オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

奈良市で店舗のモルタルとサイディングの外壁に通気胴縁を設置します


奈良市で個人商店の店舗の屋根と外壁のリフォーム工事の依頼を受けました。


今回のブログから、モルタルとサイディングの外壁をガルバリウム鋼板の外壁へとイメージチェンジさせるためにリフォーム工事を始めます。

外壁の無料点検の様子

2階モルタル壁

奈良市の店舗のモルタル壁
モルタル壁とは、セメント・砂・水を練り合わせた建築材料です。

サイディングやタイルのように貼っていく外壁材と違い職人が手作業で塗っていくため工期は長くなってしまいます。
メリットとしては、不燃性物質で作られているためかなり火に強いという性質があります。
また、仕上げの種類が豊富なためバリエーション豊かな仕上がりになるということで人気の外壁材です。
奈良市の店舗のモルタル壁

ただ、モルタルは硬くて頑丈な分、他の外壁材に比べて力が加わるとひび割れしやすいというデメリットがあります。

モルタル壁は表面が凸凹しているので、雨水などで汚れが溜まりやすく、こまめに洗浄する必要があります。

サイディング壁

奈良市の店舗のサイディング壁
こちらの外壁は、サイディングが貼られています。

サイディングという言葉を一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、詳しく知っている方は少ないかもしれませんね。

サイディングとは、セメント質と繊維質を主な原料としたサイディングボードと言われる板状の外装材で、壁に貼って使用します。
貼り付けたサイディングボードは、シーリング材でつなぎます。

外壁の張り替え工事

サイディング壁を外します

奈良市の店舗のサイディング壁を撤去
サイディングボードを外壁から外します。

サイディングボードを外すと、すぐ下地板が現れました。

このような貼り方を『直貼り工法』といい、2000年以前は一般的に施工されていた工法です。

工程が少なく工期が短くて済みますが、下地板とサイディングボードとの間に空間が無いため、内部に水や湿気が入ると逃げられないので、内部に湿気が溜まりやすいというデメリットがあります。

奈良市の店舗のサイディング壁の撤去

対して、下地板とサイディングボードの間に『通気胴縁』という木材を設置し、空気が通る隙間を開ける『通気工法』と呼ばれる工法があり、現在はこの工法が標準工法とすることが増えてきました。

今回の工事は、この『通気工法』での施工になりますので、詳しく見ていきたいと思います。

壁に胴縁を設置していきます

奈良市の店舗の外壁に胴縁設置
古いサイディングボードを外した箇所に防水・防湿シートを貼り、その上に『通気胴縁』を設置していきます。

『通気胴縁』を設置することによって、下地板と外壁材との間に通気層を設けることが出来ます。

この通気層には、外壁から侵入した雨水の内部への侵入を防ぎ、通気層を通して外部へ排出する防水の目的と、室内の湿気を通気層を通して外部へ排出する排湿の目的があります。
奈良市の店舗の外壁に胴縁設置
胴縁を使用する工法には、胴縁を縦に取り付ける縦胴縁構法と横に取り付ける横胴縁構法があり、今回の工事では横胴縁構法を採用しました。

胴縁には、厚さ15㎜以上で幅は45㎜以上の乾燥した木材を使用します。
奈良市の店舗の外壁に胴縁設置
以上で、『通気胴縁』の取り付けが終了しました。

同じ地域の施工事例

施工事例

奈良市で軽量なカラーベストにガルテクトでカバー工法を施しケラバも補修出来ました

カラーベストが強風で破損
ケラバや破風も補修
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築31年
建坪
20坪
保証
10年
工事費用
95万円
施工事例

奈良市の台風被害に遭ってしまった棟瓦を火災保険利用で積み直し工事

斑鳩町の台風で崩れた隅棟の棟瓦
斑鳩町の隅棟の棟瓦積み直し完成
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め増し
火災保険
台風
使用素材
南蛮漆喰・和瓦
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
45万円
施工事例

奈良市で台風被害で剥がれた立平葺きを火災保険請求で修理しました

奈良市の台風被害の立平葺き
奈良市の台風被害の立平葺き施工後
工事内容
屋根補修工事
火災保険
使用素材
立平葺ガルバリウム
築年数
築14年
建坪
保証
10年
工事費用
18万円
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884