オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

奈良市でご加入の火災保険金請求をして台風被害の屋根の補修工事を!


奈良市で台風被害に遭って、屋根の端がめくれ上がってしまったとお客様からご相談をお受けし、現地調査に伺いました。

強風によって剥がれ飛んでしまった屋根の端の水切り板金と屋根材の立平葺き補修工事します。

お客様は火災保険にご加入中でしたので、風害として保険金の請求をすることをご説明させていただき、そのお手伝いもさせていただきました。

幸い、見積もり内容の妥当性と工事の必要性を認めていただき、ほぼ工事代金を保険金で賄うことが出来ました。

では、現地調査の様子からご覧いただきましょう。

現地調査の様子

奈良市の台風被害の立平葺き
屋根の上に上らせていただきました。

屋根材は立平葺きガルバリウム鋼板でした。

立平葺きとは、金属屋根の葺き方の一つで、1枚の長尺な板金を葺いて出来る屋根のこと。
縦に葺くことから縦葺きとも呼ばれていて、横に葺く横葺きも存在します。
水平方向につなぎ目が無いため、降った雨水は上から下へ滞ることなくスムーズに流れるので、雨漏りしにくい屋根材と言われています。
そのため、屋根の傾きが緩くても安心して施工できます。
奈良市の台風被害の立平葺き
立平葺きは、左から右へと施工していきますので、今回、強風によって捲り上げられた箇所は葺き始めとなります。
この部分のことをケラバと呼びます。

屋根下地には板金が設置されているはずですが、見当たりません。
強風で板金が外れて吹き飛ばされて、立平葺きが捲り上げられたということでしょうか。
ケラバに設置されていた板金のことをケラバ水切りと呼びます。
奈良市の台風被害の立平葺き
ケラバの外壁側のことを破風と呼びます。

『風を破る』とあるように、破風は屋根の内部に下や横から風が入り込むのを防ぐ役割があります。
また、雨水の吹き込みを防止する役割もあります。

屋根は上から吹き付ける風に対しては強いですが、下や横から吹き付ける風に対しては意外と弱いので、風による影響を受けやすい場所と言えます。
奈良市の台風被害の立平葺きの水切り板金調査
立平葺きが捲り上がったケラバ部分には、屋根下地に雨水が入り込んだ跡がありましたが、傷みについては問題ない状態でしたので、ケラバ水切りの設置と立平葺きの補修工事が妥当であると判断しました。

お客様とのお話の中で、火災保険に加入されているということをお聞きしましたので、今回の工事については風害であるため、火災保険の請求を出来ると判断して、提出書類作成のお手伝いや保険会社との面談にも立合い、工事内容に付いて詳しく説明させていただきました。
その結果、工事の妥当性と必要性が認められて、工事代金をほぼ賄えるくらいの保険金を受けていただくことが出来ました。

立平葺き板金の補修工事

奈良市の台風被害の立平葺きの唐草設置
新しいケラバ水切りを設置して、強風にも負けないようにしっかりと釘留めしました。

水切り板金の素材には、ガルバリウム鋼板を使用しました。
ガルバリウム鋼板とは、アルミニウムと亜鉛そしてシリコンから成るアルミ亜鉛合金メッキ鋼板です。

1972年にアメリカでガルバリウム鋼板が開発されるまでは、トタンが建材として一般的に普及した鋼材でしたが、ガルバリウム鋼板は、トタンの約3~6倍の耐久性を誇り、耐用年数は都市部での使用で25年とも言われます。
奈良市の台風被害の立平葺きの唐草設置
屋根の端で飛ばされずに残っていた水切り板金は、剥がさずにハンマーで平らにして、新しく設置した水切り板金をしっかり押さえるように固定しました。
めくれ上がって大きくなってしまった釘穴には、コーキング剤を詰めて、取れにくくしました。

ガルバリウム鋼板の錆びにくく、酸性雨にも強いというメリットは水切り板金には最適な部材です。

ケラバ水切りが設置出来たら、歪んだ立平葺きを平らにして固定していきます。

屋根補修工事完成!

