オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

奈良市で乾式工法で瓦屋根を施工するために瓦桟木を設置していきます


奈良市で複合タイプ瓦屋根葺き替え工事を行っています。


今回は、乾式工法で屋根を施工していくために瓦桟木を設置していきます。

乾式工法って何?と思われた方のために、乾式工法についても少し説明したいと思います。

増し張りした野地板の上に高品質な防水紙を設置しました

奈良市の複合屋根の防水紙設置
増し張りした野地板構造用合板)に高品質で耐久性と止水性に優れた防水紙(改質アスファルトルーフィング)を設置しました。

軒先から棟に向かって10㎝以上重ねながら貼り合わせていきます。

棟には幾度も重ね貼りをして、防水効果を高めます。
奈良市の複合屋根の軒先水切り
こちらの軒先は板金屋根の仕様になります。

軒先を一部板金屋根にすることで、意匠性の高い屋根に仕上がっていきます。
瓦屋根と板金屋根のコラボレーションです。




乾式工法で瓦を葺いていきます

瓦桟木を設置していきます

奈良市の屋根に瓦桟木設置
新しい瓦を葺く前に瓦桟木を設置していきます。

こちらの屋根は元々土葺き工法で施工されたいぶし瓦屋根でしたので、瓦を撤去するとたくさんの葺き土が敷かれていました。
土葺き工法の屋根は地震や台風などの自然災害で瓦が落下するなどの被害が多く、また、瓦と葺き土の重さによって大きな地震の際には建物が倒壊するとして、地震に弱い屋根と言われるようになったこともあり、現在は新築や葺き替えで新しく土葺き屋根を葺くことはありません。

土葺き工法の代わりに瓦屋根を葺く際の施工法として採用されているのが、乾式工法です。
乾式工法は引っ掛け桟工法とも呼ばれ、屋根に設置した瓦桟木に瓦を引っ掛けて固定して釘で留めるため、自然災害などで瓦がズレたり落下したりするのを防ぎます。
また、葺き土を使用しないので屋根の重量は大幅に軽減され、地震による揺れは小さくなります。

谷板金を設置します

奈良市の複合屋根に谷板金設置
屋根と屋根の取り合いの谷部分に谷板金を設置します。

この谷部分は構造上、雨水や雪が集中する造りになっていて樋の役割をしていることから、谷樋とも呼ばれます。

屋根に降り注いだ雨水は、屋根の傾斜に沿って谷樋に流れていくので、それだけ谷樋は雨水に晒される時間も量も多くなります。

雨漏りリスクランキング1位に挙げられる谷樋ですので、特に丁寧な施工をして行きます。

瓦を準備します

奈良市の複合屋根に瓦準備
瓦桟木が設置出来たら、瓦を葺いていきます。

効率的に作業を進めていくために、こちらの屋根面で使用する瓦を一気に荷上げして、次の作業の準備をします。

瓦の枚数は約53枚/坪と言われています。

これだけの瓦が並べられると圧巻ですね。

瓦を葺いていきます

奈良市の複合屋根の瓦設置
使用する瓦は葺き替え前と同じいぶし瓦です。
いくら長寿命の金属屋根が発売されているとはいっても、やはり、粘土瓦の寿命には敵いません。

瓦も防水紙と同様に軒先から順に葺いていきます。

写真に写ってる職人さんが手にしているものは・・・
奈良市の複合屋根の瓦設置
南蛮漆喰です。
南蛮漆喰とは、漆喰の主成分の石灰に油脂や粘土、土などを混ぜ合わせたもので、葺き土の代わりにも使用されます。

瓦桟木に瓦を引っ掛けて釘留めする施工は、土葺き工法に比べて格段に瓦のズレや落下が削減されますが、瓦の下に南蛮漆喰を盛ることで、更に瓦の固定が強固になります。

風切丸も設置しました

奈良市の瓦屋根の風切丸
屋根の両端の袖瓦と桟瓦の間に、元の瓦屋根同様に風切丸を設置しました。

風切丸の役割とは、妻に当たった風が巻き上がり、瓦の飛散を防ぐためにあえてアクセントをつけて風の渦を分散しています。
大工さんの中にもただのデザインだと思っている人もいますが、大切な役割を担っているんですよ。

雨が降ってきました

奈良の複合屋根の棟に雨養生
切妻形状の屋根の瓦を棟まで葺き終えたところで、雨が降ってきました。

棟瓦をまだ設置していないので、このままでは棟から雨水が侵入し放題になってしまいます。
そこで、雨水の侵入を防ぐために、雨養生としてブルーシートを被せて土嚢で固定しました。

本日の作業はここまでです。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

王寺町で青色釉薬瓦屋根からスーパーガルテクト屋根への葺き替え工事

王寺町の青色釉薬瓦屋根の無料点検
王寺町のスーパーガルテクト屋根完成
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト パナソニック製雨樋PC50
築年数
築43年
建坪
22坪
保証
10年
工事費用
165万円
施工事例

香芝市の瓦棒葺きトタン屋根から立平葺きガルバリウム鋼板屋根へ

香芝市の瓦棒葺きトタン屋根施工前
香芝市の瓦棒葺きトタン屋根施工後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
立平葺ガルバリウム
築年数
築30年
建坪
17坪
保証
10年
工事費用
89万円
施工事例

香芝市で釉薬瓦からガルテクトへの葺き替え工事は谷板金も使用

棟瓦が無い部分を発見
黒いガルテクト設置で屋根完成
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築36年
建坪
21坪
保証
10年
工事費用
148万円

同じ地域の施工事例

施工事例

奈良市で豪邸の複合瓦屋根を新しいいぶし瓦屋根へ屋根工事と雨樋交換

奈良市の瓦屋根施工前
奈良市の瓦屋根施工後
工事内容
破風板板金巻き工事
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
いぶし瓦・塩ビ雨樋
築年数
築58年
建坪
40坪
保証
10年
工事費用
325万円
施工事例

奈良市で落下物により割れている陶器瓦をガルテクトへリフォーム工事

奈良市の陶器瓦屋根の無料点検
奈良市で横葺き屋根材のスーパーガルテクト設置
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築43年
建坪
19坪
保証
10年
工事費用
185万円
施工事例

奈良市で築38年の釉薬瓦をガルテクトに葺き替え工事を施工

青い釉薬瓦の葺き替え
スーパーガルテクトの設置と完成
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築38年
建坪
18坪
保証
10年
工事費用
135万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

釉薬瓦屋根の全体像

大和郡山市で築36年の釉薬瓦屋根の葺き替え工事開始です。屋根のメンテナンスをお考えでオンライン相談から現在の工事開始に至ります。コロナ時代でオンラインでのご相談は増えており、工事の時もマスク着用や対策は徹底させていただいています。ご安心くだ...........

棟瓦の剥がれを発見

大和郡山市で築37年の釉薬瓦屋根のメンテナンスを考えていると無料オンライン相談からご連絡を頂きました。コロナ時代に入ってからオンライン相談が主流となっています。ご連絡からすぐに現場調査に向かわせて頂きました。予約の状態を見てですが現場調査は...........

高品質な防水紙の設置

香芝市で築36年の瓦屋根をガルテクトに葺き替え工事が完了しました。経年劣化でメンテナンスのご相談から始まったこのご依頼ですが、現場調査で、棟瓦が剥がれている所を発見しました。屋根は上に登ってみないと全体が見えない為、現場調査で破損や割れが発...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884