オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

奈良市で店舗の屋根と外壁をガルバリウムでリフォーム工事しました


工事のきっかけ

奈良市内でお店を経営しています。
少し前から、外壁が古臭く思えてきて、イメージチェンジしたいなと思っていました。
屋根の劣化も気になるしとネットで色々検索してみました。
屋根の事は屋根やさんにと思って見ていると、外壁の工事もされていると知り、一度見てもらおうと連絡しました。
とても丁寧に無料点検の結果を説明してくれて、信頼できると思いました。

奈良市 屋根葺き替え,その他の工事,足場 外壁貼り替え工事

ビフォーアフター

before
奈良市の店舗の瓦棒葺きトタン屋根
horizontal
after
奈良市の店舗の屋根に立平葺きガルバ設置

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,その他の工事,足場
施工期間
5日間
使用材料
立平葺ガルバリウム・縦葺きガルバリウム
施工内容その他
外壁貼り替え工事
築年数
築23年
保証年数
10年
工事費用
230万円
建坪
15坪
ハウスメーカー
奈良市で個人商店を営んでおられるお客様から、屋根と壁をリフォームしたいとご連絡をいただき、無料点検をさせていただきました。

雨漏りなどの大きな不具合はありませんでしたが、屋根と外壁のイメージチェンジをしたいということで、屋根は立平葺き、外壁は縦葺きガルバリウムにリフォームすることになりました。

無料点検の様子からご覧ください。

無料点検にお伺いしました

瓦棒葺きトタン屋根

奈良市の店舗の瓦棒葺きトタン屋根
店舗の屋根は、瓦棒葺きトタン屋根です。
『瓦棒』ってあまり聞きなじみのない言葉かもしれませんね。
トタン屋根と言えば想像できるでしょうか。

縦向きの突出した部分に心木という木材が入っている金属屋根のことを『瓦棒』と呼びます。
金属屋根なのに『瓦棒』、不思議な呼び名ですよね。

トタン屋根のメリットは、スレートより軽量で安価、緩勾配の屋根にも使用できるというところです。
反対にデメリットとしては、錆びやすく耐用年数が短いことや雨音がうるさい、夏は暑く冬は寒いなどがあります。
奈良市の店舗の瓦棒葺きトタン屋根
こちらの屋根はかなり錆びていて、お客様は見栄えをよくするためのリフォームをご希望でしたので、立平葺きガルバリウム屋根への葺き替えをご提案いたしました。

立平葺きのメリットは、屋根の頂点から軒に至るまで1枚の長尺板金(長い板金)で構成されるため、途中に水平方向の継ぎ目がないので、雨漏りリスクを最小限に抑えてくれます。

素材のガルバリウムは、トタンよりも錆びにくく、耐久性にも優れています。

店舗の外壁

奈良市の店舗のモルタル壁
こちらの外壁はモルタル壁です。

モルタルはセメントと砂に水を混ぜたものを、壁に塗って仕上げます。
サイディングやタイルのような貼る外壁材と違い、工期は長くなってしまいますが、防火性があり、バリエーション豊かな仕上げになることから人気があります。

ただ、モルタルは硬くて頑丈な分、他の外壁材に比べて加圧によってひび割れしやすいというデメリットがあります。

また、モルタル壁は表面が凸凹しているので、雨水などで汚れが溜まりやすく、こまめに洗浄することが必要です。
奈良市の店舗のサイディング壁
こちらの外壁には、サイディングボードが貼られています。

サイディングという言葉、一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、詳しく知っている方は少ないかもしれません。

サイディングとは、サイディングボードと呼ばれる板状の外壁材を壁に貼って仕上げる方法です。
貼り付けたサイディングボードは、シーリング材でつなぎ合わせます。

塗る外壁材のモルタルよりは、工期が短くて済みます。

外壁については、モルタル壁・サイディング壁共に縦葺きガルバリウムで貼り替えることになりました。

リフォーム工事を始めます

まずは屋根のリフォームから・・・

奈良市の店舗の瓦棒葺きトタン屋根を不陸調整
屋根からトタンを撤去しました。

雨漏りが生じていたというわけでもないので、多少の劣化はあるものの、古い野地板はとても綺麗でした。

屋根下地を頑丈にするため、古い野地板は剥がさずにその上から新しい野地板を貼る『増し張り』で施工していきます。

古い野地板は、例え屋根材が軽量なトタンでも、劣化によって多少の凸凹は出来てしまうものです。
凸凹の野地板に新しい野地板を貼ると、古い野地板との間に隙間が出来たり、しっかり固定出来なかったりします。