良市の台風被害の立平葺きの唐草設置
破風とケラバ水切りがしっかり固定出来ました。

ケラバに使用する水切り板金のことをケラバ水切りと一般的には呼びますが、当社の職人さんはケラバに設置する水切りも軒先に設置する水切りも、両方とも『唐草』と言います。
本来『唐草』は軒先に付ける板金のことで、その昔、日本では軒先に葺く瓦に唐草模様を付けていたことの名残だそうです。
今や『唐草』の面影もない板金ですが、だから、ケラバも軒先も場所が違うだけで役物は同じということで、みんな『唐草』と呼ぶようです。
同じ理由で破風はケラバに付けるもの、鼻隠しは軒先に付けるものですが、どちらも破風と呼んでいます。
職人さん同士ではちゃんと通じているのですが、ブログには正しい名称で書くべきと思い、敢えてケラバ水切りと書かせていただきました。
奈良市の台風被害の立平葺きの補修
強風で捲れ上がり、歪んでしまった立平葺きでしたが、丁寧に作業して、どこがめくれていたのか分からないほどに平らになりました。
ガルバリウム鋼板のメリットの一つである加工のしやすさによって、綺麗に仕上げることが出来ました。

施工も丁寧にしましたので、施工前よりも強靭になったと思います。

今回は、階下から見てもわかる被害だったため、すぐにご連絡頂き、大事に至らなくて本当に良かったです。
奈良市の台風被害の立平葺き施工後
お客様は、屋根が綺麗に元通りになったことと、工事代金に対する持ち出しが少なくて済んだことをとても喜ばれて、大変感謝していただきました。

最近では、風害でも火災保険を利用できるかもしれないというCMも流れていますので、ご存じの方も多くなったと思いますが、請求した保険金を出来るだけ請求通りに認めてもらうためには、適切な書類や工事内容の説明は不可欠です。
当社は、火災保険請求での工事も数多く手がけておりますので、風害による工事をお考えのお客様は街の屋根やさん奈良店(0120-303-884)に安心してお任せください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

奈良市で築30年のS瓦を予備瓦で補修工事西洋風デザインの家です

棟瓦の剥がれと破損
丸瓦の差し替え補修
工事内容
屋根補修工事
使用素材
瓦・漆喰・モルタル・コーキング材
築年数
築30年
建坪
保証
10年
工事費用
21万円
施工事例

生駒市で築21年の錆びついたトタン屋根を立平葺きでメンテナンス

錆びついたトタンの重ね葺き
ガルテクトの立平葺き
工事内容
屋根補修工事
使用素材
立平葺きガルバリウム鋼板
築年数
築21年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
78万円
施工事例

奈良市で築35年の瓦の修繕と漆喰の詰め直し屋根の寿命が延びます

ケラバの剥がれと破損
ケラバの剥がれと破損
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め増し
漆喰詰め直し
使用素材
漆喰
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
38万円

同じ地域の施工事例

施工事例

奈良市で築39年の瓦をガルテクトに葺き替え、雨樋工事も行いました

いぶし瓦の経年劣化を現場調査
スーパーガルテクトを使用した大屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築39年
建坪
21坪
保証
10年
工事費用
154万円
施工事例

奈良市で築34年の瓦屋根をスレート瓦へ葺き替え工事大屋根と下屋

台風被害の和瓦屋根
大屋根の喚起棟瓦設置
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スレート瓦
築年数
築34年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
265万円
施工事例

奈良市でいぶし瓦の無料点検からスレート屋根への葺き替え工事

葺き替え工事
葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
築37年
建坪
18坪
保証
10年
工事費用
120万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

隅棟の瓦のズレ

奈良市で築30年のS瓦屋根の経年劣化を新築時の予備瓦でメンテナンスを実施しました。築年数が経過し、点検とメンテナンスを兼ねて当社のHPからオンライン相談を頂き現場調査に行かせて頂きました。屋根の上は実際に登ってみないと具体的な工事内容の提案...........

野地板の重ね張りで補強

生駒市で築21年の錆びついたトタン屋根をメンテナンスしています。トタンの耐用年数を過ぎ全体的に錆びついていた為、今回の工事は立平葺きで施工していきます。前回のブログでは野地板の重ね張りをしていきました。屋根の下地部分になるので屋根の強度にも...........

野地板の重ね張りで補強

生駒市で築21年のトタン屋根の錆びつきをメンテナンスしています。一部ではなく全体的に錆びついており、トタンの耐用年数を過ぎていましたので、立平葺きを施工することになりました。前回は、現場調査後工事のご依頼を頂き、補強垂木で高さの調整を行いま...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-303-884