オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

奈良市で築34年の瓦屋根をスレート瓦へ葺き替え工事大屋根と下屋


工事のきっかけ

台風被害に遭い、瓦がめくれてしまったことをきっかけに屋根やさんにご相談させて頂きました。

メンテナンス時期は分かってはいるものの、何かないと重たい腰が上がらないのが人間ですね。笑

今回ご相談させて頂き、屋根の状態を踏まえメンテンナスの大切さを思い知らされました。

街の屋根やさん奈良店は、工事の説明はもちろん工事後のメンテナンスの大切さに関しても丁寧に分かりやすく説明して頂きm屋根のその後についての想像が出来ました。

今回はオンライン相談から連絡させていただいたのですが、現場調査や見積もり等の丁寧さが信頼につながり依頼させていただくことにしました。

屋根の工事は決して安い買い物ではないので、信頼できる業者さんを見つけることが出来て幸運でした。

奈良市 屋根葺き替え,足場

ビフォーアフター

before
台風被害の和瓦屋根
horizontal
after
大屋根の喚起棟瓦設置

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,足場
施工期間
10日間
使用材料
スレート瓦
施工内容その他
築年数
築34年
保証年数
10年
工事費用
190万円
建坪
24坪
ハウスメーカー
奈良市で築34年の瓦屋根からスレート瓦へ生まれ変わった屋根の施工をご紹介していきます。

粘土瓦からスレート瓦への葺き替え工事は固定方法も性能も違い形は同じ瓦ですが、違いがたくさんありとても面白いです。

大屋根と下屋の両方を葺き替えました。

では工事の様子をご覧ください!!

台風被害の屋根の様子

台風被害の和瓦屋根
大屋根部分が台風被害に合い瓦が剥がれてしまったことが工事のきっかけでした。

葺き土が出てきており、瓦の落下など二次被害の懸念があり危険な状態です。
台風被害の和瓦屋根
屋根の調査と共に応急処置をしていきます。

瓦が剥がれた状態で雨が降ると下地部分に雨が侵入し、屋根下地が腐食してしまいます。

そうなると屋根の耐用年数が極端に短くなり、工事もより大がかりとなってしまいます。

屋根の問題はすぐに対応していきましょう!

工事開始で瓦と葺き土の撤去完了後

瓦と葺き土撤去とバラ板
瓦と葺き土の撤去が完了しました。

野地板はバラ板という種類で40年程前に主流だったものになります。

バラ板に著しい劣化が見られなかったのでこのまま使用していきます。
バラ板を不陸調整
しかし34年という歳月で劣化していますので補強は必要です。

歪みを補強垂木で不陸調整しかさ上げしていきます。

バラ板の下にある垂木に沿わせて設置。

野地板や防水紙の固定場所となります。

構造用合板と高性能なルーフィング

構造用合板で増し張り
野地板の増し張りで屋根の強度をアップさせます。

野地板は葺き替え工事など屋根材をめくった時にしかメンテンナンスできません。

このチャンスを逃さないでください!
奈良店では必ずしてほしいメンテナンスとしてご提案させて頂いています!!
高品質な防水紙で雨漏りを起こさない屋根
改質アスファルトルーフィングはTAJIMAのP-EXを使用!!

高性能な防水紙は雨漏り対策に欠かせません!!!

伸縮性に優れていますので、タッカー留めのビスの穴も塞いでくれます。

下屋部分に作業はうつります

7e25e7ef62773fa783d14f43e4be72bc-1-columns2
下屋部分も瓦と葺き土の撤去が完了し、バラ板に劣化や腐食が無いかを確認します。

雨漏りしやすい下屋ですが、バラ板が著しく劣化していなかったことは新築時の工事が的確に行われていた証拠ですね。
下屋部分の不陸調整
かさ上げをし凸凹を補修。

平らな屋根へ仕上がるように施工します。

大屋根部分と同じ工程を踏んでいきます。

野地板の増し張りとルーフィング設置

下屋の野地板の増し張り
下屋部分にも構造用合板を使用し増し張りをしていきます。

構造用合板は板を何層にも重ねて耐風性や耐震性などを要する場所に用いる目的で作られた合板です。

屋根にはピッタリの資材です。
種類や等級品質も数種類あります。

強度や品質は屋根に適したものを選んでいきます。
下屋の防水紙設置
ルーフィングは上下左右に重ねて設置していきます。

十分に重ねるということが雨漏り対策には重要です。

雨水の侵入は絶対に予防します!!

大屋根のスレート瓦を設置、棟にも注目

大屋根にスレート瓦設置
スレート瓦を設置していきます。
スレート瓦は、ビス留めによって固定されます。

今回の屋根の形状は複合タイプで、棟瓦や谷板金の設置をします。


大屋根の喚起棟瓦設置
棟瓦の下地には、土葺き工法とは違い棟補強金具を使用します。

屋根下地に固定した棟補強金具に棟垂木を設置後、棟の隙間を塞ぐために乾式面戸シートをかぶせていきます。

このように棟補強金具を使用して棟瓦を施工する方法をガイドライン工法と呼びます。
土葺き工法より棟瓦が崩れにくくなりました。

棟瓦もビス留めで乾式

大屋根の喚起棟瓦設置
棟瓦も乾式工法でビス留めしていきます。

棟瓦と棟垂木の間に被せた乾式面戸シートには、ハイロールを使用しました。

耐久性にも優れており形状保持や施工性を実現したアルミ製のシートとなります。

大屋根の喚起棟瓦設置
湿式工法と乾式工法で固定方法は違いますが、どちらも雨漏りさせないという目的は同じですね!!