そのような不具合を調整するため、屋根の土台となる垂木の位置に合わせて補強垂木と呼ばれる木材を設置して凸凹を平らにしていく作業を行います。
この一連の作業を『不陸調整』と言います。
『不陸調整』とはその名の通り、平らでないこと(不陸)を平らに調整するという意味です。

奈良市の店舗の瓦棒葺きトタン屋根を不陸調整
『不陸調整』をしても新しい野地板を貼ると見えなくなってしまいますが、新しい野地板を平らに貼ることが出来、屋根材を設置した際の出来栄えに大きく影響します。

特に瓦屋根の葺き替え工事では、野地板が瓦の重さによって大きく歪んでいることも少なくありません。
野地板のメンテナンスは葺き替え工事をする時にしかできません。
葺き替え工事を依頼されたら、『不陸調整』という作業の有無を、是非確認していただきたいと思います。
奈良市の店舗の屋根に野地板貼り
『不陸調整』をしっかり施工したら、やっと新しい野地板を貼ることが出来ます。

野地板の『野』とは、目に見えないところに用いるという意味で、野地板は屋根材を設置すれば全く見えなくなってしまうので、『野』地板と呼ばれるそうです。

葺き替え工事が完成すると表面上は見えないので、塗装をする必要はありませんね。
奈良市の店舗の屋根に野地板貼り
構造用合板を、新しい野地板として貼っていきます。

合板とは、数枚の薄い木板の繊維方向を交互に直交するようにプレスして貼り合わせた板の事です。

構造用合板は、建物の構想上、重さに耐える力が必要な部分に使用する目的で作られたもので、一枚の合板が広く出来ているため、雨漏りリスクが軽減されます。

『不陸調整』と構造用合板で、平らな屋根に仕上げるための屋根下地が出来上がりました。
奈良市の店舗の屋根の防水紙貼り
綺麗に貼れた新しい野地板に、防水紙(ルーフィング)を貼ります。

今回使用する防水紙(ルーフィング)は、改質アスファルトルーフィングと呼ばれるものです。

アスファルトを紙や不織布などに染み込ませたものをアスファルトルーフィングと呼び、そのアスファルトルーフィングを改良して、耐久性が高くなったものが改質アスファルトルーフィングです。

その耐久性は、アスファルトルーフィングのおよそ2倍です。

当店では、改質アスファルトルーフィング以上の防水紙を使用しています。
普段は全く目につかない防水紙(ルーフィング)ですが、最終的には雨漏りを防いでくれるとても大切な建材です。
葺き替えの際には、少しだけ気にしてもらえたらと思います。

こんな風に、屋根の構造を知ってみると、屋根への愛着も湧いてきませんか?

続いて、外壁のリフォームも進めていきましょう

奈良市の店舗の外壁のサイディング撤去
外壁のリフォーム工事を始めます。

サイディングボードを外壁から外します。
サイディングボードを外すと、すぐ下地版が現れました。
このような貼り方を『直貼り工法』と言い、2000年以前は一般的に施工されていました。

工程が少なく、工期は短くて済みますが、下地版とサイディングボードとの間に空間が無いため、内部に水や湿気が入ると逃げられないので、内部に湿気が溜まりやすいというデメリットがあります。
湿気が溜まりやすいということは、建物を劣化させる可能性があるということです。
奈良市の店舗の外壁に胴縁設置
『直貼り工法』に対して、下地板とサイディングボードとの間に『通気胴縁』という木材を設置し、空気が通る隙間を開ける『通気工法』と呼ばれる工法があり、現在はこの工法を標準工法とすることが増えてきました。

サイディングボードを外した箇所に防水・防湿シートを貼り、その上に『通気胴縁』を設置します。

『通気胴縁』を設置することで出来た通気層には、外壁から侵入した雨水の内部への侵入を防ぎ、外部へ排出する防水の目的と、室内の湿気を外部へ排出する排湿の目的があります。

外壁材の種類によって、胴縁を横方向に施工する『横胴縁』と縦方向に施工する『縦胴縁』があり、今回の工事のように縦葺きの外壁材を使用する場合は『横胴縁』を施工します。
奈良市の店舗の外壁に胴縁設置
今回の工事は、本日の現場ブログでも詳しくご紹介しています。
是非そちらもお読みいただけたら嬉しいです。

