オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

河合町で雨樋の無料点検を行ない、庇板金の錆びも発見いたしました!


河合町にお住いのお客様より最近雨が降るとやけに雨音がうるさいので、一度雨樋を見に来てほしいとご連絡をいただきました。

状況を確認すべく、早速無料点検に行っていきました。

雨音の原因は、屋根のすぐ下に横方向に取り付けられている横樋が外れて落下しているのが原因でした。
さらに調査を行っていると、庇板金の錆びも発見いたしました。

なかなか庇板金の工事を行うキッカケがないため、今回は雨樋交換のついでに屁板金の工事もさせていただくことになりました。
それでは最後までどうぞご覧ください。

雨樋の工事前の様子です。

河合町で雨樋の不具合調査
雨樋は屋根に降ってきた雨水を集めて地上に流す設備の事を言います。
この設備は雨水を正常に流す役割だけではなく、直接地面に落ちる雨で外壁を汚さないようにしたり、雨音を抑えてくれる機能も兼ね備えています。


調査を始めると、壁に沿って取り付けられているはずの横樋が外れて落下してしまっていることがわかりました。
お客様が気になられていた雨音は、この横樋の外れが原因と考えられます。

さらに調査を進めていくと、横樋が取れてしまった原因が発覚いたしました。

なぜ、横樋が落下してしまったのでしょうか。

河合町で雨樋の不具合調査
施工時のつなぎ目が甘く、風の影響で落下したと考えられました。
要するに、施工不良になります。
横樋は落ちた衝撃により割れが生じていたため、再利用することはできませんでした。

このまま放置するとまた不具合が起き、外壁が汚れてしまったり、直接地面に落ちた雨水が水溜まりを作り、湿気の影響によって、お住いの寿命を早めてしまうリスクも出てきてしまいます。

ですので、この際雨樋は全て新しいものに変える交換工事を行わせていただくことになりました。

雨樋以外にも調査を行わせていただくと、、

河合町の庇板金の錆び
せっかくなので雨樋以外の箇所も、調査を行わせていただくと、、
庇板金に錆びを発見いたしました。

さらに周辺にはコケが見受けらます。
コケが発生しやすい箇所は、日当たりが悪く雨水が乾きにくい箇所となっております。
放っておくとコケもお住いの寿命を早める原因となるのです。

庇板金の劣化は相当なものでした。

河合町で雨樋調査にて庇板金の錆び発見
他の箇所も見てみると、庇の上部に雨染みができてしまっている箇所も見当たりました。
雨染みということは、外壁に雨水が染み込んでいるということです。

雨漏りは屋根から!というイメージが強いですが、外壁からも雨漏りは発生いたします。
例えば、外壁に亀裂やヒビがあるとそこから雨水が内部に侵入し、雨漏りを引き起こすことも。
念のため雨漏りはしていないか室内に入らせていただき、拝見させていただきました。

幸い雨漏りはありませんでしたが、このまま放置しているといずれ雨漏りしてしまう可能性や、壁の内部に腐食が生じることが予測されます。

お客様に庇の様子の写真とともに現在の状況をお伝えさせていただき、お住いの寿命を考えると雨樋交換だけではなく、庇板金の張り替え工事も行うことをご提案しました。
客様はここまでひどい状態とは、、と大変驚かれ、一緒に工事をお願いしたい!と、庇の工事も任せていただくことになりました。

雨樋の完成写真

河合町で茶色い雨樋に交換
雨樋の完成写真になります。

外れていた横樋もこのようにしっかり針金で縛り、取り付けさせていただきました。

雨樋は水平を基準にして取り付けると、中央に雨水が溜まりきちんと流れていきません。
ですので、横樋は一定の勾配(傾斜角度)を取って設置させていただきました。

庇板金の完成写真

河合町で庇部分をガルバリウム鋼板に張り替え
庇板金はガルバリウム鋼板を採用して張り替えさせていただきました。
コケが生えていた外壁もしっかり清掃し、庇と壁の接合部、取り合い部分はL字にガルバリウム鋼板を設置させていただきました。

普段雨樋も庇も屋根ほど気にかけてあげることは少ないかと思いますが、雨により寿命を縮めたり腐食、劣化を引き起こす原因になる可能性があります。
河合町で庇部分をガルバリウム鋼板に張り替え
雨樋や庇も、屋根同様に気にかけてあげるようにしてくださいね。

今回は雨樋の交換工事と庇の張り替え工事を行わせていただきました。
街の屋根やさん奈良店では、無料での点検を行わせていただいていますので、「屋根」「雨樋」「庇」「天窓」などのお悩み事は、是非無料点検をご活用ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大和郡山市で築35年の棟瓦が強風の影響で破損、取り直しと漆喰補修

棟瓦の取り直しと漆喰
一部瓦の補修工事
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
南蛮漆喰・陶器瓦
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
35万円
施工事例

橿原市築34年無料点検ご利用から棟瓦漆喰詰め直し施工までの流れ

漆喰の劣化と棟瓦
漆喰の詰め直しと棟瓦
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
南蛮漆喰
築年数
築34年
建坪
保証
10年
工事費用
25万円
施工事例

生駒市で出窓の雨漏りが発生したと連絡が入りシーリング補修施工

出窓のシーリング補修
出窓のシーリング補修
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
築30年
建坪
保証
2年
工事費用
4万円

同じ地域の施工事例

施工事例

河合町で雨樋の施工不良にて雨樋交換と庇の劣化で庇板金の張り替え

河合町で雨樋の不具合にて横樋落下
河合町で横樋落下の不具合により全面交換
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
使用素材
パナソニック製アイアン丸・ガルバリウム鋼板
築年数
築37年
建坪
保証
10年
工事費用
20万円
施工事例

河合町で崩れた瓦の補修とズレ防止にラバーロック工法を行いました

河合町 釉薬瓦 棟施工前
河合町 釉薬瓦 棟施工後
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
釉薬瓦
築年数
築30年
建坪
保証
10年
工事費用
25万円
施工事例

奈良県河合町で集会所の屋根をカバー工法で横暖ルーフへ施工しました

施工前
完成
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
横暖ルーフ
築年数
25年
建坪
55坪
保証
10年
工事費用
160万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

防水紙と瓦桟木設置

奈良市で築38年の瓦屋根は台風の影響で経年劣化した屋根を直撃、瓦は剥がれ破損、下屋根は倒壊しました。前回は、下屋根の下地作りで垂木と野地板の張り直しを行いました。今回は、防水紙を張り瓦桟木を設置して瓦を葺き土で固定していきます。では工事の様...........

瓦の撤去後垂木の修理

奈良市で築35年の瓦屋根のお住まいが台風の被害に遭いました。経年劣化と台風の威力が重なり、瓦が耐えられなかったのが原因です。前回は、大屋根部分の棟瓦の取り直しと平瓦の補修工事を行いました。今回は、下屋根部分の解体撤去後、垂木や野地板を施工し...........

棟瓦が飛ばされて跡形もない状態

奈良市で老朽化した和瓦屋根が台風の影響で棟瓦は吹き飛び、平瓦も破損、下屋根に関しては倒壊してしまっています。前回は現場調査で屋根の状態を把握し見積もりからご依頼を頂くところまでをご紹介しました。今回は棟瓦と平瓦の補修工事開始から完了までをご...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884