オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

桜井市の雨漏りでお困りのモニエル瓦屋根の棟瓦をリフォームしました


工事のきっかけ

屋根の雨漏りに気づいて、慌てて工事業者を探し始めました。
インターネットで検索して、いくつかの業者に見積もりを依頼しました。

モニエル瓦という今は無い屋根材なので、屋根全面を交換しないといけないのかなと不安でしたが、無料で点検してくれて、”頂上の棟瓦だけで大丈夫ですよ”と言ってくれて、とても良心的だなと感じて、信頼できると思い、お願いすることにしました。

桜井市 屋根補修工事,棟瓦取り直し,その他の工事 ベランダ波板交換

ビフォーアフター

before
桜井市 モニエル瓦屋根 棟瓦施工前
horizontal
after
桜井市 モニエル瓦屋根 棟瓦取り直し工事完了

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,棟瓦取り直し,その他の工事
施工期間
5日
使用材料
モニエル瓦・ポリカ波板
施工内容その他
ベランダ波板交換
築年数
築34年
保証年数
10年
工事費用
48万円
建坪
ハウスメーカー
桜井市のモニエル瓦屋根のお客様から、雨漏りで困っているので点検してほしいとご連絡をいただき、早速現地にお伺いしました。

無料点検をさせていただき、部分から雨漏りしていることを確認しましたので、棟瓦のリフォーム工事をすることになりました。

モニエル瓦とは、粘土瓦ではなくセメント瓦の一種ですが、現在は生産されていません。

この施工事例では、モニエル瓦についても少し触れたいと思います。

モニエル瓦の施工事例はあまりありませんので、モニエル瓦屋根のお宅にお住いのお客様は是非参考になさってくださいね。

無料点検の様子

大屋根の棟瓦を点検します

桜井市 モニエル瓦屋根 棟瓦施工前
屋根に上ってみました。

こちらの屋根は、切妻形状のモニエル瓦屋根でした。

瓦と言えば和瓦を思い浮かべると思いますが、その他に、セメント瓦やコンクリート瓦などがあります。

モニエル瓦は、1970年代~80年代に人気を博して輸入品のセメント瓦の一種で、ヨーロッパで広く普及している瓦です。

日本では1973年から日本モニエルという会社が代理店となって取り扱ってきましたが、2010年に日本モニエル社は無くなり、現在モニエル瓦は生産されていません。
桜井市 モニエル瓦屋根 棟瓦施工前
モニエル瓦はセメント瓦の一種ですが、一般的なセメント瓦は瓦の下の小口部分が滑らかなのに対して、モニエル瓦は凸凹しているので、区別することができます。
桜井市 モニエル瓦屋根 棟瓦施工前
無料点検の結果、雨漏りは棟部分から生じていることを確認しましたので、一旦、棟瓦を取り外して再度積み直す、棟瓦取り直し工事で棟瓦のリフォームをすることになりました。

桟瓦の点検

桜井市 モニエル瓦屋根 桟瓦施工前
下屋根の桟瓦を点検していきます。

他の瓦に比べて、特に変色している瓦を発見しました。

モニエル瓦を含めたセメント瓦には瓦自体には防水性がなく、定期的な塗装が推奨されています

この瓦は、水を弾くことが出来ずに染み込んでしまった、ということですね。
桜井市 モニエル瓦屋根 桟瓦施工前
小さいですが、表面に欠けのある瓦を見つけました。

どちらも、屋根への影響は軽微ですが、この機会に補修しておきましょう。

剥がれたベランダの波板

桜井市 モニエル瓦屋根 ベランダ波板 施工前
大屋根から続くベランダの波板が剥がれていました。

元々は、塩化ビニール製の波板が設置されていたそうが、劣化によって割れて剥がれてしまったとのことです。

よく見ると、垂木が少し傷んでいるのか、変色していますね。

垂木を補強して、新しい波板を設置しましょう。
桜井市 モニエル瓦屋根 ベランダ波板 施工前
ベランダの波板屋根というのは、太陽の光を通すものですので、野地板は張りません。

