オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

生駒市で築31年アパート瓦屋根の補修工事は棟瓦と漆喰の取り直し


工事のきっかけ

棟瓦に剥がれが。。。

気づいたのは数日前でとりあえずシートを張りました。
このまま放置はできないなと思い屋根屋さんを探しました。見つけたのが街の屋根やさん奈良店でした。

気軽にできるオンライン相談を利用させていただきコンタクトをとりました。

屋根の状態をお伝えすると早速現場調査に来ていただけました。

迅速な対応にせっかちな私は感動!!

しかも無料見積もりまで作成していただけるなんて。

工事内容や費用にも問題なく疑問もありませんでしたので、工事の依頼をさせていただきました。

生駒市 棟瓦取り直し,漆喰取り直し,漆喰詰め直し

ビフォーアフター

before
棟瓦の歪み
horizontal
after
面戸の漆喰詰め直し

工事基本情報

施工内容
棟瓦取り直し,漆喰取り直し,漆喰詰め直し
施工期間
1日間
使用材料
陶器瓦 南蛮漆喰 銅線
施工内容その他
築年数
築31年
保証年数
10年
工事費用
28万円
建坪
ハウスメーカー
生駒市で築31年の2階建てアパートの瓦屋根の補修工事を行いました。

築年数と屋根の状態から大掛かりな全面リフォームではなく、歪みズレていた棟瓦の取り直しと、漆喰が劣化していたので新しい漆喰の詰め直しを行わせていただきました。

築年数ごとにメンテナンスをする箇所は違いその時期にあったメンテナンスをすることで屋根の寿命も長くなります。

では、工事の様子をご覧ください!!

現場調査の様子

棟瓦の取り直しとシート
今回の工事のきっかけとなった棟瓦のズレた箇所はシートで覆われています。

棟は一番雨や風の影響を受けやすく劣化しやすい部分です。
切妻瓦屋根の補修工事
引きの全体写真です。

屋根全体を見渡すと大屋根部分の棟瓦にも歪みが見つかりました。
歪みが生じており熨斗瓦もズレた状態です。

現場調査では、細かく調査を行い屋根の状態を把握、今の屋根に一番適した工事をご提案させていただきます。

隅棟の取り直しから工事開始

棟瓦の解体と葺き土
隅棟の取り直しを行います。

まず、瓦の解体を行い瓦に割れや欠けがないかもチェックしていきます。

瓦に問題がなければ再利用していくためです。
棟瓦解体後の取り合い部分
瓦の解体が終われば、葺き土や漆喰に撤去を行います。

葺き土や漆喰は新しいものを使用していくので古いものは廃材となります。

熨斗瓦と漆喰を交互に重ねて・・

6db0f798a4c122851c2f488c14ad904c-1-columns2
棟の取り直しは漆喰や葺き土と熨斗瓦を交互に重ねて設置していき棟瓦の土台を作っていきます。

漆喰は熨斗瓦を接着するために使用していきます。

最後に棟瓦を設置し固定していきます。
熨斗瓦と丸瓦の棟
斜め横から見た図です。

熨斗瓦は整列しており隙間はありません。

雨水の侵入経路をシャットアウトしました。

続いては大屋根部分の棟瓦の一部取り直し

熨斗瓦の隙間とズレ
歪みが出ていた部分のアップ写真です。

歪みが原因で熨斗瓦がズレて隙間ができています。

漆喰の劣化しているようですね。
棟瓦の一部取り直し
瓦の解体から始めましょう。

大屋根の棟瓦は一部だけの補修が可能ですので、解体も問題箇所のみです!

