オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

上牧町で雨漏りの和瓦屋根のお客様のお困りごとを全部解決しました!


工事のきっかけ

大雨が降った日、天井にシミを見つけて、雨漏りだと思いました。

よく見ると、壁にも流れてきています。
慌てて屋根の修理をしてくれる業者を探していたところ、ネットで街の屋根やさん奈良店を見つけました。

今までの工事の様子がよくわかり、無料点検と書いてあったので、電話しました。

担当の方の説明もとても丁寧で、雨漏りの箇所も分かり、あとずっと気になってたベランダの割れた屋根もまとめて修理してもらうことになりました。

連絡するまですごく迷いましたが、思い切って連絡してよかったです。

上牧町 屋根補修工事,屋根葺き替え,棟瓦取り直し,その他の工事 波板交換

ビフォーアフター

before
上牧町 いぶし瓦屋根 大屋根 施工前
horizontal
after
上牧町 いぶし瓦屋根 大屋根 施工後

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,屋根葺き替え,棟瓦取り直し,その他の工事
施工期間
14日
使用材料
かわらS・いぶし瓦・ポリカ波板
施工内容その他
波板交換
築年数
築32年
保証年数
10年
工事費用
215万円
建坪
26坪
ハウスメーカー
上牧町で雨漏りでお困りの和瓦屋根のお客様から無料点検のご依頼をいただき、早速現地にお伺いしました。

寄棟形状の大屋根と下屋根があり、大屋根から繋がるベランダは波板屋根でした。

瓦自体には著しい劣化はない様に見えましたが、点検の結果、雨漏りは部分から生じていることがわかりました。

下屋根の瓦は多数割れていて、ベランダの波板屋根は穴が開いていました。

お客様とご相談した結果、大屋根は葺き替え、下屋根は棟瓦取り直し工事割れた瓦の差し替え、波板屋根はポリカ波板に交換することになりました。

無料点検を始めます

大屋根

上牧町 いぶし瓦屋根 大屋根 施工前
寄棟形状でいぶし瓦の大屋根は、階下から見上げた時は、そんなに劣化してるようには見えませんでした。

屋根に上ってみると、棟瓦が歪んで葺き土が流れ出て、瓦同士に隙間も出来ていました。

雨漏りはこの棟部分から生じていることがわかりました。

階下から見えなかった反対側の瓦は、桟瓦が多数破損していました。

雨水が室内にまで侵入していることと、破損箇所が広範囲に及んでいることを考慮して、葺き替え工事をすることになりました。

下屋根

上牧町 いぶし瓦屋根 下屋根 施工前
下屋根も大屋根同様いぶし瓦屋根でした。

下屋根の隅棟にも歪みがあり、やはり雨漏りが生じていました。

隅棟の棟瓦の取り直し工事をして、棟からの雨漏りを防ぎます。
上牧町 いぶし瓦屋根 下屋根 施工前
下屋根の桟瓦には、破損している箇所が多数ありました。

そういえば、大屋根の桟瓦が破損していたのも同じ側の屋根でした。
大屋根の瓦が落ちてきて、下屋根の桟瓦が破損したのかも・・・

テープで補修したのはお客様ご自身だそうです。

破損した瓦は全部差し替えます。

ベランダの波板屋根

上牧町 塩ビ波板屋根 施工前
大屋根から続く、2階ベランダの波板屋根です。

端の1枚が割れていて、物干し場として利用されている奥様はとてもお困りでした。

波板屋根の材質は塩化ビニール、略して『塩ビ』で、『塩ビ』は安価で、柔軟性があるので加工しやすいのが特徴ですが、太陽熱や風雨によって劣化しやすく、硬化してしまいます。

耐用年数は1~3年と言われ、耐用年数以上に経過しているこの屋根は、太陽の光をあまり通さなくなっていました。

この波板は、ポリカ波板に交換することになりました。

大屋根の葺き替え工事

いぶし瓦の撤去

上牧町 いぶし瓦屋根 大屋根 施工中
古い屋根材のいぶし瓦を撤去しました。

こちらの屋根は、土葺き工法で葺かれていましたので、大量の葺き土が現れました。
上牧町 いぶし瓦屋根 大屋根 施工中
葺き土を綺麗に取り除き、掃除すると下には、古いバラ板がありました。

土葺き工法では、通気性を確保するために、野地板としてバラ板が使用されていました。

雨漏りはありましたが、腐食などの著しい劣化はありませんでしたので、バラ板の上に、新しい野地板を増し張りすることにしました。

屋根下地に不陸調整をします

上牧町 いぶし瓦屋根 大屋根 施工中
新しい野地板を張る前に、バラ板に木材を設置して、不陸調整をします。

土葺き工法でのバラ板は、葺き土と瓦の重さで、多くの場合凹みが出来ています。
特に雨漏りが生じていた屋根では、その凹みが大きくなります。

平らでないバラ板に新しい野地板を張っても、平らには張れないので、不陸調整によって凹みを補正するのです。
上牧町 いぶし瓦屋根 大屋根 施工中
不陸調整をしたバラ板の上に、新しい野地板として構造用合板を増し張りしました。

