オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

奈良市で築35年の和瓦屋根を地震対策で横暖ルーフに葺き替えました


工事のきっかけ

近年、地震や台風などの被害は日本全国で起こっていて、家は大丈夫かなと考えた時に、とても心配になりました。

点検をお願いしたときにはまだ、葺き替え工事などは考えてはいませんでしたが、屋根の様子を写真で見せてもらって、営業の方がとても丁寧にわかりやすく説明してくれて、費用もかかるしすごく悩みましたが、最終的にはお任せしようと決めました。

奈良市 屋根葺き替え,足場 和瓦から横暖ルーフへ

ビフォーアフター

before
和瓦屋根写真
horizontal
after
横暖ルーフ 完成

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,足場
施工期間
6日
使用材料
横暖ルーフ
施工内容その他
和瓦から横暖ルーフへ
築年数
築35年
保証年数
10年
工事費用
120万円
建坪
22坪
ハウスメーカー

奈良市の築35年の和瓦屋根のお宅のお客様からお問い合わせをいただいた工事についてご紹介していきます。

近年、被害が多発していることで心配になったそうで、地震自然災害に備えたいので相談したいとのことです。

現状を確認してからご提案させていただくということで、早速、現地調査に伺いました。

無料点検を行います

屋根の上に上ってみました

和瓦屋根写真
経年劣化により、和瓦の表面は色あせていました。
和瓦の表面の塗膜が剥がれ、防水効果が低下している証拠です。

所々違った色の瓦が見受けられますが、これは部分補修をされた跡です。

和瓦は屋根材の中でも最も重く、家の重心が高くなるため、地震発生時には横揺れが大きく、耐震性については低い屋根材です。
また、こちらの屋根は、土葺き工法で施工されていて、瓦の重さに土の重さが加わるため、さらに重くなります。

逆に瓦の重さは、台風には効果がありますが、これほどまでに塗膜が剥がれ、防水効果が低下していると雨漏りが生じるリスクがあります。

そこで、お客様には和瓦よりも軽量で、耐久性にも優れている横暖ルーフへの葺き替えをご提案させていただきました。
 
費用のこともあり、大変悩まれていましたが、こちらの説明にご納得いただき、決断していただきました。

それでは、葺き替え工事を始めます。

葺き替え工事を始めます

和瓦と葺き土を取り除いていきます

和瓦屋根写真
瓦を1枚ずつ剥がしていきます。

経年劣化により傷んだ瓦は、作業のために体重がかかってもひび割れが起きる状態でした。

これでは、いつ雨漏りが始まってもおかしくありません。
土のう袋写真
瓦と葺き土を撤去しました。

土嚢袋に土を詰めて、階下へと下していきます。

最終的にはトラック1台分にもなりました。

これだけの土が乗っていたのですから、重いはずですね。

古い防水紙を撤去します

撤去後写真
瓦と葺き土を撤去すると古い防水紙が現れました。

防水紙は全体的に老朽化して傷んでいます。

特に、屋根の端には破れているところもありました。
瓦撤去後写真
古い防水紙を剥がしていきます。

その下から現れた野地板はバラ板でした。

土葺き工法では野地板にバラ板が使用されていました。

これは、当時の防水紙は今ほど通気性の良くなかったので、屋内の湿気を排湿するためだったと考えられています。

新しい野地板を貼ります

野地板設置写真
古い防水紙を剥がしたバラ板の上に、新しい野地板を「増し張り」していきます。

「増し張り」とは古い野地板を剥がさずに新しい野地板を貼ることで、屋根の下地補強の役割もあります。

新しい野地板には構造用合板を使用します。

バラ板と違い、隙間なく貼っていきます。

新しい防水紙(ルーフィング)を貼っていきます

防水紙設置写真
貼り終えた野地板の上に、新しい防水紙(ルーフィング)を貼っていきます。

防水紙(ルーフィング)は軒先から棟に向かって、重ね代を20cmほど取って貼っていきます。

屋根の頂上から流れ落ちる雨水が跳ね返った際にも防水紙の内側に浸水しないようにするためです。

棟は雨漏りが生じやすい箇所ですので、しっかりと重ね貼りをして防水効果を高めます。

【工事完了後】

横暖ルーフ設置後写真
横暖ルーフを設置して、屋根の葺き替え工事が完成しました。

横暖ルーフは和瓦の約1/10の重量なので、お客様の心配されていた耐震効果は高められます。

また、横暖ルーフは断熱性と耐水性にも優れているので、自然災害に強い屋根材と言えます。
横暖ルーフ設置後写真
和瓦に比べて、洋風な雰囲気に生まれ変わりました。

生まれ変わった屋根をご覧になって、葺き替えを迷われていたお客様にも喜んでいただきました。

屋根は普段あまり関心がないと思いますが、雨漏りが生じる前に定期的に点検されることをおススメします。

無料点検のことなら、街の屋根やさん奈良店にご用命ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

奈良市で長屋の大屋根・差し掛け屋根の葺き替え・下屋のカバー工事

切妻屋根の棟瓦とシート
横葺き工法で葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
足場
使用素材
ガルバリウム製横葺き板金
築年数
築36年
建坪
16坪
保証
10年
工事費用
100万円
施工事例

奈良市で入母屋屋根をガルテクトへ葺き替え、下屋とバルコニーも補修

和瓦屋根の経年劣化
長屋の一棟にガルテクト
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築38年
建坪
20坪
保証
10年
工事費用
180万円
施工事例

奈良市で築32年瓦をカラーベストに生まれ変わらせた葺き替え工事

瓦屋根が台風被害で応急処置
大屋根をカラーベストで葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
足場
台風
使用素材
カラーベスト
築年数
築32年
建坪
24坪
保証
10年
工事費用
130万円

同じ地域の施工事例

施工事例

奈良市で長屋の大屋根・差し掛け屋根の葺き替え・下屋のカバー工事

切妻屋根の棟瓦とシート
横葺き工法で葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
足場
使用素材
ガルバリウム製横葺き板金
築年数
築36年
建坪
16坪
保証
10年
工事費用
100万円
施工事例

奈良市で入母屋屋根をガルテクトへ葺き替え、下屋とバルコニーも補修

和瓦屋根の経年劣化
長屋の一棟にガルテクト
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築38年
建坪
20坪
保証
10年
工事費用
180万円
施工事例

奈良市で棟瓦・平瓦交換と漆喰詰め直し、屋根補修工事で不具合解消

奈良市の瓦屋根の崩れた棟瓦点検
奈良市の棟瓦の瓦交換
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
陶器瓦・南蛮漆喰
築年数
築37年
建坪
保証
10年
工事費用
30万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

TAJIMA防水紙の設置

奈良市で築40年の瓦屋根(長屋)の葺き替え工事を行っています。前回はかさ上げを行い、野地板の増し張りで下地のメンテナンスと強化を行いました。今回は防水紙設置とトタン部分の補修工事を開始していきます。では、工事の様子をご覧ください!!

棟瓦

奈良市で住宅屋根の葺き替え工事をしています。前回は、乾式面戸を用いて屋根に瓦を設置していきました。工事も終盤に入りまして、棟瓦を設置して今回の葺き替え工事は完成です。どのような屋根に仕上がるのか楽しみです。それでは完成までの工事の様子を紹介...........

増し張りで下地強化

奈良市で築40年の長屋瓦屋根の葺き替え工事を行っています。前回は、工事開始で瓦と葺き土の撤去を行い、歪んだ野地板を補強垂木でかさ上げしました。今回は、野地板の増し張りを行い谷板金を設置していきます。では、工事の様子をご覧ください!!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884