隅棟同様に葺き土と漆喰が出てきました。撤去したのちに熨斗瓦と漆喰を交互に重ねて設置していきます。

棟瓦の固定には銅線を利用します

面戸の漆喰詰め直し
この写真の細い糸のようなものは銅線です。

熨斗瓦の間を通り棟瓦の上部で結ばれています。

熨斗瓦と漆喰を重ね合わせる時の銅線を仕込んでおくのです。
棟瓦の補修工事
棟瓦を固定しているのがこの銅線です。

結び目の丸くなっており飛来物が引っかからないように工夫されています。

漆喰の詰め直しで工事完了

面戸の漆喰詰め直し
漆喰の耐用年数は約20年です。

漆喰が劣化すると痩せてしまい隙間を作ってしまいます。

面戸の漆喰の詰め直しでメンテナンスしていきます。

劣化した漆喰は綺麗に取り除きます。
面戸の漆喰詰め直し
劣化した漆喰の上に重ねることを詰め増しと言いますが、劣化が進みすぎると効果が半減してしまいます。
綺麗に清掃しながら取り除き、新しい漆喰を詰めていきます。

隙間を埋めていくので細かい作業となります。

隙間なく詰めて行けば完成です。

今回の補修工事①棟瓦の取り直し②漆喰の詰め直しが完了しました。


これにて工事終了です。ありがとうございました。

【工事完了後】

面戸の漆喰詰め直し
真っ直ぐに棟瓦を取り直しました。

棟瓦が綺麗な一直線です!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大和郡山市で築35年の棟瓦が強風の影響で破損、取り直しと漆喰補修

棟瓦の取り直しと漆喰
一部瓦の補修工事
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
南蛮漆喰・陶器瓦
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
35万円
施工事例

奈良市で築37年瓦屋根の強風被害で棟瓦や漆喰などの修繕工事施工

強風の影響で瓦の修繕工事
瓦の取り直しと漆喰の取り直し完了
工事内容
屋根葺き替え
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
使用素材
南蛮漆喰 棟瓦 平瓦
築年数
築37年
建坪
保証
10年
工事費用
41万円
施工事例

橿原市の瓦屋根、谷板金塗装・漆喰詰め直し・瓦の部分補修で不安解消

橿原市の瓦屋根、剥がれた漆喰
橿原市の瓦屋根、漆喰工事完成
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
その他塗装
使用素材
アクリルシリコン塗料・南蛮漆喰・釉薬瓦
築年数
築39年
建坪
保証
10年
工事費用
58万円

同じ地域の施工事例

施工事例

生駒市で強風で瓦が落下しカラーベストへの葺き替えを施工しました

生駒市の葺き替え工事のbefore写真
生駒市の葺き替え工事のafter写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
築39年
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
125万円
施工事例

生駒市で出窓の雨漏りが発生したと連絡が入りシーリング補修施工

出窓のシーリング補修
出窓のシーリング補修
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
築30年
建坪
保証
2年
工事費用
4万円
施工事例

生駒市で瓦屋根の部分補修完成!軽微な工事も安心してお任せください

生駒市の台風被害で冠瓦が剥がれた大棟
生駒市の瓦屋根の大棟補修完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
使用素材
いぶし瓦
築年数
48年
建坪
保証
10年
工事費用
41万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟の取り直しと漆喰の詰め直し

大和郡山市で築35年の瓦屋根の補修工事を行っていきます。経年劣化と強風の被害で棟瓦が剥がれてしまったとのことで現場調査を行い工事へと進んでいます。前回は、現場調査での屋根の状態を行いました。今回は、棟瓦の取り直しと劣化していた漆喰の詰め直し...........

棟瓦の取り直しと漆喰

大和郡山市で築35年の瓦屋根が経年劣化と強風の影響で瓦が剥がれてしまったとご連絡をいただきました。電話でご連絡が入りお客様は慌てた様子でした。季節の変わり目、特に春は暖かくなった一方低気圧が発生しやすいこともあり強風が一番吹きやすいと言われ...........

現地調査

生駒市でお住いのお客様より補修依頼をいただきました。築50年以上の住宅にお住いで、瓦など割れていたりとしていて直してほしいとの事でした。早速現地にお伺いをして、破損状態を見ながら補修工事をしていく事にしました。その様子を紹介していきます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884