オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

奈良市で2軒並びで無料点検から葺き替え・棟瓦交換工事をしました


工事のきっかけ

知り合いが街の屋根やさんで屋根の工事をしたと聞き、長い間メンテナンスをしてないと思いました。
丁寧によく対応してもらったと聞き、ホームページを確認すると無料点検もしているとの事でした。

両親と隣同士で住んでいるので一緒に見てもらえるか確認した所、可能だったのでお願いをしました。

奈良市 屋根葺き替え,棟板金交換

ビフォーアフター

before
無料点検
horizontal
after
工事完了

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,棟板金交換
施工期間
8日間
使用材料
フジスレート瓦
施工内容その他
築年数
26年
保証年数
10年
工事費用
180万円
建坪
30坪
ハウスメーカー
奈良市2軒並びで無料点検のご依頼をいただきました。
数年、点検をしていなくて様子を見てほしいとのことだったので早速現地にお伺いしました。

2軒ともそれぞれ状態が悪くなっている部分がありましたので工事をすることになりました。
ご依頼から点検。そして工事の様子を紹介していきます。

点検、工事をご検討されている方に少しでも参考にしていただければと思います。
それでは紹介をしていきます。

無料点検にお伺いしました

無料点検
ご依頼をいただきました現地に早速お伺いしました。
手前の薄いブラウンの方が今回のご依頼主の家となります。
奥の濃いブラウンの方がご両親の家です。

住宅街となりますと隣との間はかなり狭くなっていて高さがあるので
安全に点検をしていきます。
無料点検
こちらの屋根はご両親宅です。
今回はセメント瓦屋根ですが、白くなっている部分は
過去にひび割れをして補修工事をしているからです。

コーキング材で補修するので白くなっていますね。
この部分だけでなく、他にも何か所か補修部位が見られました。

無料点検
お隣のご依頼主の方は屋根の方の瓦に問題はなかったのですが
棟瓦が劣化により釘が錆びていて浮いている状態でした。

そのままで置いておくと台風など風が強く吹いたときに
棟瓦が飛んでいく可能性があります。
このような物が上から降ってくるととても危険ですよね。

before1
瓦撤去
点検で確認できた現状を説明させていただき
ご両親の方は屋根の葺き替え工事を。
ご依頼主の方は棟瓦の交換工事を提案しました。

早速工事をする事となりましたので
安全確保のために足場を組み立てていきました。
horizontal
after1
瓦撤去
そして早速すべての瓦を撤去していきました。

補修を何度かしていて、そして今回も
ひび割れしている個所が見られましたので補修にも限界があると見ました。
しかしそのままでは雨漏り被害が発生するので
下地から新しくしてしっかりした屋根を作っていきます。

工事に入っていきます

不陸調整
長年の瓦の重みで少なくとも歪みは生じます。
そのまま新しい屋根材を設置するわけにはいかないので
桟木を設置して歪みをなくして平らにしていきます。
その作業を『不陸調整』と言います。
9bb1c8c3585a7638295adb5853f39045-columns2
平らにしたら次に野地板を設置していきます。
バラ板と構造用合板とありますが現代では構造用合板を使用するのが一般的になってきています。

よく用いられるのはシックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドの放散量が最も少ないF☆☆☆☆(フォースター)になります。
野地板
1枚の面積が大きく、サイズも合わせやすいため作業も効率的に行うことが可能です。
大きさを合わせてから釘で留めていきます。

普段目にはかからない部分にあるので腐食していても気づきにくいです。
一度無料点検をしてみることもおすすめです。


防水紙
全体的に構造用合板の野地板を設置していきました。

そのままでは新しい屋根材を設置していく事は出来ません。
雨水を侵入させないために防水紙を張ります。

野地板、防水紙はセットだと思ってください。
防水紙
少しの隙間でも雨水は侵入してきます。
それを防ぐために軒から棟へと張っていきます。
そして10センチずつ重ねて張っていき隙間を完全になくします。
そして今回使用している防水紙は粘着式なので
穴をあけずに施工することができます。
瓦設置
下地作業を終えたら新しい屋根材を設置してきます。
先に大屋根部分に設置をしていきました。