それぞれの完成写真をご覧ください

【工事完了後】

奈良市の店舗の屋根に立平葺きガルバ設置
錆びた瓦棒葺きトタン屋根が、お客様のお望み通り、スタイリッシュでシックな立平葺きガルバリウム屋根に仕上がりました。
ブラウンからブラックへ、とても素敵になりましたね。

瓦棒葺きトタンには、凸部分に心木を呼ばれる木材が入っていました。

立平葺きには木材はなく、板金だけで出来ているため、木材の腐食などの心配もありません。
奈良市の店舗の屋根に立平葺きガルバ設置
素材のガルバリウム鋼板は、鋼板にアルミニウム・亜鉛・シリコンの合金でメッキしたもので、耐久性に優れ、トタン屋根の3~6倍長持ちするということです。

メッキのおかげで錆びにくいのですが、傷がついてしまうと錆びます。
傷や錆びを発見したら、出来るだけ早く補修しました。
傷や錆を発見したら、出来るだけ早く補修するようにしましょう。
奈良市の店舗の外壁にガルバリウム鋼板を設置
『通気胴縁』を施工した外壁に、縦葺きガルバリウム鋼板を貼り付けていきます。

店舗の外壁ということで、お客様とご相談して金属系で仕上げることになり、ご提案したのがこちらの縦葺きガルバリウム鋼板です。

縦葺きガルバリウム鋼板で、近代的でオシャレな外壁に仕上がりました。
奈良市の店舗の外壁にガルバリウム鋼板を設置
すっかりイメージチェンジした店舗は、お客様にも大変満足していただきました。

屋根も外壁も素材がガルバリウム鋼板なので、錆びにくく、腐食ししにくいですが、全く錆びないわけではありません。
綺麗な外壁を長期間保つために、年に1~2回ほどの水洗いと定期的なメンテナンスをおススメします。

メンテナンスも街の屋根やさん奈良店(0120-303-884)にお任せください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

生駒市で台風の被害を受けた築39年の瓦屋根を無料相談から工事施工

瓦屋根をシートで応急処置
カラーベスト施工完成と足場
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
カラーベスト
築年数
築36年
建坪
20坪
保証
10年
工事費用
123万円
施工事例

奈良市で葺き替え葺き直し工事、屋根の状態で工事内容も変えました

経年劣化で葺きなおしの屋根
大屋根部分のガルテクト完了
工事内容
屋根葺き替え
屋根葺き直し
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
50年以上
建坪
38坪
保証
10年
工事費用
250万円
施工事例

生駒市でカラーベストに葺き替え工事、庇と雨樋の交換もしました

経年劣化した瓦屋根の解体
カラーベスト設置と棟板金
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
カラーベスト
築年数
築35年
建坪
17坪
保証
10年
工事費用
100万円

同じ地域の施工事例

施工事例

奈良市で葺き替え葺き直し工事、屋根の状態で工事内容も変えました

経年劣化で葺きなおしの屋根
大屋根部分のガルテクト完了
工事内容
屋根葺き替え
屋根葺き直し
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
50年以上
建坪
38坪
保証
10年
工事費用
250万円
施工事例

奈良市で長屋の屋根の板金が外れて雨漏りが発生、取り合い板金設置

奈良市の屋根の取り合い板金の破損
奈良市の屋根の取り合い板金完成
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築43年
建坪
保証
10年
工事費用
15万円
施工事例

奈良市で豪邸の複合瓦屋根を新しいいぶし瓦屋根へ屋根工事と雨樋交換

奈良市の瓦屋根施工前
奈良市の瓦屋根施工後
工事内容
破風板板金巻き工事
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
いぶし瓦・塩ビ雨樋
築年数
築58年
建坪
40坪
保証
10年
工事費用
325万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根材設置

大和郡山市でお住いのお客様の屋根の葺き替え工事をしています。前回は野地板が張られた屋根に雨水の侵入を防ぐために防水紙を張っていきました。新しい屋根材を設置していく準備ができましたので今回は屋根材のガルテクトを設置していきます。その様子を紹介...........

野地板の増し張りで強化

王寺町で築38年の瓦屋根の葺き替え工事を施工しています。メンテナンスを逃していた為瓦の剥がれが数か所で起こってしまい、今回工事を行うこととなりました。前回は古い野地板の不陸調整を行い凸凹を調整、野地板の増し張りを行いました。今回は、雨水の最...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884