは、その上に新しい屋根材を貼ると錆が新しい屋根材に移る『もらい錆』が起こる可能性があるので、葺き替える必要があります。

錆びたトタンの葺き替えには、耐震性を考え、トタンと同様に軽量な金属屋根をおススメします。

葺き替え工事を始めます

トタンを撤去、不陸調整していきます

奈良市 店舗の屋根 瓦棒葺きトタン屋根不陸調整
屋根からトタンを撤去しました。

雨漏りが生じていたわけではないので、古い野地板は、多少劣化してはいたものの、とても綺麗でした。

屋根下地の補強のために、古い野地板は剥がさず、その上から新しい野地板を貼る『増し張り』で施工していきます。
奈良市 店舗の屋根 瓦棒葺きトタン屋根不陸調整
野地板の『増し張り』をする前に、屋根の下地作りを行っていきます。

古い野地板は、例え屋根材が軽量なトタンであったとしても、経年劣化によって多かれ少なかれ凸凹が出来てしまうものです。

凸凹の野地板に新しい野地板を貼ってしまうと、古い野地板との間に隙間が出来たり、しっかりと固定出来なかったりします。
奈良市 店舗の屋根 瓦棒葺きトタン屋根不陸調整
そうした不具合を調整するために、屋根の基礎となる垂木の位置に合わせて補強垂木と呼ばれる木材を設置していくことによって、新しい野地板を平らに貼ることが出来るのです。
この一連の作業を『不陸調整』と言います。

『不陸調整』は、新しい野地板を貼ってしまうと見えなくなりますが、野地板を平らに貼ることが出来ると、屋根材を設置した時の出来栄えに大きな影響を及ぼします。

屋根の葺き替え工事を依頼したら、『不陸調整』が施されているか、是非確認してもらいたいと思います。


新しい野地板を貼ります

奈良市 店舗の屋根 瓦棒葺きトタン屋根 野地板貼り
『不陸調整』の作業がしっかり出来たら、やっと新しい野地板を貼る作業が出来ます。

野地板の『野』とは、目に見えないところに用いるという意味です。

野地板は屋根材を設置すれば全く見えなくなるので、『野』地板と呼ばれるのです。

表面上は見えないので、塗装は必要ありません。
奈良市 店舗の屋根 瓦棒葺きトタン屋根 野地板貼り
新しい野地板には、構造用合板を使用します。

合板とは、薄い木板の繊維方向を交互に直交するように何枚かをプレスして貼り合わせた板の事です。

構造用合板は、建物の構造上、重さに耐える力が必要な部分に使用するという目的で作られたもので、一枚の合板が広く出来ているため、雨漏りの危険も少なくなります。
奈良市 店舗の屋根 瓦棒葺きトタン屋根 野地板貼り
不陸調整と構造用合板で、平らな屋根に仕上げるための下地作りを行いました。


どんな屋根になるのか?お楽しみに!



同じ工事を行った施工事例

施工事例

香芝市の瓦棒葺きトタン屋根から立平葺きガルバリウム鋼板屋根へ

香芝市の瓦棒葺きトタン屋根施工前
香芝市の瓦棒葺きトタン屋根施工後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
立平葺ガルバリウム
築年数
築30年
建坪
17坪
保証
10年
工事費用
89万円
施工事例

香芝市で釉薬瓦からガルテクトへの葺き替え工事は谷板金も使用

棟瓦が無い部分を発見
黒いガルテクト設置で屋根完成
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築36年
建坪
21坪
保証
10年
工事費用
148万円
施工事例

生駒市で築38年の瓦屋根を大屋根・下屋共に葺き替え、雨樋も交換

瓦の一列が剥がれています
瓦からガルテクトへ変身
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト パナソニック製雨樋PC50
築年数
築38年
建坪
32坪
保証
10年
工事費用
195万円

同じ地域の施工事例

施工事例

奈良市で豪邸の複合瓦屋根を新しいいぶし瓦屋根へ屋根工事と雨樋交換

奈良市の瓦屋根施工前
奈良市の瓦屋根施工後
工事内容
破風板板金巻き工事
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
いぶし瓦・塩ビ雨樋
築年数
築58年
建坪
40坪
保証
10年
工事費用
325万円
施工事例

奈良市で落下物により割れている陶器瓦をガルテクトへリフォーム工事

奈良市の陶器瓦屋根の無料点検
奈良市で横葺き屋根材のスーパーガルテクト設置
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築43年
建坪
19坪
保証
10年
工事費用
185万円
施工事例

奈良市で築38年の釉薬瓦をガルテクトに葺き替え工事を施工

青い釉薬瓦の葺き替え
スーパーガルテクトの設置と完成
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築38年
建坪
18坪
保証
10年
工事費用
135万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟瓦の剥がれを発見

大和郡山市で築37年の釉薬瓦屋根のメンテナンスを考えていると無料オンライン相談からご連絡を頂きました。コロナ時代に入ってからオンライン相談が主流となっています。ご連絡からすぐに現場調査に向かわせて頂きました。予約の状態を見てですが現場調査は...........

高品質な防水紙の設置

香芝市で築36年の瓦屋根をガルテクトに葺き替え工事が完了しました。経年劣化でメンテナンスのご相談から始まったこのご依頼ですが、現場調査で、棟瓦が剥がれている所を発見しました。屋根は上に登ってみないと全体が見えない為、現場調査で破損や割れが発...........

構造用合板で増し張り完成

香芝市で築36年の釉薬瓦屋根をガルテクトにふきかえ工事依頼を頂き施工中です。雨水は侵入を防いでいるのは屋根材だけではなく、最終的に雨漏りの予防をしているのは、防水紙です。前回は、野地板の増し張りを行いました。今回は、屋根の重要な防水紙の設置...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884