オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

築20年の長屋で波板・瓦・雨樋の補修作業をしました


工事のきっかけ

台風でベランダの波板が飛んでしまったので、修復してほしいとご連絡があり、早速現地調査に向かいました。
ベランダの波板は見事に飛ばされていましたので、貼りかえることになりました。
その際、同時に屋根の点検も依頼され、欠けた瓦と雨樋の交換も依頼されました。

屋根補修工事,雨樋交換 波板補修工事

ビフォーアフター

before
波板施工前
horizontal
after
2015744.3FE1A801BED2D31423A1EF4260A39061.15071603-after

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,雨樋交換
施工期間
1日
使用材料
施工内容その他
波板補修工事
築年数
20年
保証年数
10年
工事費用
18万円
建坪
ハウスメーカー
以前奈良市で工事をさせて頂いたお客様からのご紹介で、築20年の長屋のベランダの波板が台風で飛んでしまったので、修復してほしいとご連絡頂きました。
早速、現地調査に向かいました。

屋根に上って点検します

現地調査
波板が飛んでしまったベランダは、玄関から見て反対側になりますが、反対側は梯子をかけるスペースがないため、玄関側から梯子をかけて、玄関側からアプローチします。
屋根に上がったついでに、屋根の点検を依頼されました。

波板の修復をしました

波板準備
ベランダの様子を確認しました。
波板は見事になくなっていました。
注意深く観察しましたが、波板を支えているサッシ等には破損はなさそうです。
波板設置
お客様とご相談して、ポリカーボネードの波板を使用することになりました。
ポリカ波板とも呼ばれていて、透明で裏表があるのが特徴で、耐久性が強いながら、のこぎりで切れるという利便性があり、耐用年数が長いというメリットがあります。
紫外線を通さないという特徴もあり、日焼けのリスクが少なくなるので女性には嬉しいですね。

欠けた瓦を交換しました

屋根破損
屋根を点検していて、欠けている瓦を数枚見つけました。
注意深く点検しましたが、隅が欠けているだけで、浮きやズレはないようです。
お客様にご報告したところ、欠けている瓦だけを交換してほしいというご要望でしたので、続けて、瓦の交換作業に移ります。


2015744.323B1BCF1591E7D336D0EC7586460616.15071603-columns2
こちらの瓦は粘土瓦ですが、粘土瓦の中の陶器瓦と呼ばれるもので、釉薬をかけることで、色を出したり、保護性をより強くしたりした瓦のことです。
御茶碗やお皿によく使われている物と同じと考えれば、想像しやすいと思います。
瓦完了
割れていた瓦を交換しました。
同じ陶器瓦ですが、新しい瓦は色艶が鮮やかなので、どこを交換したのか、すぐにわかります。

雨樋を交換しました

雨樋施工前
点検で雨樋も色あせて、所々傷んでいることがわかり、この機会にとお客様から交換を依頼されました。
雨樋施工後
新しい雨樋の色は濃い茶色で、落ち着いていて、品のある雨樋になったと思います。
集水器も同色でまとめ、スタイリッシュになりました。

【工事完了後】

波板設置
ベランダの屋根の波板が完成しました。
屋根の上から見てみると、透明なポリカ波板はとてもきれいで、ベランダも生まれ変わったようでした。
瓦完了
瓦は他の屋根材と比較しても特に割れやすく、飛来物によってすぐに欠けたり割れたりしてしまいます。
最初は小さな不具合でも、放っておくとそこから雨漏りのような大きな不具合に発展したりもします。

屋根の寿命を長持ちさせるためにも、定期的な点検をオススメします。
雨樋施工後
最後に雨樋を交換して、今回の作業は完了しました。

今回の工事では3種類の作業がありましたが、一つ一つは軽微な作業だったので、施工期間は1日で完了しました。

点検で他には大きな不具合が無いことを確認し、お客様はとても安心されていました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

奈良市で築38年の瓦屋根台風で倒壊、大屋根と下屋根の修理を施工

棟瓦が飛ばされて跡形もない状態
棟瓦が飛ばされて補修工事完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
いぶし瓦
築年数
築38年
建坪
保証
10年
工事費用
48万円
施工事例

大和郡山市で築35年の棟瓦が強風の影響で破損、取り直しと漆喰補修

棟瓦の取り直しと漆喰
一部瓦の補修工事
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
南蛮漆喰・陶器瓦
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
35万円
施工事例

橿原市築34年無料点検ご利用から棟瓦漆喰詰め直し施工までの流れ

漆喰の劣化と棟瓦
漆喰の詰め直しと棟瓦
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
南蛮漆喰
築年数
築34年
建坪
保証
10年
工事費用
25万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

防水紙と瓦桟木設置

奈良市で築38年の瓦屋根は台風の影響で経年劣化した屋根を直撃、瓦は剥がれ破損、下屋根は倒壊しました。前回は、下屋根の下地作りで垂木と野地板の張り直しを行いました。今回は、防水紙を張り瓦桟木を設置して瓦を葺き土で固定していきます。では工事の様...........

瓦の撤去後垂木の修理

奈良市で築35年の瓦屋根のお住まいが台風の被害に遭いました。経年劣化と台風の威力が重なり、瓦が耐えられなかったのが原因です。前回は、大屋根部分の棟瓦の取り直しと平瓦の補修工事を行いました。今回は、下屋根部分の解体撤去後、垂木や野地板を施工し...........

棟瓦が飛ばされて跡形もない状態

奈良市で老朽化した和瓦屋根が台風の影響で棟瓦は吹き飛び、平瓦も破損、下屋根に関しては倒壊してしまっています。前回は現場調査で屋根の状態を把握し見積もりからご依頼を頂くところまでをご紹介しました。今回は棟瓦と平瓦の補修工事開始から完了までをご...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884