オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

奈良市で築39年の瓦をガルテクトに葺き替え、雨樋工事も行いました


工事のきっかけ

下屋の瓦が剥がれているのをバルコニーから発見しました。

急いでシートをかけたのですが、このままではいけないと屋根やさんを探しました。

HPを発見し、施工事例なども見させていただき、信頼できそうだと思い、オンラインから連絡させて頂きました。

現場調査にも迅速に対応して頂けてよかったです。

新築からメンテナンスをしていなかったので、これを機に下屋だけでなく屋根全体の点検も行ってもらいました。

提案して頂いた工事内容や対応に好感が持てたので、ご依頼させて頂くことにしました。

奈良市 屋根葺き替え,雨樋交換,足場

ビフォーアフター

before
いぶし瓦の経年劣化を現場調査
horizontal
after
スーパーガルテクトを使用した大屋根

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,雨樋交換,足場
施工期間
8日間
使用材料
スーパーガルテクト
施工内容その他
築年数
築39年
保証年数
10年
工事費用
154万円
建坪
21坪
ハウスメーカー
奈良市で築39年の瓦屋根の葺き替え工事を行いました。

工事内容はいぶし瓦からスーパーガルテクトへの葺き替え工事です。
下地強化の為に野地板の増し張りを行い、雨樋交換も行いました。

大屋根と下屋、庇の全面工事を御依頼頂きました。

では工事の様子をご覧ください!!

築年数39年のいぶし瓦の経年劣化と下屋の瓦の剥がれ

いぶし瓦の経年劣化を現場調査
大屋根部分の屋根の様子です。

いぶし瓦が使用されており、日本の瓦屋根では一番多く使用されていて瓦=いぶし瓦のイメージですね。

瓦の耐用年数は長いのですが、湿式工法で固定されており葺き土の劣化で粘着力は弱まっています。

瓦の割れやズレはないかも点検していきます。
いぶし瓦の経年劣化を現場調査
今回工事のきっかけとなった下屋部分の棟瓦です。

棟瓦が剥がれてしまいシートで覆ったとのことです。

このような状態を発見した場合は、雨漏りの原因となる為すぐに補修をしましょう。

稀にこのまま放置してしまい被害が大きくなってからご連絡いただく場合があり、工事自体が大がかりになってしまうこともあります。

葺き替え工事開始、大屋根と下屋の工事を行います

瓦と葺き土の撤去途中
今回は作業工程順にご紹介しますので、写真を並べて掲載しています。

大屋根部分の解体撤去です。
葺き土は固くかたまっていますので一度掘り起こしてから撤去します。
下屋部分の解体撤去
こちらは下屋部分の撤去の様子です。

大屋根の時と作業は変わりません。

葺き土は土のう袋にいれて降ろしていきます。

瓦の解体と撤去は結構な時間が掛かります。

葺き土も大量に出てくるので、下屋が土のう袋で埋まります!

バラ板の不陸調整

野地板を垂木で不陸調整
解体と撤去が終わるとバラ板が見えてきます。

バラ板に腐食や破損が無いかをチェックします。

バラ板に著しい腐食や破損がある場合は、部分的に張り替えを行います。


下屋のバラ板に不陸調整
下屋部分です。

バラ板の不陸調整には補強垂木を使用します。

凸凹を調整し、平らな屋根に仕上げます。
雨樋交換 庇に桟木を設置
庇には桟木を使用し、横向きに設置します。

どちらもバラ板の不陸調整のために設置するのもとなります。

野地板の増し張りと水切り板金

構造用合板を敷き詰めて増し張り
不陸調整後は野地板の増し張りを行います。

増し張りには、バラ板とは違い構造用合板を使用します。

同じ野地板でも形も違えば機能性の違います。

現在の屋根工事ではほとんどが構造用合板を使用します。

防水紙の前に軒先には水切り板金を設置し、雨水の排水経路を作ります。
下屋と庇に増し張り
下屋と庇にも増し張りを行います。

増し張りは屋根の強度をあげてくれることと、耐震性アップにもつながります。

屋根材をめくって行う工事の時にしかできない作業ですので、必ず行ってほしいメンテナンスの一つです!!


