オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

奈良市の長屋の連棟屋根に防水紙(ルーフィング)を貼っていきます


奈良市の雨漏りでお困りの築40年の瓦屋根長屋の連棟の一軒だけをカラーベスト葺き替える工事を進めています。
前回のブログでは垂木補強と不陸調整をして、野地板(コンパネ)を貼る作業を紹介しました。
今回は防水紙(ルーフィング)を貼っていく作業から始めます。

前回のブログはコチラ




防水紙(ルーフィング)を貼っていきます

防水紙(ルーフィング)貼り
新しく貼り終えた野地板(コンパネ)の上に、防水紙(ルーフィング)を貼っていきます。

大棟は雨漏りが生じやすい個所なので、重ね貼りをします。
防水紙(ルーフィング)は屋根材の隙間を通り抜けた雨水や埃などを屋内に侵入させないために重要なものです。

防水紙(ルーフィング)が屋根を守る最後の砦と言っても過言ではありません。
防水紙(ルーフィング)貼り
防水紙(ルーフィング)はアスファルトルーフィングと呼んだりします。
ルーフィングの主な原料にアスファルトを使用しているからです。

今回使用している防水紙(ルーフィング)は原料のアスファルトにゴムや樹脂を混入して防水性を向上させた改質アスファルトルーフィングと呼ばれるものです。

雨仕舞をします

防水紙(ルーフィング)貼り
切妻屋根の妻側にあわせるように防水紙(ルーフィング)を貼ります。
ケラバに水切り板金を設置するために、作業していきます。

雨仕舞い
水切り板金とは、屋根で使用する補助的な板金部材で、雨漏りを防ぐ上で、重要な役割を果たしています。

強風雨などで、屋根材の隙間に雨水が侵入したときに、雨水がルーフィングや屋根下地へ流れ込まない様に、水切り板金に入った雨水は滞留することなく排水されます。
こういった作業のことを「雨仕舞」と言います。


お隣との取り合い部は丁寧に!

防水紙(ルーフィング)貼り
お隣の屋根との取り合い部も「雨仕舞」の作業をします。
長屋の1軒分の屋根だけを葺き替える場合、切り離し部分の「雨仕舞」は丁寧に作業しなければなりません。
葺き替えをしたことによって、お隣に雨漏りが生じることは絶対にあってはならないからです。

下葺材の昔と今・・・こんなに違います

before1
3208612.BB6DD630C234223178F03EB988F83821.16011907-1-before
瓦と葺き土を撤去した屋根です。

土葺工法による瓦屋根が主流だったころは、下葺材として杉皮が使用されていました。

経年劣化による雨漏りの影響で、杉皮は非常に傷んでいました。
horizontal
after1
防水紙(ルーフィング)貼り
現在の下葺材は防水紙(ルーフィング)です。
原料にアスファルト、ゴム、樹脂などを混ぜ合わせたものを使用し、防水効果は一段と高くなっています。

今回のブログはここまでです。
次回のブログでは屋根材を貼っていきます。

次のブログはコチラ

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大和郡山市で築37年のいぶし瓦屋根を部分ごとに適した工事で補修

いぶし瓦の葺き替えと職人
MFシルキー設置と家周辺
工事内容
屋根葺き替え
屋根葺き直し
漆喰取り直し
使用素材
MFシルキー
築年数
築37年
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
189万円
施工事例

香芝市で太陽光発電システム設置のため平板瓦屋根補強の葺き直し工事

香芝市の平板瓦屋根施工前
香芝市の平板瓦屋根の葺き直し工事完成
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
構造用合板・改質アスファルトルーフィング
築年数
築25年
建坪
22坪
保証
10年
工事費用
95万円
施工事例

奈良市で葺き替え葺き直し工事、屋根の状態で工事内容も変えました

経年劣化で葺きなおしの屋根
大屋根部分のガルテクト完了
工事内容
屋根葺き替え
屋根葺き直し
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
50年以上
建坪
38坪
保証
10年
工事費用
250万円

同じ地域の施工事例

施工事例

奈良市で築35年の瓦の修繕と漆喰の詰め直し屋根の寿命が延びます

ケラバの剥がれと破損
ケラバの剥がれと破損
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め増し
漆喰詰め直し
使用素材
漆喰
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
38万円
施工事例

奈良市で軽量なカラーベストにガルテクトでカバー工法を施しケラバも補修出来ました

カラーベストが強風で破損
ケラバや破風も補修
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築31年
建坪
20坪
保証
10年
工事費用
95万円
施工事例

奈良市の台風被害に遭ってしまった棟瓦を火災保険利用で積み直し工事

斑鳩町の台風で崩れた隅棟の棟瓦
斑鳩町の隅棟の棟瓦積み直し完成
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め増し
火災保険
台風
使用素材
南蛮漆喰・和瓦
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
45万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

いぶし瓦の葺き替え下屋部分

大和郡山市で築37年のいぶし瓦の下屋部分と庇の葺き直し工事を行っていきます。前回は別棟の棟瓦の取り直し工事と外壁の補修工事をご紹介しました。今回は、最後の工事内容である、下屋部分と庇の瓦を葺き直していきます。屋根の部分で工事方法が違い、ご紹...........

香芝市の新しい屋根下地に瓦設置

香芝市で太陽光発電システム設置に伴う平板瓦屋根の屋根下地補強を目的として、葺き直し工事を行っています。前回のブログでは、既存の屋根下地に新しい野地板を増し張りし、防水紙と瓦桟木・平板瓦の設置をしました。今回は、大棟の棟瓦を設置して平板瓦屋根...........

香芝市の平板瓦の下地確認

香芝市で太陽光発電システムを設置に伴う屋根下地の補強のために、瓦屋根の葺き直し工事中です。前回のブログでは、屋根材の平板瓦を丁寧に撤去して保管し、屋根下地の既存の野地板の状態を確認しました。今回のブログでは、既存の野地板に新しい野地板を増し...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884