そして棟瓦を設置するために貫板を使用して下地を作っていきます。
本来は漆喰を使用していましたが、劣化により漆喰が剥がれて雨水の侵入や瓦のズレが生じたりしてさらに重量が出るのがデメリットでした。

今回はガイドライン工法に従って施工をしていきます。
瓦設置
依頼主の方も同じ施工方法で棟瓦の交換工事をしていきます。

貫板を設置したら、そこに乾式面戸というビニール製のシートを使用していきます。
重量は漆喰の20/1とも言われています。
軽量化を求められる現代には最適な素材となっております。

【工事完了後】

工事完了
今回使用したのはフジスレート社の瓦となります。
瓦は重いとイメージがありますが、現代に合わせたものとなっています。
軽量化されていて、さらに衝撃に強くなっています。

種類も豊富でどのような住宅にも合わせることができます。
工事完成
棟瓦の下地をしたところに冠瓦を設置していきます。
そしてビス留めをして固定していきます。
これで全体の瓦も固定されて雨水の侵入も防ぐことができます。
これにて葺き替え工事は完成となります。
工事完成
依頼主の方の棟瓦交換工事も完成しました。
ビス留めをしているので、定期的にメンテナンスは必須です。
劣化によりビスが錆びて浮き上がってきたりします。

地震・台風などのあとは必ず見てもらうようにしましょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

生駒市で強風で瓦が落下しカラーベストへの葺き替えを施工しました

生駒市の葺き替え工事のbefore写真
生駒市の葺き替え工事のafter写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
築39年
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
125万円
施工事例

奈良市で築37年瓦屋根の強風被害で棟瓦や漆喰などの修繕工事施工

強風の影響で瓦の修繕工事
瓦の取り直しと漆喰の取り直し完了
工事内容
屋根葺き替え
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
使用素材
南蛮漆喰 棟瓦 平瓦
築年数
築37年
建坪
保証
10年
工事費用
41万円
施工事例

奈良市で地震被害の瓦屋根をカラーベストに葺き替え、補修しました

赤い瓦の葺き替え工事
黒いカラーベストへ葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
地震
使用素材
カラーベスト
築年数
築32年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
138万円

同じ地域の施工事例

施工事例

奈良市の強風で剥がれた店舗の外装板金工事、足場設置も安全第一!

奈良市の店舗の剥がれた外装板金
奈良市の店舗の剥がれた外装板金工事完成
工事内容
その他の工事
足場
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築10年
建坪
保証
10年
工事費用
13万円
施工事例

奈良市で築37年瓦屋根の強風被害で棟瓦や漆喰などの修繕工事施工

強風の影響で瓦の修繕工事
瓦の取り直しと漆喰の取り直し完了
工事内容
屋根葺き替え
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
使用素材
南蛮漆喰 棟瓦 平瓦
築年数
築37年
建坪
保証
10年
工事費用
41万円
施工事例

奈良市で地震被害の瓦屋根をカラーベストに葺き替え、補修しました

赤い瓦の葺き替え工事
黒いカラーベストへ葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
地震
使用素材
カラーベスト
築年数
築32年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
138万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

生駒市の葺き替え工事で防水紙を設置

生駒市で瓦からカラーベストへの葺き替え工事を施工中です。前回のブログでは野地板のメンテナンスの様子をお届けしました。今回はメンテナンスした野地板の上に防水紙を敷き、屋根材の『カラーベスト』を設置し葺き替え工事が完了した様子を書いていきます。

生駒市の葺き替え工事で不陸調整を実施

生駒市で瓦からカラーベストへの葺き替え工事を施工中です。前回は無料点検にお伺いし、応急処置の雨養生を施しました。そして本工事を開始し、瓦と葺き土を撤去したところまでお届けしました。今回は野地板のメンテナンスの様子をお届けします。

生駒市の釉薬瓦のお住まい

生駒市にお住まいのお客様から「瓦が落下したので見に来てほしい」とご連絡をいただきました。強風が吹いた次の日に発見し、心配になったとのことでした。現在は雨漏りの被害がなくとも瓦が破損・落下してしまうと、雨漏り被害が心配になりますよね。街の屋根...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884