改質アスファルトルーフィングで雨漏りしない屋根に

大屋根にTAJIMAのルーフィング
防水紙はTAJIMA社の改質アスファルトルーフィングを使用しました。

不織布が用いられており伸縮性に優れています。

タッカー留めとの相性もばっちりです。

下屋と庇に防水紙設置
ルーフィング設置は、上下左右に重ねて設置し雨水の侵入を阻止します。

屋根の大敵は雨漏りと言っても過言ではありません。

雨漏りを起こすと屋根の寿命は一気に短くなってしまいます。

下屋の取り合い部分は立ち上げを十分に取って設置し、雨水の侵入を防ぎます。

瓦からスーパーガルテクトに生まれ変わりました

スーパーガルテクトを使用した大屋根
スーパーガルテクトはガルバリウム鋼板が素材のおススメの屋根材です。

他の屋根材と比べると多少価格は高めですが、機能性を考慮すると決して高価ではないと思います。

メンテンナスが長期間不要であり、防錆・防火性能・遮音性など・・・メリットがたくさんあり高性能な屋根材です。
下屋と庇のスーパーガルテクト
今回は廃材が少なくて済む乱葺きで設置しました。

ジョイント部分を上下左右と引っ掛けて設置していきます。

屋根に合わせてカットしていきます。


最後に雨樋の取り換え交換

雨樋工事 軒樋の様子
目立たない存在だけど一番働き者の雨樋耐用年数は10~15年です。
定期的に点検を行ってください。

一部補修もできます。

雨漏りを起こさない為にも雨水の排水はとても大切で、屋根にも建物にも無くてはならない存在の雨樋。
地上から雨樋工事の様子
四季のある日本では雨の日は多く、1年中フル稼働しているので劣化は否めません。

どの家にも必ずある雨樋は、雨水から屋根や建物を守ってくれています。

今回の工事がすべて完了しました。
計画通りに工事が進み安堵しています。
ありがとうございました。

【工事完了後】

スーパーガルテクトを使用した大屋根
谷板金は雨水の排水経路です。

屋根の境目で谷になっている所にあり、雨水が集まる場所なので、雨漏りリスクが最も高い部位です。
下屋と庇のスーパーガルテクト
瓦が剥がれていた下屋の棟も綺麗に葺き変わりました。

瓦屋根は和風で趣がありとても素敵ですが、シックでオシャレで耐震性にも優れた屋根になりました。
下屋と庇のスーパーガルテクト
新しく生まれ変わった庇。
大屋根・下屋と同色の屋根で統一感があり、一気に近代的な見た目のお家になりました。

家のことでのお困りごとは、街の屋根やさん奈良店(0120-303-884)まで、何でも相談してくださいね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

生駒市で強風で瓦が落下しカラーベストへの葺き替えを施工しました

生駒市の葺き替え工事のbefore写真
生駒市の葺き替え工事のafter写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
築39年
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
125万円
施工事例

奈良市で2軒並びで無料点検から葺き替え・棟瓦交換工事をしました

無料点検
工事完了
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
使用素材
フジスレート瓦
築年数
26年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
180万円
施工事例

奈良市で築37年瓦屋根の強風被害で棟瓦や漆喰などの修繕工事施工

強風の影響で瓦の修繕工事
瓦の取り直しと漆喰の取り直し完了
工事内容
屋根葺き替え
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
使用素材
南蛮漆喰 棟瓦 平瓦
築年数
築37年
建坪
保証
10年
工事費用
41万円

同じ地域の施工事例

施工事例

奈良市の強風で剥がれた店舗の外装板金工事、足場設置も安全第一!

奈良市の店舗の剥がれた外装板金
奈良市の店舗の剥がれた外装板金工事完成
工事内容
その他の工事
足場
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築10年
建坪
保証
10年
工事費用
13万円
施工事例

奈良市で2軒並びで無料点検から葺き替え・棟瓦交換工事をしました

無料点検
工事完了
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
使用素材
フジスレート瓦
築年数
26年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
180万円
施工事例

奈良市で築37年瓦屋根の強風被害で棟瓦や漆喰などの修繕工事施工

強風の影響で瓦の修繕工事
瓦の取り直しと漆喰の取り直し完了
工事内容
屋根葺き替え
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
使用素材
南蛮漆喰 棟瓦 平瓦
築年数
築37年
建坪
保証
10年
工事費用
41万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

生駒市の葺き替え工事で防水紙を設置

生駒市で瓦からカラーベストへの葺き替え工事を施工中です。前回のブログでは野地板のメンテナンスの様子をお届けしました。今回はメンテナンスした野地板の上に防水紙を敷き、屋根材の『カラーベスト』を設置し葺き替え工事が完了した様子を書いていきます。

生駒市の葺き替え工事で不陸調整を実施

生駒市で瓦からカラーベストへの葺き替え工事を施工中です。前回は無料点検にお伺いし、応急処置の雨養生を施しました。そして本工事を開始し、瓦と葺き土を撤去したところまでお届けしました。今回は野地板のメンテナンスの様子をお届けします。

生駒市の釉薬瓦のお住まい

生駒市にお住まいのお客様から「瓦が落下したので見に来てほしい」とご連絡をいただきました。強風が吹いた次の日に発見し、心配になったとのことでした。現在は雨漏りの被害がなくとも瓦が破損・落下してしまうと、雨漏り被害が心配になりますよね。街の屋根...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884