オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

奈良市の大屋根の棟部に雨水の侵入を防ぐ棟瓦設置で葺き替え工事完成


奈良市で土葺きのいぶし瓦屋根葺き替え工事をしています。

未施工の大棟には雨養生を施して、作業を終了しました。

今回は、大屋根の大棟に雨水の侵入を防ぐ棟瓦を設置して大屋根の葺き替え工事を完成させます。

雨漏り防止のため、ブルーシートで雨養生

奈良の複合屋根の棟に雨養生
前回は雨が降り出したため、未施工の棟瓦から雨水が侵入しないように、棟部にブルーシートを被せて雨養生して作業を終了しました。

このように、施工中の屋根には屋根内部への雨水の侵入を防止するために、こまめにブルーシートを被せるようにしています。

今日の作業は、ブルーシートを撤去するところから始めます。

棟瓦の設置をしていきます

奈良市の瓦屋根の棟瓦施工前
切妻形状の屋根の両面に軒先から棟へと順にいぶし瓦を葺いていくと、棟部に隙間が出来てしまいます。

このまま放っておくと、隙間の空いた棟部から雨水が屋根材の下に侵入し放題になってしまいます。

そこで、棟部には棟瓦を設置して棟部の隙間を塞ぎ、雨水の侵入を防ぐ作業をしていきます。
奈良市の瓦屋根の棟瓦施工中
棟部の隙間に土を盛り、その上にのし瓦を固定。
のし瓦の上に土を盛り、その上に更にのし瓦を固定する作業を繰り返して、のし瓦を積み上げていきます。

のし瓦は、棟に降った雨水を屋根面に流すために積まれているのですが、昔はのし瓦がたくさん積まれていると家が立派に見えるという見栄の部分も多くあったようです。
ただ、のし瓦をあまり高く積んでいると、地震の際に崩れやすくなるということで、最近ではわざわざ低く積み直す方もいらっしゃいます。
奈良市の瓦屋根の棟瓦施工中
一番上ののし瓦の上に漆喰を乗せていきます。

よく見ると、漆喰の中から銅線が出ているのが見えますね。
冠瓦を設置したら、この銅線を使って固定するんですよ。

見てわかるように、のし瓦には一枚の瓦の真ん中に切り込みがあり、半分に割って使用します。
ちなみに、空手の瓦割に使用される瓦はのし瓦です。

棟瓦が完成しました

奈良市の瓦屋根の棟瓦完成
のし瓦の上に冠瓦を設置して銅線で固定し、両端には鬼瓦を取り付けて棟瓦が完成しました。

桟瓦とのし瓦の間の隙間には漆喰を詰め、雨水の侵入を防いでいます。

漆喰は外壁にも使用される石灰を主成分とした建築材料ですが、新しくなったいぶし瓦と真っ白い漆喰のコントラストがとても綺麗ですね。

今は色んな屋根材があって、それぞれにメリットも多いですが、個人的には和風で趣のある瓦屋根がとても好きです。

完成した大屋根の全貌をご覧ください

before1
奈良のいぶし瓦屋根施工前
築58年ということで、今までに何度か屋根の補修をされてきたようで、色の違う瓦も数か所ありました。

いぶし瓦の耐用年数は30年~50年なので、葺き替え工事のタイミングとしてはいい時期だったと言えるでしょう。
horizontal
after1
奈良のいぶし瓦屋根施工後
葺き替え前と同じいぶし瓦での施工ですが、全く違う屋根のようですね。

いぶし銀なんて言葉もあるように、新しいいぶし瓦は太陽の光に輝いてとても綺麗です。

土葺き工法から乾式工法へ施工方法を変更したことで、同じ瓦屋根でも屋根の重量がかなり軽減出来ました。
before1
奈良市の傷んだ破風板
段違いの屋根のケラバの破風板です。

長年雨風に晒されて、すっかり傷んでしまっていました。
これでは、横から吹き付ける雨水を防ぐことが出来ません。
horizontal
after1
奈良市のいぶし瓦屋根の破風板施工後
葺き替え工事の際に、破風板をスッポリ覆うくらい大きな板金を設置しました。

これで屋根面からの雨水と横からの雨水の侵入を防ぐことが出来ます。

以上で大屋根の葺き替え工事が完成です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

奈良市で豪邸の複合瓦屋根を新しいいぶし瓦屋根へ屋根工事と雨樋交換

奈良市の瓦屋根施工前
奈良市の瓦屋根施工後
工事内容
破風板板金巻き工事
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
いぶし瓦・塩ビ雨樋
築年数
築58年
建坪
40坪
保証
10年
工事費用
325万円
施工事例

五條市の耐震性が低く重い瓦屋根を屋根工事で地震に強い軽量屋根に!

五條市の青色釉薬瓦屋根施工前
五條市のスーパーガルテクト屋根施工後
工事内容
破風板板金巻き工事
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築29年
建坪
18坪
保証
10年
工事費用
168万円
施工事例

生駒市で築30年になる和瓦屋根で玄関付近の軒破風板金巻き工事

工事前の玄関付近の様子
破風板に板金を巻いた様子
工事内容
破風板板金巻き工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築30年
建坪
保証
10年
工事費用
4万8千円

同じ地域の施工事例

施工事例

奈良市トタンの錆びによる補修依頼でスーパーガルテクトに葺き替え

軒先の板金をガルテクトへ葺き替え
スーパーガルテクト軒先へ施工
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
45万円
施工事例

奈良市で築31年の釉薬瓦屋根の軒先瓦が落下、補修工事を施工

軽微な軒先の瓦落下の補修
軽微な軒先の瓦落下の補修
工事内容
屋根補修工事
使用素材
釉薬瓦 釉薬瓦 南蛮漆喰
築年数
築31年
建坪
保証
10年
工事費用
10万円
施工事例

奈良市で瓦屋根の修理、雨樋工事と棟瓦取り直し工事で安心の屋根に!

奈良市の雨樋工事 施工前
奈良市の雨樋工事 施工後
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨樋交換
使用素材
パナソニック アイアン丸・南蛮漆喰
築年数
築38年
建坪
保証
10年
工事費用
45万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

工事前の玄関付近の様子

生駒市で築30年の和瓦屋根のお客様より、お問い合わせをいただきました。玄関付近の軒先部分が傷んでいるので、何とかならないものかというご相談でした。百聞は一見に如かずです。まずは現場の状態を見させていただきたいと思います。

屋根材設置前のお住まい

奈良市で築25年になります瓦屋根のお住まいが、台風被害により雨漏りが発生いたしました。セメント瓦屋根から横葺き板金ガルテクトへ葺き替え工事をさせていただくことになりました。前回のブログでは、お住まいの下屋根部分にガルテクトを設置していく様子...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884