波板の上から傘釘で下地に固定するのですが、波板は縦方向に筋が通っているので、下地は横向きでないといけません。

屋根の垂木は、縦に設置されているものなので、波板を固定するために垂木の上に横向きに『横桟』という木材が配置がされているのです。

それでは、棟瓦取り直し工事の工事から始めましょう。

棟瓦取り直し工事

棟瓦の撤去

桜井市 モニエル瓦屋根 棟瓦施工中
歪んだ棟瓦を冠瓦、熨斗瓦の順に撤去していきます。

モニエル瓦は、洋風なフォルムと豊富なカラーバリエーションで人気を博した輸入品ですが、代理店の日本モニエルが無くなり、現在は生産されていないので、新しいモニエル瓦を調達することは困難になっています。
桜井市 モニエル瓦屋根 棟瓦施工中
棟瓦の下1列目の桟瓦もズレていたので、一旦撤去します。

撤去した瓦を落としたり割ったりしないように丁寧に扱い、再利用するために場所を作って保管しておきます。

桟瓦の設置

桜井市 モニエル瓦屋根 棟瓦施工中
一旦撤去して桟瓦を、まっすぐに設置しなおしていきます。

同じように、保管しておいた熨斗瓦も改めて積み直します。

熨斗瓦の設置

桜井市 モニエル瓦屋根 棟瓦施工中
和瓦の熨斗瓦と同様に、モニエル瓦の熨斗瓦も、真ん中で2つに分かれています。

まず、半分だけ設置して、銅線を固定します。
桜井市 モニエル瓦屋根 棟瓦施工中
もう半分の熨斗瓦も設置して、熨斗瓦の列が出来上がりました。

冠瓦の設置

桜井市 モニエル瓦屋根 棟瓦施工中
大棟に設置した熨斗瓦の上に、冠瓦を乗せていきます。

熨斗瓦と冠瓦を接着して、熨斗瓦に固定しておいた銅線を冠瓦の穴から通して結びます。

冠瓦を1列に設置出来たら、棟瓦の完成です。

完成写真はのちほど・・・

桟瓦の差し替え

桜井市 モニエル瓦屋根 桟瓦施工中
下屋根の桟瓦点検時に見つけた、変色したモニエル瓦を撤去しました。
桜井市 モニエル瓦屋根 桟瓦施工後
綺麗な桟瓦に交換しました。

綺麗な桟瓦とは言っても、もうモニエル瓦は生産中止になっているので新品ではありません。

どこの屋根やさんでも、モニエル瓦の在庫は無くなりつつあるので、瓦の差し替えも出来なくなるかもしれません。

剥がれたベランダの波板の交換

古い横桟の撤去

桜井市 モニエル瓦屋根 ベランダ波板交換
波板をしっかりと固定できるように、古い『横桟』は撤去して、新しい『横桟』を設置します。

新しい横桟の設置

桜井市 モニエル瓦屋根 ベランダ波板交換
新しい『横桟』を設置して、この上に波板を固定します。

新しい波板には、ポリカーボネート製の波板を使用します。

塩化ビニールに比べてポリカーボネートは耐久性に優れていて、ガラスに匹敵する透明度があります。
桜井市 モニエル瓦屋根 ベランダ波板交換
ポリカーボネート波板の施工方法は、新しくなった『横桟』に、波板の山の部分を傘釘で打ち付けて固定します。