大屋根部分の棟瓦の設置が完了です!!

下屋部分の棟の施工

下屋に棟補強金具を設置
写真にある金具が棟補強金具です。

棟垂木の設置に必要なものです。

乾式工法で使用する資材で、あえて言うなれば湿式工法では葺き土に変わるものになるのでしょうか。
下屋の黒いスレート瓦設置
棟補強金具に棟垂木を設置しました。

大屋根同様ハイロールを被せていきます。

取り合い部分は超重要!!!

雨押さえ板を取り合い部分に設置
壁との取り合い部分は超重要な部分となります。

下屋部分が雨漏りしやすいと言われる原因の一つは、壁との取り合い部分からの雨漏りです。
しっかりと雨漏り対策をする必要があります。
雨押さえ板を取り合い部分に設置
この取り合い部分は外壁にも関係してきます。

屋根工事ですが外壁の状態を見ながらの施工が必要となる為、外壁も施工できる業者を選びましょう。

当社は外壁補修も取り扱っています。

下屋の葺き替えも完成

グレーの棟瓦をビス留め
スレート瓦を設置し棟瓦の設置が完了しました。

長かった大屋根・下屋両方の葺き替え工事が計画通りに終了し安堵の気持ちです。

屋根の工事は天候にも関係してくるので計画がずれてしまうことが多くあります。



グレーの棟瓦をビス留め
日本には四季があり、気温や天候で屋根の上の状態は変わります。

どんな状態にも対応して屋根を仕上げていく職人のプロ意識は、本当にすごいものを感じますね。


【工事完了後】

大屋根の喚起棟瓦設置
大屋根部分の工事完了後生まれ変わったスレート瓦屋根です。

同じ瓦の形状ですが素材が違うため性能も異なります。
屋根の重量も和瓦屋根に比べて大幅に軽減されました。
下屋の黒いスレート瓦設置
下屋部分も取り合い部分は雨水の侵入を防ぎ、谷板金で雨水の排出を促します。

雨水が滞ることなく流れる屋根にします。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

奈良市トタンの錆びによる補修依頼でスーパーガルテクトに葺き替え

軒先の板金をガルテクトへ葺き替え
スーパーガルテクト軒先へ施工
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
45万円
施工事例

天理市で釉薬瓦からカラーベストへの葺き替えとベランダの波板交換

天理市の屋根葺き替え工事のbefore写真
天理市の屋根葺き替え工事の完成写真
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
カラーベスト ポリカ波板
築年数
築41年
建坪
18坪
保証
10年
工事費用
120万円
施工事例

奈良市で築30年のカバー工法でメンテナンスされた屋根の葺き替え

かわらUを剥がし葺き替え
スーパーガルテクトで葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルテクト
築年数
築30年
建坪
22坪
保証
10年
工事費用
148万円

同じ地域の施工事例

施工事例

奈良市トタンの錆びによる補修依頼でスーパーガルテクトに葺き替え

軒先の板金をガルテクトへ葺き替え
スーパーガルテクト軒先へ施工
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
45万円
施工事例

奈良市で築31年の釉薬瓦屋根の軒先瓦が落下、補修工事を施工

軽微な軒先の瓦落下の補修
軽微な軒先の瓦落下の補修
工事内容
屋根補修工事
使用素材
釉薬瓦 釉薬瓦 南蛮漆喰
築年数
築31年
建坪
保証
10年
工事費用
10万円
施工事例

奈良市で瓦屋根の修理、雨樋工事と棟瓦取り直し工事で安心の屋根に!

奈良市の雨樋工事 施工前
奈良市の雨樋工事 施工後
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨樋交換
使用素材
パナソニック アイアン丸・南蛮漆喰
築年数
築38年
建坪
保証
10年
工事費用
45万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

奈良市の葺き替え工事の桟木

奈良市の長屋で瓦屋根の葺き替え工事を施工中です。前回はメンテナンスした野地板の上に防水紙を設置しました。今回は引っ掛け桟工法(乾式工法)で瓦を設置していく様子を書いていきます。

瓦の撤去と葺き土

奈良市で築32年の赤い陶器瓦屋根の葺き替え工事がスタートしました。印象的な赤い屋根がどんな風に生まれ変わるのか今から楽しみですね。前回は工事までの現場調査から見積もり作成までをご紹介しました。今回は工事開始で解体と撤去作業の様子をご紹介しま...........

奈良市の葺き替え工事で防水紙を敷いているところ

奈良市の瓦屋根の長屋のお住まいで、屋根の葺き替え工事を施工しています。前回は屋根の下地部分で一番重要といわれている野地板のメンテナンスを行いました。今回はメンテナンスされた野地板の上に防水紙(改質アスファルトルーフィング)を設置していきます...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884