寄棟屋根の形状に合わせて、隙間なく張り合わせました。

不陸調整を丁寧に施したので、綺麗な平らに野地板を張ることが出来ました。

新しい防水紙(ルーフィング)を貼りました

上牧町 いぶし瓦屋根 大屋根 施工中
平らにきれいに張れた野地板の上に、防水紙(ルーフィング)を十分に重ね代を取って、下から上に向かって貼っていきました。

棟には重ね貼りをして、防水効果を高めます。

防水紙(ルーフィング)が屋根下地への雨水の侵入を防ぎ、雨水による腐食から屋根を守ってくれます。

かわらSを設置しました

上牧町 いぶし瓦屋根 大屋根 施工中
大屋根の葺き替えには、かわらSを使用しました。

天然石とガルバリウム鋼板のハイブリッド屋根材で、色あせしにくく、耐久性に優れているので、メンテナンスコストを削減できます。

軽量で、大きな重ね代とインターロック固定法でしっかり固定するし、表面の凸凹でしっかりと落雪を防止するため、地震台風・積雪などの自然災害に強い屋根材です。
上牧町 いぶし瓦屋根 大屋根 施工中
かわらSを葺いた大屋根の棟部分には、棟用スペーサーを取り付けていきます。

これは、棟板金設置には欠かせない貫板の役割を果たしています。

素材はガルバリウム鋼板ですので、腐食する心配がなく、雨水が侵入しやすい棟部分に設置しても安心です。
詳しい工事の工程は是非、現場ブログをご覧くださいね。

【工事完了後】

上牧町 いぶし瓦屋根 大屋根 施工後
棟部分に設置した棟用スペーサーに棟板金を被せて、ビスで固定しました。

平部と同色の棟板金を設置して、屋根全体に統一感が生まれ、スタイリッシュな屋根になりました。

雨漏りが止まって、安心して暮らせますとおっしゃっていただきました。
上牧町 いぶし瓦屋根 下屋根 施工後
下屋根の棟瓦の取り直し工事が完成しました。

元の棟瓦は、3枚ののし瓦の上に冠瓦が設置されていましたが、新しい棟瓦にはのし瓦を設置せず、冠瓦のみで仕上げました。

冠瓦を丸瓦から紐丸瓦にしたことで、雰囲気が変わりましたね。

のし瓦には雨水の侵入を防ぎやすくするという目的もありますが、高い棟は地震の際に崩れやすくなるので、のし瓦を使用しない棟に変更される方も多いですよ。
上牧町 いぶし瓦屋根 下屋根 施工後
割れた瓦を一枚ずつ差し替えました。

瓦の差し替えには、大屋根で撤去したいぶし瓦を再利用しました。

完成した下屋根を見ても、どこを差し替えたのかわかりませんね。
上牧町 波板屋根 施工後
ベランダの『塩ビ』の波板屋根をポリカ波板に交換しました。

これで場所を気にすることなく洗濯物が干せますと、奥様は喜んでおられました。

透明度がアップし、太陽光が降り注ぐので洗濯物はよく乾くでしょうが、紫外線は通さないので、日焼けしませんよ。

今回は、屋根の葺き替え・棟瓦取り直し・割れた瓦の補修・波板交換とたくさんの工事をさせていただきました。

屋根のことならどんなことでも街の屋根やさん奈良店(0120-303-884)にご相談ください。
お客様にとって最適な工事をご提案します!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

奈良市で築38年の瓦屋根台風で倒壊、大屋根と下屋根の修理を施工

棟瓦が飛ばされて跡形もない状態
棟瓦が飛ばされて補修工事完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
いぶし瓦
築年数
築38年
建坪
保証
10年
工事費用
48万円
施工事例

大和郡山市で築35年の棟瓦が強風の影響で破損、取り直しと漆喰補修

棟瓦の取り直しと漆喰
一部瓦の補修工事
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
南蛮漆喰・陶器瓦
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
35万円
施工事例

橿原市築34年無料点検ご利用から棟瓦漆喰詰め直し施工までの流れ

漆喰の劣化と棟瓦
漆喰の詰め直しと棟瓦
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
南蛮漆喰
築年数
築34年
建坪
保証
10年
工事費用
25万円

同じ地域の施工事例

施工事例

奈良県上牧町で倉庫の明り取りが要らなくなったスレート波板を差し替え

工事前スレート屋根
波型スレート張り替え
工事内容
屋根補修工事
倉庫
使用素材
大波スレート
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用
10万円
施工事例

上牧町で築38年の太陽熱温水器付き大波スレート屋根を葺き替え

スレート屋根倉庫
大波スレート葺き替え後
工事内容
屋根葺き替え
倉庫
使用素材
大波スレート
築年数
築38年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
125万円
施工事例

上牧町で経年劣化したトタン葺き屋根を立平葺きガルバに葺き替え

施工前屋根
屋根完成
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
立平
築年数
築40年
建坪
22坪
保証
10年
工事費用
77万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

防水紙と瓦桟木設置

奈良市で築38年の瓦屋根は台風の影響で経年劣化した屋根を直撃、瓦は剥がれ破損、下屋根は倒壊しました。前回は、下屋根の下地作りで垂木と野地板の張り直しを行いました。今回は、防水紙を張り瓦桟木を設置して瓦を葺き土で固定していきます。では工事の様...........

瓦の撤去後垂木の修理

奈良市で築35年の瓦屋根のお住まいが台風の被害に遭いました。経年劣化と台風の威力が重なり、瓦が耐えられなかったのが原因です。前回は、大屋根部分の棟瓦の取り直しと平瓦の補修工事を行いました。今回は、下屋根部分の解体撤去後、垂木や野地板を施工し...........

棟瓦が飛ばされて跡形もない状態

奈良市で老朽化した和瓦屋根が台風の影響で棟瓦は吹き飛び、平瓦も破損、下屋根に関しては倒壊してしまっています。前回は現場調査で屋根の状態を把握し見積もりからご依頼を頂くところまでをご紹介しました。今回は棟瓦と平瓦の補修工事開始から完了までをご...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884