波板の継ぎ目は、二山以上重なりを確保して、二山共に傘釘を打ちます。

こちらの施工事例については、本日の現場ブログでもご紹介しています。
そちらも是非ご覧ください。

【工事完了後】

桜井市 モニエル瓦屋根 棟瓦取り直し工事完了
棟瓦の取り直し工事が完成しました。
端から見てみると、一直線に棟瓦が並んでいるのがわかりますね。

雨漏りも止まり、大変喜んでいただきました。

お客様は、このモニエル瓦がとても気に入っておられるそうなので、長持ちさせるために塗装をご提案いたしました。

塗装のご相談も、街の屋根やさん奈良店(0120-303-884)へ。お電話お待ちしております。
桜井市 モニエル瓦屋根 桟瓦施工後
下屋根の表面に欠けのあった桟瓦も差し替えました。

もちろんこちらも中古品です。

劣化で強度が低下してしまうと、少しの欠けでもそこから割れへと進んでしまうこともあります。

屋根への影響は少ないうちに発見できて良かったです。

桜井市 モニエル瓦屋根 ベランダ波板交換
綺麗なポリカーボネート波板屋根が出来上がりました。

透明度が高く、太陽の光が差し込むので、ベランダがとても明るいです。

その上、紫外線を通さないので、ベランダの劣化を防ぎます。
日焼けが気になる奥様にもピッタリの屋根ですね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

三宅町でブルーシートを被せているオレンジ色の釉薬瓦屋根の修繕作業

三宅町で不具合が起きてる袖瓦の様子
三宅町でオレンジ色の瓦の修繕作業
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
釉薬瓦
築年数
築41年
建坪
保証
10年
工事費用
15万円
施工事例

広陵町で下屋根にある釉薬瓦の差し替え補修を行いに行ってきました!

広陵町で隅棟付近に瓦の割れ補修跡
広陵町で釉薬瓦の差し替え補修
工事内容
屋根補修工事
使用素材
陶器瓦
築年数
築42年
建坪
保証
10年
工事費用
8万円
施工事例

河合町で雨樋の施工不良にて雨樋交換と庇の劣化で庇板金の張り替え

河合町で雨樋の不具合にて横樋落下
河合町で横樋落下の不具合により全面交換
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
使用素材
パナソニック製アイアン丸・ガルバリウム鋼板
築年数
築37年
建坪
保証
10年
工事費用
20万円

同じ地域の施工事例

施工事例

桜井市で和瓦屋根の経年劣化により雨漏り発生でガルテクトへ葺き替え

桜井市 和瓦 無料点検
桜井市 スーパーガルテクトを設置
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築58年
建坪
28坪
保証
10年
工事費用
160万円
施工事例

桜井市で長屋の老朽化した瓦屋根をいぶし瓦に葺き替え工事しました

老朽化した茶色の和瓦
新しいグレーの和瓦
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和瓦
築年数
築51年
建坪
12坪
保証
10
工事費用
90万円
施工事例

桜井市で棟瓦の崩れた門の瓦屋根をMFシルキーへ葺き替えます

976de716b70dd1bf763d1d34e92a60b4-1
77035d3bf2b45934ba0c20ea3ec46cb3-1
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
MFシルキー
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
25万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

三宅町で台風被害に遭いブルーシートで応急処置

三宅町で少し前に暴風被害に遭われたお客様より、屋根調査のお問い合わせをいただきました。お客様がご自身で屋根の上に上がってブルーシートで補修を行ったそうで、現在の屋根状態は応急処置済みの状態だそうです。しかし下地が見えてしまっている箇所や、瓦...........

広陵町で下屋根にある瓦の不具合

広陵町で欠けや割れ、補修跡がある下屋根の瓦を大屋根の瓦に差し替えてほしいとお問い合わせをいただきました。一体どういう意味か、、、、以前お客様は、他の屋根業者に大屋根の工事を行ってもらい、大屋根から出てきた綺麗な瓦を保管していたそうです。その...........

河合町で雨樋の不具合調査

河合町にお住いのお客様より最近雨が降るとやけに雨音がうるさいので、一度雨樋を見に来てほしいとご連絡をいただきました。状況を確認すべく、早速無料点検に行っていきました。雨音の原因は、屋根のすぐ下に横方向に取り付けられている横樋が外れて落下して...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884